芸能

安住紳一郎アナ『THE TIME,』不振以上にTBSを悩ませる『ぴったんこ』終了の余波

安住紳一郎アナ(総合司会)と香川照之(金曜司会)を起用した朝の報道・情報番組の評価は?(『THE TIME,』公式サイトより)

安住紳一郎アナ(総合司会)と香川照之(金曜司会)を起用した朝の報道・情報番組の評価は?(『THE TIME,』公式サイトより)

「朝の帯の視聴習慣を変えるのは大変だと痛感している」。3月9日、TBSの4月期の番組改編説明会が行われ、編成局の福田健太郎企画総括はそう話した。安住紳一郎アナが総合司会を務める朝の帯番組『THE TIME,』は来月で開始から半年が経つが、TBS関係者は「世帯視聴率もコア視聴率も上がってこない」と落胆する。

「世帯視聴率では6時台は3%台、7時台は4%台が続いています。7時台では、テレビ朝日『グッド!モーニング』とフジテレビ『めざましテレビ』が7~8%台でトップを争っていますから、まだ背中は見えてきません。『THE TIME,』の前に放送していた『あさチャン』とさほど数字は変わってないですね。TBSは昨年春から男女4~49歳をターゲットにした『新ファミリーコア』を視聴率の指標にしていますが、これも良くない。世代別ではF3(女性50歳以上)が最も高いです」

 番組はピアノの生演奏で始まり、中学生や高校生のレポート、系列局との列島リアルタイム中継など他局との差別化も図られている。放送記者が話す。

「番組改編説明会での編成担当の発言の通り、朝の帯の視聴習慣を変えるのは相当大変です。1994年に始まった『めざましテレビ』も約10年掛けて、ようやく同時間帯のトップになりましたからね。いくら人気のある安住アナを起用したからといっても、半年で1位になれるほど甘くはない。

『THE TIME,』には独自色の強いコーナーもある一方で、SNSでバズったワードをランキングで紹介し、番組公式LINEで関心のあるニュースについてアンケートを取ってこれまたランキング化している。どちらか1つに絞ってもいいし、2つとも他の番組で見慣れた企画なので、独自色は出しにくい。そのようなコーナーの方が基本的に長いので、ここら辺の見せ方をどうするかは検討の余地があると思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン