国際情報

ウクライナ危機で「日本も軍隊を持つべき」論に作家・甘糟りり子さんの視点

ウクライナ

戦火に包まれているウクライナ(写真/AFP=時事)

 ロシアが隣国ウクライナへ軍事侵攻を続けている。激しい戦闘により、民間人にも多くの犠牲者が出ている。終結の兆しが見えないこの戦争を、作家の甘糟りり子さんはどう見ているのか。

 * * *
 第三次世界大戦が始まってしまうのだろうか。そんなことを現実に心配する日がやってくるとはついこの間まで思わなかった。

 ニュース番組でウクライナの80歳の男性が銃を手にしている場面を見た。他にも、市民がロシアの戦車に向かって火炎瓶を投げつけたり、女性が銃の訓練をしている様子などが連日、報道されている。銃を持つ女性の爪に施された真っ赤なネイルカラーが印象に残った。

 ゼレンスキー大統領は市民にも武器を持つよう呼びかけているという。 SNSでは市民が戦争に参加することを美談のように報道していいものかという声もいくつか見かけた。戦争に加担することは決して美談ではない。だが、あっという間に平穏な日々が理不尽に奪われたウクライナの市民たちはやむにやまれず奮い立ったに違いない。不安だろうし、怖いだろう。彼らの行動を非難するつもりもまったくない。

 断固、戦争反対。戦争は殺人だ。武力や暴力、恫喝によって他者を押さえつけることはあってはならない。相手が誰であれ、どんな理由があっても。

 ウクライナの市民は普通に暮らしていたのに、ある日家の近くにミサイルが飛んできて、戦車があちこちに現れて、迷彩服の人が銃をこちらに向けてきたのだ。あんなふうに相手が武力や暴力、恫喝をしてきたとしたら、どうしたらいいのだろうか。同じようにし返せば、そうした行為を肯定してしまうことになるし、武器を手にすれば憎しみも大きくなる、ずっとそう信じてきた。しかし、無抵抗では自分も国も終わってしまう。やられた場合には、やっぱりやり返すしかないのだと、今回のウクライナ危機で実感した。

 とはいえ、もし私だったら、意を決して武器に手をかけるなんておそらく無理。ただガタガタと震えているだけだと思う。無抵抗という意思表示さえできないはずだ。それとも極限の状況がそんな平凡な市民も勇敢に変えてしまうのだろうか。戦争に直面した自分をこんなにリアルに想像したのは生まれて初めてだ。「私」ではなく「我が国は」「日本は」と大きな主語で語り、やたらと威勢が良くなる人が苦手だが、戦争になると「私」と「国」の距離が一気に近くなるのだとも感じた。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン