国内

菅義偉前首相、グループ結成機運に「まるで『鎌倉殿の13人』」との指摘

まるで北条氏?(時事通信フォト)

まるで北条氏?(時事通信フォト)

 かねてグループ結成が噂されていた菅義偉・前首相が、ついに動き出した。月内にも自身に近い自民党所属の無派閥議員約30人を中心に勉強会を立ち上げる予定であることが報じられたのだ。当面はグループ化はせず緩やかな政策集団として活動していくとのことだが、周囲は菅氏の再始動に浮き足立っている。ベテラン政治ジャーナリストは言う。

「勉強会には、二階派の武田良太氏が参加予定とされています。武田氏は菅内閣で総務大臣を務め、将来の首相候補とも目されている二階派のエース。当然、勉強会の参加にあたっては二階氏の了承を得ているはずで、二階氏が菅氏といまも気脈を通じている証です。

 もうひとりのキーマンは2月に麻生派を退会したばかりの佐藤勉氏です。菅グループ結集の旗振り役となっている佐藤氏は、2月半ばに二階派副会長の林幹雄氏、森山派会長の森山裕氏と会談しており、二階派(44人)に加え森山派(7人)もこの流れに追随する可能性が高い。無派閥議員を含めれば、すでにこの時点で80人規模になり、安倍派(94人)に次ぐ巨大グループとなります。岸田文雄・首相や麻生太郎・副総裁はこの流れを警戒し、主流派の結束を固めようと必死になっています」

 3月9日、岸田派(45人)、麻生派(49人)と谷垣禎一・元総裁を中心とするグループ「有隣会」(約25人)の3派でそれぞれ事務総長を務める根本匠、森英介、小里泰弘の3議員が会食したことが報じられた。3勢力が連携して岸田氏を支える方針を確認したとのことだが、菅グループの動きを意識したものとされる。

「宏池会から枝分かれした3派が再結集する『大宏池会』への布石とみられています。岸田氏や麻生氏も前のめりになっていますが、大宏池会をめぐっては、実現すると最大派閥から追い落とされることになる安倍晋三・元首相が快く思っていないようです。安倍氏は、現政権で安倍政権時代からの方針転換が目立つことにも不満を募らせており、菅氏が岸田氏の対抗勢力となることについては容認の構えだと言われています。

 今後の焦点としては、菅氏が総裁選で支援した河野太郎氏が麻生派を退会し、このグループに結集してくるかどうかです。最近のワクチン行政の混乱により、菅氏ととともにワクチン担当相だった河野氏も再評価されつつある。その河野氏が動けば、麻生派内で河野氏を応援した議員らもこぞって追随する可能性もあり、そうなれば麻生派は総崩れになりかねません」(同前)

北条義偉と河野頼朝

 菅氏に近い政界関係者は、菅氏、河野氏に小泉進次郎氏を加えた中核となる3人が神奈川県選出であることから、今後の動きをNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』になぞらえる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン