国際情報

北方領土・元島民がウクライナ市民の「故郷追われる姿」に思い寄せる

ウクライナ南部オデッサの駅に殺到する避難民たち(AFP=時事)

ウクライナ南部オデッサの駅に殺到する避難民たち(AFP=時事)

 ロシアのウクライナ侵攻で、ロシア軍による攻撃から逃れるため、200万人を超えるウクライナ人が隣国に避難した。ウクライナには18〜60歳の男性の出国を禁じる総動員令が出されており、女性や子供、高齢者の避難民が目立つ。寒空のもと、持てる限りの荷物を抱えて祖国を脱出するウクライナの人々の中には、怯えて泣きわめく子供もいる。そんな避難民の姿を見て、我が事のように胸を痛めている日本人たちが存在する。70年以上前、ソ連(現ロシア)に故郷を追われた北方領土の元島民たちだ。今回、元島民6人に話を聞くことができた。【前後編の前編。後編を読む】

「子供やお年寄りが祖国を追われる姿は見るに耐えません。戦争はいけないと思ってずっと生きてきましたが、今起きていることは75年前と同じです。太平洋戦争後の北方領土がオーバーラップしてよみがえってきます」

 こう語るのは、北方領土・択捉島出身の鈴木咲子さん(83)。太平洋戦争後、鈴木さんは北方領土を不法占拠したソ連の強制退去命令によって択捉島を追われた。

「私たちは島から本土に連れていかれ、ウクライナの人々は祖国から隣国に出るという違いはありますが、生まれ育った故郷を追われるという災難は共通します。住むところや働くところがなくなり、食べるものも支援してもらわなければ生きていけない状況です。お年寄りや子供たちの苦難を思うと、胸が締めつけられます」(鈴木さん)

戦前の択捉島紗那市街(左)と現在の様子

戦前の択捉島紗那市街(左)と現在の様子

 北海道の東北部の海に浮かぶ択捉島、国後島、色丹島および歯舞群島の4つの島々からなる地域を北方領土と呼ぶ。全体の面積は約5000平方キロメートルで、千葉県や福岡県とほぼ同じ大きさだ。豊かな漁場に恵まれ、動植物の宝庫でもある北方領土は日本固有の領土であり、明治維新以降は本州や北海道から移り住む人で賑わった。

戦前の国後島東佛市街(左)と現在の様子

戦前の国後島東佛市街(左)と現在の様子

 明治元年生まれの祖父が開拓した色丹島の斜古丹で生まれ育った得能宏さん(88)は、戦前の島の様子を今もはっきりと覚えている。

戦前の色丹島斜古丹(左)と現在の様子

戦前の色丹島斜古丹(左)と現在の様子

「学校と家が離れていたから、毎日斜古丹の町を端から端まで見て歩いていたんです。湾岸に大きな捕鯨場があって、漁がうまくいった時は大漁旗を掲げた船が湾に帰ってきました。ビリヤード場や割烹料亭もあり、活気のある風景が記憶に残っています」(得能さん)

色丹島斜古丹での鯨の解体風景

色丹島斜古丹での鯨の解体風景(戦前)

 北方領土は太平洋戦争の始まりの地でもある。1941年11月26日、択捉島の単冠(ひとかっぷ)湾に密かに集結した大日本帝国海軍の機動部隊は真珠湾攻撃に向けて出撃した。単冠湾に面した年萌(としもえ)に住んでいた松尾正美さん(86)は、連合艦隊が出港する様子を目撃していた。

「当時、私の家の目の前にある単冠湾にポツポツと軍艦が集まり、漁船は漁を禁じられていた。そんなある日、朝もやの中を1隻、また1隻と軍艦が沖に出ていくのを見ました。住民はソ連との開戦だろうと話し、まさか真珠湾に向かったとは思いませんでした」(松尾さん)

関連記事

トピックス

日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
超絶進化を遂げている「コンビニコスメ」撮影/玉井幹郎
超絶進化を遂げる「コンビニコスメ」 美の賢者たちが語るその“魅力”と、カテゴリー別の“ベストバイアイテム”
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン