芸能

柄本佑&時生兄弟が他の2世俳優とは違う独自のポジョションを築けた理由

柄本佑

柄本佑の“色気”にハマる人も続出

 近年目覚ましい活躍を見せ、いまやテレビや映画で見ない日はない柄本佑(35才)と柄本時生(32才)。兄の佑は放送中のドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系)や映画『真夜中乙女戦争』に主要な役どころで出演中。弟の時生も、最終回を迎えたドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)での好演が記憶に新しい。いずれも印象的な役どころを演じているが、特に最近は兄弟で真逆とも言える役を演じ、注目を集めている。両者の違いや魅力、ルーツについて、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 兄の佑が出演する『ドクターホワイト』は、作家・樹林伸(59才)による小説『ドクター・ホワイト 千里眼のカルテ』とその続編『ドクター・ホワイト 神の診断』を原作に、浜辺美波(21才)が主演を務めた医療ドラマ。瀧本美織(30才)や石坂浩二(80才)ら豪華俳優陣が集結し、記憶喪失で社会性に欠けるものの、医学知識を持つ謎の女性・白夜(浜辺)を中心に、シリアスかつコミカルなタッチの物語が展開する。そんな作品で佑が演じるのは、白夜を保護することとなった医療ライター。ミステリー要素も含んだ本作において物語の舵を切る役どころであり、浜辺を一番近くで支えるポジションだ。

 一方、弟の時生が出演した『真犯人フラグ』は、失踪した家族を捜す男の奮闘を描いたミステリードラマ。主演の西島秀俊(50才)を筆頭に、宮沢りえ(48才)、芳根京子(25才)、渋川清彦(47才)など人気キャストがこぞって出演し、先の読めない展開と演技合戦が話題を呼んだ。そんな作品で時生が演じるのは、“妻子失踪事件”に端を発するさまざまな事件に土足で介入してはネット配信して大衆を煽る、迷惑なユーチューバーだ。他のアクの強い面々に引けを取らないキャラクターで、物語の展開をかき回し、盛り上げ役を買って出ている。

 こうして見比べてみると、佑と時生は真逆と言える役どころを演じている。兄の佑は作品のより中心部に近いところに立って物語を引率し、同時に支えるポジションでもある。彼の存在は作品全体のクオリティにも影響するものだろう。そして弟の時生は作品の中心と外側を行ったり来たりして、非常に自由な振る舞いを見せている。彼が物語の核心に触れることも多々あるが、どちらかと言えば作品のスパイス的な存在なのではないだろうか。

 兄・佑は主役級の俳優で、弟は当代きってのバイプレイヤー。ここ最近の2人の活動だけに目を向けると、そんな意見も出てきそうだ。事実、佑は2021年には映画『痛くない死に方』『先生、私の隣に座っていただけませんか?』という2つの主演映画が公開され、6月放送開始予定のドラマ『空白を満たしなさい』(NHK総合)でも主演を務める。“作品の顔”になることが多いわけだ。対する時生はというと、例えば映画『CUBE 一度入ったら、最後』ではごく限られた出演シーンだけで観客にインパクトを与え、作品の世界観を提示する役割を担った。この手堅さなどから、たしかに彼は“バイプレイヤー”といえる存在だと思う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン