ライフ

世界で一大ブームの「大豆」 海外では長らく“家畜の餌”という認識だった

一見、チーズのパッケージのように見えるフランスのオーガニック専門店で販売されている豆腐。左から木綿、絹ごし、燻製味、バジリコ味、トマト・パプリカ味(羽生さん撮影)

一見、チーズのパッケージのように見えるフランスのオーガニック専門店で販売されている豆腐。左から木綿、絹ごし、燻製味、バジリコ味、トマト・パプリカ味(羽生さん撮影)

 世界で大豆ブームが巻き起こっている。フランス在住のジャーナリスト、羽生のり子さんが指摘する。

「大豆が体にいいという認識はフランスでも浸透していて、オーガニックのお店に行けば必ず豆腐が売られています。ですが、フランスでは“バジリコ味”や“パプリカ味”など味付きの豆腐が好まれていて、日本でおなじみの『木綿豆腐』は、食べ方がわからないので敬遠されています」

 大豆を主原料とした代替肉も世界で一大ブームとなっているが、海外では長らく大豆は「家畜の餌」という認識だった。名古屋学芸大学健康・栄養研究所所長の下方浩史さんが言う。

「南米のパラグアイでは大豆が豊富に生産されていますが、食べる人はほとんどいない。『どうして食べないのか』と尋ねたら、『大豆は動物の餌。人間が食べるものじゃない』と言われました。『おから』も、豆腐を作るときのカスというイメージで、海外の多くの国では豚の餌として使われています」

 健康食として広まっている大豆だが、一方で、健康リスクを指摘する意見も少なくない。こくらクリニック院長の渡辺信幸さんは、大豆の食べすぎに警鐘を鳴らす。

「大豆を『植物性たんぱく質』などとありがたがって、これほど日常的に食べているのは世界で日本人だけ。大豆イソフラボンは、発がん性や乳がんの再発リスクが指摘されています」

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト