芸能

60年代に活躍した「御三家」の変革 テレビの普及でファンとの距離縮める

(写真/女性セブン写真部)

「御三家」と呼ばれた西郷輝彦さん(左)、舟木一夫(中央)、橋幸夫(写真/女性セブン写真部)

 別れの間際に聞こえたのは、涙声まじりの大合唱だった。歌手の西郷輝彦さん(享年75)が2月20日に前立腺がんで逝去した。24日に都内で営まれた葬儀では、出棺のときを迎えると参列したファンたちが西郷さんの代表曲『星のフラメンコ』を口ずさみながら見送った。

 1947年に鹿児島県で生まれた西郷さんの歌手デビューは1964年。17才だった。デビュー曲の『君だけを』で一気にスターダムにのし上がり、同じく1960年代に活躍した橋幸夫(78才)、舟木一夫(77才)の2人とともに「御三家」と称された。

 右肩上がりの時代と海外の新しい音楽の影響に加え、御三家の活躍を強く後押ししたのはテレビの普及だった。作詞家で、西郷さんに歌詞を提供した経験もある湯川れい子さんはいう。

「西郷さんがデビューした1964年には東京五輪が開催され、これを機に各家庭に一気にテレビが普及しました。音楽番組も増えていった時期で、テレビで毎日3人の顔を見ることができて、ブラウン管を通じて、イケメンルックスの御三家の魅力がお茶の間に浸透していったんです」

 黎明期のテレビを舞台にした3人の活動は、芸能界にさまざまな変革をもたらした。その1つが「ファンとの距離」だ。『ニッポン男性アイドル史』の著者で社会学者・文筆家の太田省一さんはいう。

「御三家の功績の1つは、スターとファンとの距離をぐっと縮めたこと。当時のスターはいわゆる“大人”が多く、ファンから離れた雲の上の存在でしたが、御三家は当人たちもファンも若者。自然と距離が縮まり、憧れだけでなく、親近感や共感を持って芸能人を応援するムードを作り上げたのです」(太田さん)

 御三家の登場以前にも石原裕次郎や小林旭など、数多くのヒット曲を持つ人気者は存在した。だが彼らは「銀幕のスター」であり、ファンの手には届かない存在だった。当時を知る元民放テレビ局員が述懐する。

「あの頃はテレビよりも映画の方が格上という風潮があり、映画の世界の人がテレビに出ることはほとんどありませんでした。つまり、銀幕のスターを見たかったら映画館に行くしかない。だけど、テレビで活躍する御三家ならば電源を入れたら彼らの姿を見ることができる。銀幕のスターよりもずっと身近だけれど、手が届きそうで届かないという歯がゆさが、ファンを一層夢中にさせたのだと思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン