スポーツ

絶対女王・稲見萌寧の牙城を突き崩すのは誰か 注目女子ゴルファーの横顔

昨季5勝をあげた小祝さくら(Getty Images)

昨季5勝をあげた小祝さくら(Getty Images)

 桜の便りが届き始めるなか、待ちかねた女子ゴルフトーナメントが幕を切った。絶対女王の牙城を突き崩すのは誰か。どんな若き新星が誕生するのか。何が起こるかわからない“芝のドラマ”は、一瞬たりとも見逃せない。

 3月に幕を開けたJLPGAツアー2022は、シーズン序盤から“下剋上”の大混戦となった。開幕戦初日は佐藤心結(18)が2位発進で「史上初のプロデビューV」を期待させたが、「新世紀世代」(2001年度生まれ)で尾崎将司門下生の西郷真央(20)が、最終日に首位の実力者・渡邉彩香(28)を捉え、大逆転で悲願のツアー初優勝を果たした。

 2戦連続Vのかかった第2戦はサイ・ペイイン(台湾)に優勝をさらわれたが、「はざま世代」(1999年度生まれ)石井理緒(22)、「黄金世代」(1998年度生まれ)植竹希望(23)、プロ9年目の堀琴音(26)とともに首位と1打差の2位に食い込んだ。

 一方、昨季9勝の賞金女王・稲見萌寧(22)、メジャー2勝の原英莉花(23)は優勝争いに顔を出せずにいるが、いずれトーナメントを沸かせてくれるに違いない。賞金総額史上最高43億1600万円をかけ、女神たちの熱い戦いが始まった。今シーズンの注目選手を紹介する。(成績・賞金は昨季のもの)

●渡邉彩香(28)1勝 1億223万3748円(14位)
 開幕戦最終日は首位タイでスタートし残り3ホールまでトップの座を守ったが、16番で痛恨のボギー、続く17番もダブルボギーと終盤で崩れて無念の4位に。

●堀琴音(26)1勝 6749万1990円(27位)
 13位タイに終わった開幕戦から調子を上げ、ツアー2勝目を狙った第2戦は1打差で2位に入る健闘。3年ぶりに有観客で開催され、ギャラリーから熱い歓声が上がった

●佐久間朱莉(19)0勝 104万7500円(154位)
 昨年6月、プロテストでトップ合格した期待の新星。開幕戦は初日に首位と2打差の4位となって会場を沸かせた。師匠は原英莉花、西郷真央と同じジャンボ尾崎。

●佐藤心結(18) 昨年11月にプロテスト4位で合格
 今年1月にプロ入りした注目のルーキー。プロデビュー戦となった開幕戦初日は首位と1打差の68で2位発進。最終日にスコアを落とし13位タイで終えたが、鮮烈な初陣を印象付けた

●稲見萌寧(22)9勝 2億5519万2049円(1位)
 昨季、史上2番目の若さで賞金女王に輝いた“絶対女王”。シーズン中に苦しんだ腰痛が気になるところで、今季は開幕戦10位タイ、第2戦32位タイと結果は今ひとつ。

●原英莉花(23)3勝 1億2558万7582円(8位)
 昨季のメジャー2戦連続優勝は記憶に新しい。今季は開幕戦、第2戦ともに21位タイと本来の力は発揮していないが、師匠のジャンボ尾崎譲りのダイナミックなプレーと女子プロゴルフ界随一の美貌でツアーを盛り上げる

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン