ライフ

【新刊】作者・内田康夫氏も登場『名探偵・浅見光彦 全短編』など4冊

book

「軽井沢のセンセ」(故内田氏)も登場。「名探偵は居候」は単行本初収録

 春を感じられる心地いい陽気になってきたこの時期。ゆっくりと読みたいおすすめの新刊4冊を紹介する。

『名探偵・浅見光彦 全短編』/内田康夫/光文社/2090円

 1985年にスタート、『遺譜』が自筆での最後の事件となった浅見光彦シリーズ。お坊ちゃまキャラが好感度大だった。光彦の幼馴染みで田園調布に嫁いだ女性が遺した暗号、旅先の温泉宿で遭遇した密室殺人など計6編。中でも「逃げろ光彦」と「名探偵は居候」には内田氏その人が登場。気が短く、人は平気で待たせても、待たされるとイライラするという自画像にクスッとする。

book

ちょっと未来、少し幽界、直球の並行世界。何が出てくるか分からない4色ドロップ

『はじめての』/島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都/水鈴社/1760円

 中身が見えず、小さな口から一粒ずつしか出てこないサクマのドロップ缶。何色の何味が出てくるかいつもドキドキだった。そんな気持ちを思い出した4編。和製カズオ・イシグロのような島本理生、ジュブナイルのお手本、辻村深月、パラレルワールドに親子の相性というやるせないテーマを植えた宮部みゆき、女子高生の精気が伝わってくる元気な森絵都。この贅沢さ、貴重。

高校で始まる注目の新科目

高校で始まる注目の新科目「歴史総合」。日本近代史を世界史の中に解き放つ

『ものがたり戦後史 ──「歴史総合」入門講義』/富田武/ちくま新書/1034円

 一読興奮。なんて簡潔な必読書! 著者は1945年生まれの終戦っ子。敗戦から始め、新憲法、55年体制、高度成長、石油危機、ポスト冷戦の日本の構造不況や格差に触れ、最終第15講では戦争の過去と未来を語る。安倍政権下で加速した歴史修正もさることながら、直近に浮上した安倍氏の核シェアリング論で非核三原則はどうなるのか。本書を杖に自分の戦争観を掘っておきたい。

切なく温かい

切なく温かい表題作のほか、“事故物件”も含む粒立ちの18編

『歩道橋シネマ』恩田陸/新潮文庫/781円

 恐怖、謎、郷愁。様々なテーマと手法が大集合。どれも語り口の滑らかさに乗せられるのに、37年に1度の祭の日に起こった変事を描く「あまりりす」だけがどうにも分からない。「あとがき」を読むと編集者も同じだったらしく、著者が種明かしすると爆笑されたとか。「一応、怪談なのに」と肩を落とすのが可笑しい。粒よりの18編。“事故物件”も再読すると、はい、山ホラーでした。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年3月31日号

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト