国際情報

ウクライナの善戦 背景に「民間人と軍隊がネットで情報共有する戦い方」

(GettyImages)

プーチン大統領を批判するデモが世界中で行われている(写真/GettyImages)

 複数のSNSを使ってキエフから発信を続けているウクライナのゼレンスキー大統領。軍事力では圧倒的に劣るウクライナがロシアを相手に善戦しているのは、SNSを駆使したハイブリッド戦争を効果的に仕掛けているからとされる。桜美林大学リベラルアーツ学群教授の平和博さんが説明する。

「一般的に、戦争は軍隊が大砲や戦車などで相手国に攻め込むイメージですが、ハイブリッド戦争は、通常の軍隊に加えてSNSによる情報戦やサイバー攻撃を仕掛けます。具体的には、フェイクニュース(偽情報やデマ)を広げることで相手を混乱させたり、敵兵の戦闘意欲を下げたりする。フェイクニュースやサイバー攻撃、武力攻撃を連携して相手方に攻め込んでいくのがハイブリッド戦争です」

 戦時中にSNSを駆使するのは国の首脳に限らない。ウクライナでは、民間人たちがSNSを武器に侵略者に立ち向かっている。

 戦闘が激化する地域では、ウクライナ市民がロシア軍の戦車や部隊の位置をSNSアプリの「テレグラム」を使って送信し、その情報をもとにウクライナ軍が軍事作戦を立てる。市民と軍隊がネットで連携して、祖国を守っているのだ。作家・批評家の西村幸祐さんが解説する。

「民間人と軍隊がネットを介して情報を共有するのは、21世紀の新しい戦い方です。軍隊とは別の民兵組織があるので、市民は登録すれば武器を手に入れられます。こうしたことも市民と軍の情報交換がスムーズにできる理由です。敗戦後にアメリカ占領軍が書いた憲法9条で正式な軍隊が持てない日本にとって、大いに参考になります」

 ウクライナの人々は、SNSを用いて国外へのアピールも積極的に行っている。

「ロシアの侵攻後、キエフの防空壕で7才の少女が『アナと雪の女王』の主題歌を切々と歌い上げ、周囲の避難民が涙する映像がツイッターで広がり、『世界中があなたたちを応援しています』とのメッセージが寄せられました。またウクライナ在住のインフルエンサーは、TikTokに破壊された街並みやガソリンスタンドに押しかける車の行列などの映像を次々に投稿しています」(軍事ジャーナリスト)

 西村さんが指摘する。

「ウクライナの人々はSNSで戦地の状況を伝え、国際世論を味方につけています。ウクライナが善戦しているのは、こうした市民の力が大きい」

 戦場における市民のSNSが注目されるようになったのは、ここ10年ほどのことだ。

 2014年7月にイスラエルがパレスチナ・ガザ地区に侵攻した際、そこに住む当時16才のパレスチナ人の少女ファラ・ベイカーさんは、空爆の恐怖や被害の実態を覚えたばかりの英語で繰り返しツイートした。

《家の近くで激しい空爆が続いている。今回の戦争が始まって以来、最悪の夜》
《爆音にはもう耐えられない。耳が聞こえなくなる》

 こうしたツイートが世界中の共感を集めて、イスラエルの国際的な立場を脅かすようになった。彼女の功績は「わずか140字で戦場を変えた」と評された。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン