芸能

タモリ、ウクライナの報道特番「1時間の沈黙」で本当に伝えたかったこと

祖父は南満州鉄道の職員だった

祖父は南満州鉄道の職員だった

「沈黙は金」というが、自身がMCを務める報道番組でこれをやってのけたのは、後にも先にもこの人ぐらいだろう。3月18日、緊迫するウクライナ情勢を受けて報道特番『タモリステーション』(テレビ朝日系)が放送された。MCとして出演したタモリ(76才)は、冒頭でウクライナ情勢に揺れる国境地帯・ポーランドで取材を進める大越健介キャスター(60才)に軽くねぎらいの言葉をかけると、それ以降、番組の後半まで1時間以上の沈黙を貫いた。

 無言のタモリを挟み、専門家が解説を重ねていく。タモリは番組のエンディングで大下容子アナウンサー(51才)からコメントを求められると「一日も早く平和な日々がウクライナに来ることを祈るだけですね」と静かに話すのだった。

 自身の冠番組で、発言時間の合計が1分程度というのは前代未聞だ。放送後、「タモリさんが話さないことで、事態の深刻さが伝わった」「余計な言葉がない分、最後の一言に重みがあった」など、ネットには番組についての感想があふれた。

 連日、テレビ番組ではウクライナ情勢が取り上げられており、多くの著名人が持論を展開している。ロシアのウクライナ軍事侵攻を特集した番組内で「プーチンさんは自分の立場とかわかっているんですかね。あの人、エゴサーチしたらええのに」などと笑いを交えてコメントしたのはダウンタウンの松本人志(58才)だ。

 元大阪府知事の橋下徹氏(52才)は「ウクライナ人は国外へ逃げるべき」「プーチンが死ぬまで待てば再興させられる」など、降伏や妥協を求める旨の発言をして賛否を呼んでいる。

「本来、橋下さんも松本さんもコメント力には定評のあるかたですが、今回の戦争については“的を射ていない”という反応が少なくなかった。個人的意見が許されるほかのニュースとは毛色が違いすぎたのでしょう。それだけ戦争を語ることは難しい」(テレビ局関係者)

 そんななか沈黙という“奇策”に出たタモリだが、彼もかつては、戦争について自分の意見を強く述べていた。

『タモリと戦後ニッポン』の著者である近藤正高さんは、第二次世界大戦を扱った『NHKスペシャル』(2015年)に出演したときのタモリの言葉の選び方が印象に残っているという。

「終戦直後の焼け野原の日本の様子をとらえた映像を見た後、歴史研究家に対し、『終戦って言いますけど、敗戦ですよね?』と問いかけ、一般的な言い方に疑問を呈した。終戦という言葉で悲惨な歴史をぼかしてはいけないという意思を感じました」

 あえて疑問を投げかけ、戦争の悲惨さを強調したのだろう。今回も番組のエンディングでようやく口を開いたタモリは、こう語っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト