芸能

大河ドラマ『真田丸』殺陣指導者が明かす「面白みのある剣術」の秘密

『真田丸』の殺陣を担当した中川邦史朗氏

『真田丸』の殺陣を担当した中川邦史朗氏

 2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』は、三谷幸喜脚本らしいコミカルな人物描写も多い一方、平和なホームドラマ路線が主流となっていたその時期の大河では珍しく、策謀や暗殺などの血なまぐさい場面もスリリングに描かれていた。今回からは、『真田丸』の殺陣を担当した中川邦史朗氏にその秘話をうかがう。

 * * *
中川:監督やプロデューサーから最初に言われたのは、「今度の『真田丸』に関しては王道を行きたい。奇をてらった大河ドラマじゃなく、『独眼竜政宗』などのように重厚な『ザ・大河ドラマ』を」ということだったので、僕も自分が幼い頃に見ていた大河ドラマの記憶を思い返しながら殺陣を作りました。

──序盤などは暗殺場面もありました。ああした場面の手(一つ一つの動き)はどのように作られたのでしょう。

中川:場面の雰囲気はちゃんと台本上に書かれているので「三谷さんはこういうことをやりたいんだな」と汲み取って殺陣をつけたつもりです。ただ、放映時間が日曜の夜八時ですから、斬られた時に出る血の量はどれぐらいがいいかなど、そういう相談は現場レベルでやっていましたね。これだと多すぎるかな、でも全然出ないのはちょっとおかしい──とか。

 手自体は奇をてらわず、割とシンプルです。人を殺す時は速くて小さな動きで。それでいて、観ている人にちゃんと伝わるように。そこのさじ加減だけで、その手自体はそんなに難しいことはしていないと思います。

──今、「さじ加減」とあっさり言われましたけど「速くて小さい動きだけど観ている人にちゃんと伝わるように」というのは簡単そうで難しいことにも思えます。

中川:最近の時代劇の立ち回りを観ていると、スピーディで疾走感はあるけれど、休まるところがないんですよね。だから観ている間は面白いんですが、終わると「いま、何をやっていたんだ」「どっちが斬られたんだっけ」と印象に残らないというのが僕の中にありました。
斬られるところ、刺されるところは観ている人に伝わるようにする必要があると思うんです。実際の剣術のリアルなスピードではなく「今、どこをやられました」ということを確実に伝えないと。

──リアクションで伝える、と。

中川:どれだけ速く斬っていても、いつの間にか人が倒れて、血が流れて「ああ、死んだんだ」では僕にとっては、面白味がありません。リアクションで伝える殺陣こそが昔の時代劇であり、「王道」なのではないかという気がしていました。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン