芸能

中居正広、大ケガでリハビリ中の森且行に激励メール 仲間5人の強い絆

中居aa

森且行を激励していた中居(写真は2020年)

 ジッパー袋に入った何十本ものボルト。長さは1本5cmほどで、重さは合計約250gだという。

「すごい、こんなに入っているとは……」。3月19日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)でそう呟いたのは、元SMAPでオートレーサーの森且行(48才)。今年1月、背中に埋め込まれたボルトを外した手術後の様子を、番組で初めて明かしたのだ。

 森は昨年1月、時速100km以上で走っていたレース中に落車し、ろっ骨骨折、骨盤骨折、腰椎破裂骨折という大けがを負い、胆のうを摘出。特に腰椎は折れた骨が静脈を貫いて動脈にぶつかり、「5mmずれていたら1時間以内に死んでいた」というほどの大事故だった。

 一命は取り留めたものの両足にまひが残り、足の裏を触られても感触がない。現役復帰が困難であることは明らかだったが、森は諦めることなく、リハビリを続けた。

「入院中はコロナ禍ということもあり、お見舞いは許されませんでした。孤独な闘いを続けた甲斐があって、いまでは杖がなくても歩けるようになりました」(森の知人)

 そんな森を励まし続けたのは、かつての仲間だった。

「乗り越えられる人にしか、試練を与えない。だから、お前は乗り越えられるんだよ」

 そんなメールを森に送っていたのは中居正広(49才)だ。

「中居さんは短いけど心に響く言葉を使うのがうまい。森さんはその言葉に何度も助けられたことでしょう。中居さんは3年前にガラケーからスマホへと遅めのデビューをしましたが、LINEはまだ使えず、ショートメールで激励しています。スマホで文字を入力するのも一苦労だそうで、そんな慣れない手つきでメールを送ってくれることに、森さんは感謝しているそうです」(芸能関係者)

 過酷なリハビリを耐えられるのは、仲間のおかげ。森は冒頭の番組でこう感謝した。

「中居くん、木村くん、吾郎ちゃん、つよぽん、慎吾ちゃん。やっぱりみんなも頑張ってるんだもん。頑張ってるからトップにいるわけで、誰か1人欠けてもダメだと思うし、ぼくの中では」

 2020年に初めてオートレースで日本一に輝いたあのときのように、そして5人の仲間と肩を並べられるように—森は再びトップに返り咲くことを決意したという。

「森さんは年末か来年1月の復帰を目指しています。そのとき、森さんは自身がデザインした、SMAPを象徴する星とメンバーカラーが描かれた特注ヘルメットをかぶると決めています」(前出・芸能関係者)

 いつまでも続くベスト・フレンド。

※女性セブン2022年4月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト