国際情報

ロシアで広がる戦争支持の「Z」 “偏見と憎悪”を生む恐怖の手法

ウクライナ東部のドネツクで戦車を使ってパトロールするロシア軍(時事通信フォト)

ロシア軍の戦車に記された「Z」の文字(写真/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、ロシア国内で広がる「Z」の文字について。

 * * *
『23分間の奇跡』(集英社)という本をご存知だろうか。著者は英国の小説家ジェームズ・クラベル。第二次世界大戦で従軍し、18才の時に日本軍の捕虜となり、シンガポール収容所で終戦を迎え、米国に渡ったという人物だ。この本は彼が書いた唯一の短編。翻訳したのは元東京都知事の青島幸男で、日本での出版は1983年である。

“Z”の文字が記された小さなワッペンが、ロシアの学校で子供たちの机に配られていく映像を見て、この本のことを思い出した。

 原題は「The Children’s Story…But Not Just for Children」。青島氏はこの本について、訳者あとがきで「児童書の形態はとっているが、それは1つの擬態であり、実は大人たちのための問題提起の書でもある」と書いている。「奇跡」という言葉が付けられた日本語のタイトルは、明るい素敵な事が23分間の間に起こりそうな印象を与えるが、内容は真逆だ。

「戦争に敗れ、占領されたどこかの国のある学校の教室に、新任の若い女教師がやってくる。彼女は教室にいる子供たちに授業を施す。物語は午前9時に始まり、23分後に終わる。初めは疑問と不審を抱いていた生徒たちが、わずか23分間で、暴力も脅迫もなく洗脳され、考えが大きく変わってしまう過程が描かれている」(ウィキペディアより)というのが作品の要約だ。

「先生はこわくてふるえていた」から始まるいくつかのエピソードは、どれも衝撃的だ。例えば、毎朝必ず行われていた「国旗への忠誠の誓い」では、女教師が子供たちへ「誓うとは、忠誠とは何か」と問いかける。子供たちは誓いを暗記しているだけで、誰もその意味を理解していない。すると女教師は、その意味を子供たちに分かるように教え、教えなかった前の先生を良くない先生だと言う。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン