ライフ

加藤諦三さん 「不安」に真正面から向き合った新著についてインタビュー

加藤

『不安をしずめる心理学』著者の加藤諦三さん

加藤諦三さん/『不安をしずめる心理学』/ PHP新書/990円

【本の内容】
《「不安な時は人生の岐路」と捉えてほしいのです。現代の消費社会、競争社会において、潰れてしまうのか、それとも本当に強い人間になって、最後まできちんと生きられるのか、という岐路に立たされているのです。生きることは問題を解決することなのです》と本書で綴る加藤さんが《人生最大の問題》という「不安」と真っ正面から向き合い、方策を説く目から鱗の一冊。

不安と不幸の選択肢で人が不幸を選ぶのはなぜか

 コロナ禍になる前、講演の機会が多かった加藤さんは、集まった聴衆に「幸せになりたい人」と挙手してもらっていたそうだ。

「ほぼ全員が手を挙げますよ。幸せになんて、いくらでもなれるんです。じゃあ、なぜみんなが幸せになれないかというと、幸せになりたい欲求より、はるかに不安のほうが強い感情だからです。アルコール依存症で働きもせず暴力をふるう夫と別れない人がいるのも、不安と不幸の選択では、人間は不幸を選ぶものだからです」

 不安よりも不幸を選択する、というのはちょっと衝撃だが、それほどに、不安は人間の行動を決めてしまう、強烈で根源的な感情だと、心理学者として人間の感情を研究してきた加藤さんは言う。

 私たちが生きているのは、ただでさえ不安を感じることの多い消費社会、競争社会だ。さらに2022年のいま、疫病、戦争、天災と先行きが見えない予想外の事態が立て続けに出来して、本書の『不安をしずめる心理学』というテーマは、時代にぴったり合っていると感じられる。

「不安というのは普遍的な問題ですし、本の企画そのものはコロナ禍の前から進んでいて、コロナでみんな不安だから出したわけではありません。ただ、このコロナ禍で、不安感は一層強くなっていますから、読者は時代の空気にすごく合っていると感じるかもしれないですね」

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト