なるほど、と腑に落ちる。近年、駅などで女性ばかりを狙ってわざとぶつかってくる人のことが話題になるが、こうしたことも、不安の感情の間違った爆発のさせかたなのかもしれない。

「不安の問題というのは、ものすごく深刻なんですよ。でも多くの人は、自分がその深刻な問題に直面していると気がつかないんですよね。だから、人間関係にトラブルがあったときは、自分が心理的に不安なんだってことに、まず気がつかなければいけないです」

 不安に気づいても、つい見て見ぬふりをしてしまうことがある。だが、加藤さんは、不安から逃げる「消極的解決」ではなく、自分が不安を抱えていることを正しく認識して向き合う「積極的解決」をすることがたいせつだと言う。不安を消極的解決することで、人生が行き詰まり、追い詰められてしまうこともあるからだ。

「不安な時こそ人生の岐路だと捉えてください。本当の自分を知ることで、がらっと人生は変わります。人間がいちばん知りたくないのは、本当のこと。イソップ物語の昔からそうで、キツネが取れなかったブドウを『酸っぱいブドウ』と言うのも、自分が取れなかったと認めたくないからで、現実否認です。

 人間の欲求は、抑えることでかえって強化されてしまうんです。本当は出世したいのに『出世なんてくだらない』と言う人は、余計に出世したくなっちゃう。自分の気持ちを素直に認めれば、欲求も消えるし、人間関係のトラブルもおおかたは解決します。不安というのは赤信号で、自分の生き方を変えるためのサインなんです」

【プロフィール】
加藤諦三さん(かとう・たいぞう)/1938年東京生まれ。東京大学教養学部を経て、同大学院社会学研究科修士課程を修了。現在、早稲田大学名誉教授、日本精神衛生学会顧問。ラジオ『テレフォン人生相談』(ニッポン放送系列)で60年近くレギュラーパーソナリティーを務める。著書は700冊以上、訳書はアジアを中心に約100冊ある。

取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2022年4月7・14日号

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン