国内

使用済みマスクを売る女子高生のリアル 1枚500円程度、取引はフリマアプリで

若い女性がSNS上で「使用済みマスク」の購入希望者を募集する事例が増えている…(イメージ)

若い女性がSNS上で「使用済みマスク」の購入希望者を募集する事例が増えている…(イメージ)

 コロナ禍が始まった2年前、在庫不足で高額取引されていたマスク。価格が落ち着いた現在、ネット上では“別の理由”で高価格のマスクが売買されている。

 若い女性がSNS上で「使用済みマスク」の購入希望者を募集し、1枚500円程度で取引する事例が急増しているのだ。

 都立高校に通う2年生の女子高生Aさん(17)はこう話す。

「学校がバイト禁止でお金に困っていた時、同級生の友だちに『そのマスク売れるの知ってる?』と誘われたんです。実際にツイッターでその日つけたマスクの画像に『#マスク売ります』と添えて投稿したところ、すぐに『1枚いくらですか』と返信が来た。『跡が残るよう化粧を濃くつけておいてほしい』というリクエストもあります。親には言わず、月に1万円くらい稼いでます」

 取引には基本的にメルカリなどのフリマアプリを使用するという。

「マスクの画像を直接載せて売るのではなく、SNS上で買い手の人に『今から出品します』と確認を取ってから、ハンカチなどダミーの商品写真で出品し、匿名で配送する。顔写真は載せませんが、リクエストがある場合はマスクを手に持っている画像を送ります」(Aさん)

 なかには、自分の子供の使用済みマスクを売る女性もいる。実際に小学校低学年の娘の使用済みマスクを売る専業主婦のBさん(34)が語る。

「『#JS』という女子小学生を示す隠語のハッシュタグを載せ、意味のわかる買い手さんだけに買ってもらいます。30代主婦の私のマスクはほとんど売れませんが、娘のものは声がかかる。娘には伝えていませんが、夫からは許可をとっています」

 都内のあるブルセラショップ店員は、業界では主婦層の「回帰現象」がよく見られるという。

「学生時代に小遣い感覚でブルセラをしているとその金銭感覚が根付いてしまうのか、30代になってから再度下着を売りに来る女性は多い。子供の着用済み下着やマスクを売るのも、その感覚の延長線上だと思います」

 未成年による着用済み下着等の売買行為は各都道府県の青少年育成条例で罰せられるが、マスクはまだその対象外。早期の対策が求められる。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト