芸能

大河ドラマの殺陣指導者が語る 視聴者が納得できる「リアリティ」とは

『真田丸』で殺陣を担当した中川邦史朗氏

『真田丸』で殺陣を担当した中川邦史朗氏

『真田丸』で殺陣を担当した中川邦史朗氏の師匠である故・林邦史朗氏は、NHK大河ドラマの初期ら殺陣を担当している。他の時代劇に比べて大河は合戦シーンが多いが、どのように作られてきたのか。時代劇研究家の春日太一氏が、林氏の殺陣チーム「若駒プロ」の一員として携わってきた中川氏に、その秘話をう聞いた。

 * * *
中川:林先生が殺陣を教える俳優養成所に来ている方たちの中から「この子はできるから、今度の大河に連れてきて」と事務所に伝えて、技術があるメンバーを集めていました。ですから、合戦シーンの端役でもある程度は技量がある人が集められています。

──合戦での動きはどのように指示されていたのでしょう?

中川:何人かのグループに分かれて、そのグループごとに若駒アクション部が一人ずつ入って束ねていました。そしてモニターで確認しながら、「あそこはちょっとスピードがぬるいな」とか、「もうちょっと激しくやって」とか「あそこはもうちょっとカメラ方向に寄せて」とか、指示を出していくわけです。その上で束ね役が一人一人に動きをつけていきます。

 基本的にカメラ前の目立つところとか、画面の手前は細かく殺陣をつけますが、奥のほうは割と自由にやってもらっているんです。それよりも、怪我のないようにすることが大事でした。

──そうなると、束ね役として前線に出向くお弟子さんたちの役割も重要になりますね。

中川:そう。分業作業でもあるんです。出演者の人数が一番多かったのが『葵 徳川三代』(二〇〇〇年)でした。

 あの時は、うちのメンバー一人につき、十五人から二十人ぐらい束ねていましたね。「中川チームはあのへんあたりに行って」と指示をされたら、そこにエキストラの人たちを連れていって画を埋めていきました。

──個々の兵たちの戦闘での動きはどのようにつけられたのでしょう?

中川:「そういうふうに戦うよね」という、視聴者にとって理にかなうと思ってもらえるようなリアリティを大事にしていました。いかに危なくないように、リアリティを積み上げていくか。

 たとえ、それが「作り物」だとしても、観ている人に「本物」と思ってもらえることが大事です。

「ああ、そうか、そうなるかもしれない」って視聴者を納得させられないと。それがないと、観ていても軍勢同士がバーンってぶつかり合うだけで終わってしまいますから。

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン