ライフ

北斗晶 家事の分担にルールはない「家では妻が司令官になるべし」が基本

北斗

北斗晶が何もしない夫を動かす方法を伝授

 4月1日から改正育児・介護休業法の段階的な施行がスタートした。企業が社員に育休取得を働きかけることが義務付けられ、10月から父親であっても産休が取れる「産後パパ育休」も始まろうとしている。

 厚生労働省のデータでは、2020年度の男性の育休取得率は12.65%だが、育児休業の取得希望がありながら取得できなかった男性社員の割合は29.9%にもなることがわかった。政府は2025年までに育休取得率を30%に上げる目標を掲げている。

 男性が家庭で活躍しやすい環境が整いつつあるいま、コロナ禍の自宅勤務も重なって家事に積極的に参加する夫も増えている。

 IT会社勤務の野口正志さん(仮名・54才)は、リモートワークの日がほとんどだという。妻の代わりに毎晩、家族の食事を作るようになって2年が経ち、「次はどんな料理にチャレンジしようかと考えるのは楽しい」と笑顔を見せる。

「共働きの妻は自宅作業が難しい職種なので、毎日出社しています。長女は大学受験、息子は高校受験と忙しかったので、比較的余裕がある私が料理をするようになりました。最初は安いからと無駄な食材を買い込んでしまい、料理の手際も悪く、妻とけんかになることもありましたが、いまでは家族が『おいしい』と口をそろえて褒めてくれます」

 一方で、リモートワークになっても、家事にまったく関心を示さない夫も珍しくない。夫が家にいる時間が増えたため、妻からは「子供やペットに加えて、夫の世話まで増えた」という不満も聞こえてくる。

『なぜ妻は「手伝う」と怒るのか』(平凡社新書)などの著書がある家事研究家の佐光紀子さんが言う。

「男性が家事を一切手伝わない家庭では、妻が『どうせあの人はできないから』と諦めてしまっていることが多い。その大半が60代以上です。もし妻に万一のことがあったらどうなるでしょうか。家事ができない夫は子供の重荷になるだけです」

 現代社会では、多くの女性は仕事をして家計を支えながら、家事や育児をこなしている。2015年の国勢調査によると、64.6%が共働き世帯であり、「共働き等世帯数の推移」を示したグラフでも、1980年から2020年の40年間で、共働き世帯は約2倍に増えている。

 妻がいくら家庭をよいものにしたいと思っても、ひとりでできる労働には限界がある。

 外で働き、稼いでくるだけで「いい夫」とされた時代とは違い、「家庭で働く」こともいい夫の条件となるのだ。

 全日本ズボラ主婦連盟代表理事を務める料理研究家の浅倉ユキさんは、妻と夫で役割分担する時代ではないと指摘する。

「いまや、仕事をする女性も、稼げる女性も当たり前になってきました。『男性は仕事、女性は家事』とフィールドを分けるのではなく、お互いがマルチに活躍する時代です。家族の幸せや日常生活の充実度を高めるには、夫の家庭での活躍こそがカギを握っていると言っても過言ではありません」

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン