芸能

長澤まさみ、浜辺美波ら輩出「東宝シンデレラ」 受賞者は本業以外の活躍も

長澤

長澤まさみも「東宝シンデレラ」出身だ

 沢口靖子(56才)、長澤まさみ(34才)、浜辺美波(21才)などを輩出した『「東宝シンデレラ」オーディション』が、約6年ぶりに開催される。歴代受賞者の活躍ぶりについて、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。

 * * *

満場一致で合格する“金の卵”になんてめったに会えない

 東宝創立90周年記念プロジェクトとして約6年ぶりに開催されると発表されたのが『「東宝シンデレラ」オーディション』です。

 キービジュアルには、上白石萌歌サン(22才)をセンターに、姉の上白石萌音サン(24才)、浜辺美波サンの3ショットが。2011年に開催された第7回大会において、それぞれ「グランプリ」、「審査員特別賞」、「ニュージェネレーション賞」を受賞しています。

 3人とも、ドラマに映画に舞台にCMにと、この数年、見ない日はないといえるほど素晴らしい活躍ぶり。特に最近目立っているのは、上白石姉妹の姉・萌音サンの躍進と、どんどん美しくなり、どんどん増していく女優さんとしてのオーラです。

 そうかと思えば、舞台『千と千尋の神隠し』では、10才の千尋になりきっていて、Wキャストの橋本環奈サン(23才)を演技でリードしていると評判です。ほかの大会同様、「審査員特別賞」のかたはみな、大成していくのですね。

 妹の萌歌サンは、4月11日にスタートした連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)で、主演の黒島結菜サン(25才)の妹役で出演。子役ちゃんの登場をへて、萌歌サンが、仲間由紀恵サン(42才)、川口春奈サン(27才)、竜星涼サン(29才)、黒島サンらファミリーと勢揃いしたときの豪華さたるや、近年の朝ドラでもトップではないでしょうか。今年の『NHK紅白歌合戦』の司会は姉の萌音サンなのか、妹の萌歌サンなのか、はたまた初の姉妹司会者が誕生するのか。つい、気の早い予想をしてしまいます。

 そして浜辺美波サン。初代シンデレラで連続ドラマシリーズ最長寿の『科捜研の女』(テレビ朝日系)に主演する沢口靖子サンを彷彿とさせる、どこから見ても“美人さん”の顔。今年1月期のドラマ『ドクターホワイト』(関西テレビ・フジテレビ系)に主演したほか、上白石姉妹同様、CMが多い優等生シンデレラです。

 あまりにもこの3人が活躍しているため、情報番組やトークバラエティーなどでは、当時のコンテスト映像がたびたび流れるのですが、会場の階段でつまずき、靴が脱げてしまい、慌ててそれを拾って袖にハケる浜辺サンの様子は、まさにシンデレラ!

 いやはや、改めて本当にすごい3人が選ばれたものです。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン