スポーツ

村田兆治氏、佐々木朗希のフォークを絶賛も「多投での故障」を心配

“マサカリ投法”で通算215勝をあげた村田兆治氏もフォークボールが武器だった(写真/共同通信社)

“マサカリ投法”で通算215勝をあげた村田兆治氏もフォークボールが武器だった(写真/共同通信社)

 前代未聞の完全投球で無限の可能性を感じさせるロッテ・佐々木朗希(20)。プロ3年目ながら、唯一の400勝投手である“カネやん”こと故・金田正一氏の記録を超えることさえ期待してしまう。

 ダイナミックな“マサカリ投法”で通算215勝をあげた村田兆治氏は、ロッテで金田氏に才能を見出され、開花した投手である。佐々木については、「凄いピッチャーが出てきたね」と目を細める。

「これからはエースとして1年間ローテーションを守り、最低でも15勝はあげてほしい。チームを何年も引っ張り続けて初めて大投手と呼ばれるのですから。過去に完全試合を達成した投手は15人いますが、そのうち200勝以上したのは藤本英雄さんとカネさんだけ。カネさんが凄いのは14年連続で20勝以上を続けたことです。佐々木も今の素晴らしいフォームをどう長く維持していくかを考えてほしい」

 村田氏は現役時代、凄まじい落差のフォークボールを武器としたが、佐々木のフォークはどう見ているのか。

「ストレートと同じような腕の振りで投げている。角度もあるし、落ち方がいい。バッターからストレートと同じように見えているから空振りになる。素晴らしいと思うよ。腕の振りが緩かったり、球のスピードが遅かったりするとファウルで逃げられるんだけど、そうなっていない。もちろんバッターもプロだから研究してきますよ。ただ、佐々木は腕を振ってフォークをストライクゾーンに投げておけば簡単に打たれないと思いますね」

 一方で、ヒジを故障してトミー・ジョン手術を受けた経験から、気がかりな点もあるという。

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト