スポーツ

ロッテ・佐々木朗希「8回完全投球で降板」をレジェンドOBが心の底から残念がる理由

偉業を達成した佐々木朗希(時事通信フォト)

偉業を達成した佐々木朗希(時事通信フォト)

 4月10日のオリックス戦での完全試合達成に続き、4月17日の日本ハム戦でも8回をパーフェクトピッチングだったロッテの佐々木朗希(20)。4月24日には再びオリックス戦の先発マウンドに上がる。日本中がその快投に注目するなか、京セラドーム大阪での試合は急遽、関西テレビでの放送が決まった。完全投球がどこまで続くかに加え、前回登板時に話題となった「8回降板」についても、様々な意見が飛び交っている。

 日本ハム戦での佐々木は、史上初となる2試合連続完全試合を目前に、球数が102に達した8回まででマウンドを降りた。0-0のまま試合は延長戦に突入し、10回表に日本ハム・万波中正のホームランが飛び出し、ロッテは試合に敗れた。

 ロッテの井口資仁監督は試合後、佐々木について「素晴らしいピッチングだった」としたうえで、「できれば我々も最後まで見たかったし、ファンの方も見たかったと思いますけど。いろいろ先々考えると、ちょっとあそこが今日は限界だったのかなと思います」と8回降板の理由を説明した。ファンの間では、まだ若い佐々木の肉体を慮って降板致し方なしとする声がある一方、NPBはおろかMLBでも例がない2試合連続完全試合が目前だったこともあり「投げさせてほしかった」との声もあがった。

 プロ野球OBの間でも、佐々木を降板させる判断については、様々な意見が出ている。阪急の黄金時代をエースとして支え、通算284勝をあげた山田久志氏は「(降板は)ありだと思います」と語った。

「ロッテの佐々木についての方針は一貫していると思いますよ。井口監督個人の判断というよりは、ロッテが球団として佐々木の育て方を決めているのでしょう。我々から見れば“もっと投げさせてやればいい”と思うが、佐々木が(降板を)納得しているならそれでいい。ファンも納得するんじゃないですか。

 今は科学的なトレーニングがなされていて、筋力や関節へのストレスが故障に繋がるということで、休養を挟まないといけないようですね。あれだけ全身を使ったフォームだと疲労度はかなりのものになるはずです」

 その一方で、「投げさせてほしかったね」と語るのは、“カミソリシュート”を武器に巨人キラーとして活躍した大洋の元エースで、通算201勝の平松政次氏だ。

「2試合連続完全試合なんて、この先ないでしょうからね。二度とお目にかかれない大記録だっただけに、投げてもらいたかった。(味方が)得点をあげられずにいたというのは(降板の理由として)あると思うが、それでも投げてもらいたかった。

 私なら“投げさせてほしい”と直訴しただろうが、チーム事情もあるし、佐々木の将来も考えないといけないんでしょうね……。佐々木は日本の宝だと思うし、長い野球人生となるのでしょう。あのストレートとフォークがあれば、これからも完全試合を達成する可能性はある。ただ、おそらく2試合連続完全試合のチャンスはなかなかないんじゃないか。相手から研究もされるし、味方がエラーすることだってある。メジャーでも例がないというのだから、投げさせてほしかったし、味方打線も点を取ってあげてほしかった」

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン