国内

亀井静香氏から玉木雄一郎氏へ「連立与党に加わるにはドスのきいた顔で尖れ」

亀井静香氏が、国民民主党の玉木雄一郎代表に向け提言(時事通信フォト)

亀井静香氏(右)が国民民主党の玉木雄一郎代表に向け提言(時事通信フォト)

 問題山積の日本の政界。しかし現役政治家たちの足取りは重い。政界の先達として亀井静香氏(85)が、国民民主党の玉木雄一郎代表に向け提言する。

 * * *
 国民民主党代表の玉木雄一郎は若手の国会議員の中で、将来の日本を背負っていける数少ない人材だと思っている。そんな人材はなかなか見当たらない。あとは武田良太や城内実ぐらいだな。

 今度の参院選で自民党はまあまあ勝つだろうが、新型コロナの問題もあり大勝ちはできないだろう。勢力が減れば、与党の国会運営にも影響を及ぼす。そこで国民民主党に出番が来る。私自身も経験があるが、連立与党の運営は2党よりも3党のほうが安定する。自公に国民民主が加わるのだ。

 その国民民主は、既に野党からテイクオフしている。与党の予算案に賛成したのだから、もう野党には戻れない。テイクオフして、これからどこまで飛んでいくのか、それが玉木の試金石となる。

 率直に言えば、自民党を飛び越え、自民党の右側から保守勢力を飲み込めばいい。具体的には、靖国参拝するなど右派の姿勢を明確に示す。そうして自民党の保守勢力を飲み込む立場となり、連立の一員になる。

 連立の場合、少数のほうがシャッポ(かしら)になりやすい。多数がシャッポになると少数政党は協力しない。少数政党の首相を多数政党が支えるような姿勢を取らないと、連立が成り立たないからだ。私がつくった村山連立政権もそうだった。

 そのセオリーで考えれば、国民民主が連立与党に入り、玉木が総理になる可能性が見えてくる。

 ただし、一気に玉木政権ができるわけではない。参院選後、すぐに総理が交代するわけではなく、岸田政権は続くでしょう。岸田総理はよくやっていると思います。支持率も良い。しかし、自民党を掌握、支配できていないことは明らかだ。だからこそ、岸田総理は玉木を取り入れることで、党内の反発勢力を牽制することができる。

 そういう状況をつくるには、玉木はもっと尖ったほうがいい。外交でいえば、今の国際情勢は大きく見ると米国のバイデンと中国の習近平が闘っている状態。そこにロシアのウクライナ侵攻があり、北朝鮮がミサイル攻撃能力を高めている。さてその中で日本はどうするのか。アメリカのポチを続けていくのか。日米安保も従来通りでいいのか。それについて玉木が、それこそ日米安保の解消、日本の自主防衛能力の強化などを唱えればいい。尖っているだろう。

 もちろん、相当の覚悟がいる。でも今の玉木は、柔い顔で優しそうなことばかり言っておる。もっとドスのきいた顔で、尖ったことを言うようにならんといかん。それができなければ、織田信長のように小さな存在で大きく伸びることはできん。

 それとかつての民主党の片一方、立憲民主党は泉健太というのが代表になったが、何をやっとるのか全く分からん。青空対話集会とかいうのを開いて国民の意見を聞くとか、政策公募なんかやっとるけど、政治家が国民に「何したらいいでしょうか」というのは本末転倒でしょう。国民に飯を食わせるために、俺はこうやるというのが政治家だ。玉木は、泉健太の立憲民主党を反面教師にしたらいい。

【プロフィール】
亀井静香(かめい・しずか)/1936年生まれ。国民新党代表、運輸大臣、建設大臣、金融・郵政改革担当大臣、自民党政調会長などを歴任。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン