芸能

前立腺がんを患った宮本亞門、父親には入院3日前に努めて明るく伝えた

3年前に前立腺がんを患った演出家の宮本亞門はどう家族に伝えたか

3年前に前立腺がんを患った演出家の宮本亞門はどう家族に伝えたか

 医学の進歩によって老親が生きているうちに子供ががんになるケースも珍しくなくなった。老親や家族に「がんをどう伝えるか」は患者の誰もが悩むところ。いざ、家族に伝える際にはどうするのが“理想”なのか。

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師は「人それぞれだ」と語る。「患者さんにがんの告知をしても、それをご家族にどう伝えるかは、基本的には患者さん自身が決めることになります」

 もちろん本人が告知される場に家族が同席して、医師の説明を受ける場合もある。

「ただ、なかには『親が弱っているから、どうしてもがんのことを告げられない』という患者さんもいます。どう伝えるべきか相談されたりもしますが、そのような場合も、患者さん自身がすでに決めていることが多い。医師としてはまず患者さんの話を聞いて、それを後押しするのが役割になります」(上医師)

 家族との関係性や事情は千差万別で、家族への伝え方に“正解”はないが、実際に悩んだ末に決断し、実行した例を紹介していく。

 3年前に前立腺がんを患った演出家の宮本亞門は、「あえて言わずにいた」父に、入院の3日前になって努めて明るく伝えた。

「本当に明るく、『前立腺がんなんだー』と。過去に膀胱がんを患った父も、明るく『大丈夫! 取れば大丈夫だよ』と応じてくれました。『親子で同じような境遇で面白いな』ってゲラゲラ笑って。

 歳を重ねて病気や体の不調が出て、それでも生きるのは壮絶なこと。それが生きることなんだと親父から教わっていたので、僕も『手術しても生き抜くからね』と明るく父に言えたのがよかったです」

 気丈に振る舞う2人だったが、手術後はこんな出来事があったという。

「手術の3日後くらいに、前触れもなく父が車椅子で姉と一緒に来たんですが、僕の顔を見た途端、父が『うわーっ』と泣き始めたんです。言葉では『大丈夫だよ』と言っていたけど、実は心配だったみたい。僕の元気そうな顔を見たら、喜びと安堵からか、ボロボロ泣いていましたね。僕は、親父を抱きしめました」(宮本)

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト