芸能

仲間由紀恵 故郷が舞台の朝ドラ撮影の合間に会いに行った「煙突掃除人」

ぱっちりした瞳をのぞかせる仲間由紀恵の姿をキャッチ

ぱっちりした瞳をのぞかせる仲間由紀恵の姿をキャッチ

 目深にかぶった黒いキャスケットと白いマスクの隙間から、パッチリとした瞳がのぞく。4月下旬の夜、都心にある劇場で、仲間由紀恵(42才)はミュージカルを観劇していた。白いトップスの上に黒いロングカーディガンを羽織り、ペイズリー柄のプリーツスカートといういでたちだ。

 仲間は『ちむどんどん』で、黒島結菜(25才)演じるヒロインの暢子をはじめ4人の子供たちに愛情をたっぷり注ぐ、おおらかで優しい「アンマー(沖縄の方言で母親)」である優子を演じている。沖縄の本土復帰50年の節目に放送される作品とあって、沖縄出身の仲間は並々ならぬ思いを持って撮影に臨んだ。

「沖縄の海や珊瑚礁の保全活動のPRをしたり、2019年に首里城が焼失したときには、再建のために多額の寄付をして、沖縄に貢献しました。昨年冬に行われた沖縄ロケの際には、実家を訪れたそうです」(NHK関係者)

 仲間は2014年に田中哲司(56才)と結婚し、2018年に双子を出産。実生活でも育児に奮闘している。

「仕事と育児の両立は大変なようですが、田中さんの協力もあり、充実しているようです。妊活中に田中さんの不倫が報じられ、一時は“家庭内別居”状態とも囁かれましたが、田中さんが心から謝罪して以来、気持ちを入れ替えてすっかりイクメンです。女優業に復帰した仲間さんを支えています」(芸能関係者)

 冒頭の夜、仲間が観劇したのはミュージカル『メリー・ポピンズ』だった。魔法を使うメリーと、大道芸人で煙突掃除人のバートがおりなす物語は不朽の名作だ。仲間がMCを務める『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)では、4月9日の放送回で『メリー・ポピンズ』を特集していた。

「その関係もあって、劇場に足を運んだのでしょう。仲間さんは朝ドラの撮影もあり多忙です。そんな妻を思いやった田中さんからの“息抜き”のプレゼントだったのかもしれません」(前出・芸能関係者)

 観劇後、仲間の手にはパンフレットが大事そうに抱えられていた。隣にいる女性と楽しそうに歓談している様子からは、舞台を心から楽しめたことが伝わってきた。そんな仲間はその日、「少しふっくらした」印象。シルエットを隠すような服装だ。

「仲間さんは“食事に気をつけていないと、すぐ太っちゃう”と言っていました。夫の田中さんも同じような体質らしく、夫婦でかなり気を使っているそうです」(テレビ局関係者)

 歩く姿は優しい「アンマー」そのものだった。

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン