仲間由紀恵一覧

【仲間由紀恵】に関するニュースを集めたページです。

『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
 水谷豊主演の人気ドラマ『相棒』の新シリーズに、“初代相棒”の亀山薫を演じた寺脇康文が出演することが発表された。予想外の名前に多くのファンが沸いた。『相棒』ファンというコラムニストで放送作家の山田美保子さんが、これまで浮上していた“5代目相棒”候補たちの名前とともに新作の注目ポイントについて綴る。 * * * 中村倫也、山崎育三郎、尾上松也、松坂桃李、向井理、稲垣吾郎、長瀬智也、松下洸平、松田龍平、森田剛、福士蒼汰、竜星涼、町田啓太……。いずれも知名度が高く主演クラスのイケメン俳優ばかりである。彼らの共通点は、この半年程の間に、水谷豊主演のドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の“5代目相棒”候補として名前が取沙汰されたことだ。 果たして23日早朝に情報解禁されたのは、まさかの寺脇康文。そう、2000年の放送開始から2007年までの8年にわたり、水谷の初代相棒を務めた「亀山薫」こと寺脇だったのである。 そういえば最近、平日午後の再放送では、寺脇出演のseason1~season7を多く見かけたような……。“匂わせ”だったのだろうか。いや、4代目相棒の反町隆史が昨年11月24日の放送で、寺脇の出演回数を抜くまで、“124回”の記録を保持していたことと、ファンの印象に残る「名作」が多かったからなのかもしれない。“5代目相棒”について、テレビ朝日の局内では箝口令が敷かれていたという。当然、情報番組で話題にすることもタブーだった。それは筆者が出演する系列局のメ~テレ(名古屋テレビ放送)の『ドデスカ!』や『アップ!』などでも同様で、「週刊誌などで記事化されたものを扱うのはいいけれど」一般の方のSNSやネットニュースなどにアップされた荒唐無稽唐な話は「扱わないように」という暗黙の了解事項があった。つまり、好き勝手な予想はほどほどに…ということだ。向井理、稲垣吾郎、福士蒼汰が有力視されたが… それでも、何度か、“5代目相棒”予想を番組で取り上げた。冒頭に記した人気俳優の中で、頻繁に名前が取沙汰されたのは向井理、稲垣吾郎、福士蒼汰、そして町田啓太の4人。いずれもスーツがよく似合う長身のイケメンだ。向井や稲垣は華があるというだけでなく、近年、2枚目半の役どころも上手くこなしていて、3代目相棒の及川光博とキャラクターでかぶる部分があるとも言われた。だが、向井は7月8日に本公演が開幕する舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』で藤原竜也、石丸幹二とトリプルキャストでハリー・ポッターを演じることが決まっている。10月開始の『相棒』とはスケジュールがドン被りであることから、今春、5代目相棒候補から名前が消えた。 稲垣は…というと、テレビ朝日では1998年と2000年に「土曜ワイド劇場『名探偵明智小五郎』」に主演。2013年にはKis-My-Ft2の玉森裕太主演の「金曜ナイトドラマ『信長のシェフ』」に特別出演、さらには2016年の『不機嫌な果実』に出演した印象が筆者には強い。だが、2017年9月、「新しい地図」として活動し始めてからはテレ朝のみならず、民放局のドラマ出演はまだゼロ。色々考え始めると、「ないのかなぁ?」という結論に至る。 そして福士蒼汰が「大本命」と言われ続けたのは、4代目相棒の反町隆史と所属事務所が同じだからである。筆者は2021年10月期、福士が綾野剛主演のドラマ『アバランチ』(関西テレビ・フジテレビ系)で県警刑事部長の息子で警察官を演じた際、3代目相棒の成宮寛貴と重ね合わせて見ていたこともあり、個人的にも本命視していたものだ。が、福士でもなかった。 最後に名前が出てきた町田啓太は、水谷豊の監督作品第3弾となる映画最新作『太陽とボレロ』に出演。水谷が町田のことを絶賛しているという記事が多く見られたり、PRのため、二人の対談なども行われたりした。その流れで5代目相棒説が急浮上したのである。が、7月期、『テッパチ!』(フジテレビ系)に主演する町田。スケジュール的に10月期の『相棒』出演は難しい。松嶋菜々子、仲間由紀恵ら女優の名前も 実は5代目相棒には、松嶋菜々子や仲間由紀恵ら、女優の名前も挙がっていたのである。松嶋は「反町のプライベートでのリアル相棒」というシャレをこめた報道だったと思う。そして既にレギュラーの仲間由紀恵は『相棒』ファンの間から「そもそも名前が違う」と最初から否定的にみられていた。というのも、亀山薫(かめやまかおる=寺脇)、神戸尊(かんべたける=及川)、甲斐亨(かいとおる=成宮)、冠城亘(かぶらぎわたる=反町)と、これまで『相棒』の役名はすべて、「か」で始まって「る」で終わる名前ばかりだったのだ。仲間の役名は社美彌子(やしろみやこ)。この名前では無理だ。 そもそも、「か」で始まって「る」で終わる名前が、他にあるのだろうか…とファンによる“大喜利”に限界が生じていたところ。そうこうしている内に、誰も予想していなかった「亀山薫」こと寺脇康文の再登板が発表されたのである。 2代目~4代目までが着用していたパリッとしたスーツではなく、Tシャツにジャンパーという軽装で、エリートでもインテリでもない亀山は、水谷演じる杉下右京とは全く異なるキャラクター。もっとも身体を張る“相棒”でもあった。 そんな寺脇が『相棒』を卒業した約14年前には、水谷との不仲説がでたり、「こんなにスケジュールをおさえられていたら他の仕事ができない」と寺脇が不満を抱いているとのウワサがでたりしたものだ。 が、寺脇の再登板で不仲説はガセネタということに。「他の仕事」について、この14年、ドラマ、映画、舞台に精力的にこなしてきた。再放送がいまも高視聴率ゆえ、『相棒』のイメージはゼロにはならなかったし、「やっぱり亀山薫時代の『相棒』が面白かったし大好きだった」という声もなくならなかったが、寺脇は存分にやりたい仕事をして、『相棒』に還ってきたのである。 寺脇の復帰で、及川や反町、さらには六角精児、浅利陽介、そして成宮の再登場もあるかもしれない…と『相棒』ファンから早くも期待の声があがっている。なんといっても楽しみなのは、川原和久演じる伊丹憲一が亀山をどう迎えるのかだろう。 そして寺脇には、4代目相棒の反町隆史に抜かれた歴代最長記録を再び抜き返すことにもなりそうだ。2クールの放送が予定されている『相棒 season21』の開始が楽しみでならない。◆山田美保子 『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)などに出演中。CM各賞の審査員も務める。
2022.06.24 07:00
NEWSポストセブン
『ちむどんどん』撮影秘話 “海辺で起きた奇跡”と“お蔵入り水鉄砲シーン”
『ちむどんどん』撮影秘話 “海辺で起きた奇跡”と“お蔵入り水鉄砲シーン”
 4月にスタートした朝ドラ『ちむどんどん』は、沖縄が舞台の物語。5月16日の第6週から、東京編に突入したが、沖縄ロケで撮影された青い海ややんばるの自然豊かな風景も、ドラマの見どころのひとつだ。『純と愛』(2012年)以来となる沖縄を舞台とした朝ドラとあって、撮影地である沖縄の各市町村の人々も協力を惜しまなかった。ロケでは控室として公民館が使われ、地元の人々との交流もあったという。 過去に『ちゅらさん』(2001年)、『ごちそうさん』(2013年)などの作品にも参加してきた制作統括の小林大児さんは、こう話す。「エキストラとして地元のかたがたに出演いただくだけでなく、差し入れをいただくこともあり、ありがたい限りです。『ムーチー』という沖縄の蒸し菓子は、素朴な見た目も相まって大人気でした」「ムーチー」は甘く味付けた餅をサンニン(月桃)という樹木の葉で巻いた沖縄で古くから食べられているお菓子だ。ドラマの舞台裏でも“沖縄の味”が人と人の心をつないでいた。 そんな沖縄ロケでいちばんの悩みの種は天候だ。亜熱帯気候に属する沖縄の天気は変わりやすい。カラッとした快晴が続いたかと思えば、突然スコールのような雨に見舞われる日もあったという。しかし、天候が撮影に味方したこともあった。黒島結菜(25才)演じるヒロイン・暢子が東京へ旅立つ直前に、比嘉家の3姉妹が海辺で水遊びをするシーンだ。 青空の下、波打ち際で歓声を上げながら水を掛け合ってふざける短いカットだが、美しい風景や、姉妹が心から楽しそうにしている表情を覚えている人も多いのではないか。この前半の名シーンで奇跡が起きていたという。「もともとは、3姉妹と仲間由紀恵さん(42才)が演じる母・優子が芝生でピクニックをするシーンでした。ところが、当初は曇りの予定だったのがきれいに晴れて海もキラキラと美しかったことから、撮影当日に急遽ロケ地を海辺に変更したんです。黒島さんたちも大はしゃぎで、忘れられないシーンになりました」(小林さん・以下同)お蔵入りした入浴シーン 比嘉家のお風呂は薪風呂で、誰かが入浴する際にはほかのきょうだいが薪をくべ、何気ない会話が交わされる。時には、面と向かってはしにくい話が切り出されたり、本音があふれたりする印象的なシーンが多い。しかし、お蔵入りになった映像もあるのだとか。定職につかない賢秀(竜星涼)が町でトラブルを起こしたにもかかわらず、ご機嫌でお風呂に入っているシーンだ。「賢秀がご機嫌で『翼をください』を熱唱しているのに対し、外で薪をくべている暢子が不満をぶつけるシーンでのこと。竜星さんがせりふを言い終わった後にアドリブで手で水鉄砲を撃ったところ、それが黒島さんにかかってしまった。現場は笑いに包まれましたが、結局、放送では水鉄砲のところは割愛されました」 現場に響くのは、笑い声だけではない。「物語の中で『椰子の実』を歌い、見事な歌声を披露した上白石萌歌さん(22才)だけでなく、ほかの出演者も、待ち時間にはふと気がつくと歌を口ずさんでいることがあります。スタジオの控室で、誰かが歌い始めた島唄に周囲のみんなが声を乗せ、“昭和の歌声喫茶”のようになったことがありました」 ドラマでも合唱シーンをぜひ見てみたい。※女性セブン2022年6月9日号
2022.05.29 07:00
女性セブン
仲間由紀恵
仲間由紀恵『ちむどんどん』での「兄弟ゲンカの見守り方」は実生活とそっくり
 NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロイン・暢子(黒島結菜)の母・優子役を演じ、好評を博している仲間由紀恵。5月10日放送回では、長兄・賢秀(竜星涼)が詐欺に引っかかったことから、東京行きを夢見ていた暢子の上京資金の目途が立たなくなり、積もり積もった兄への不満が爆発する展開となったが、母・優子を演じる仲間の子供たちを見守る視線はどこまでも温かかった。ベテラン芸能ライターは言う。「暢子が無神経な兄の言動に苛立ちながら、包丁を握り料理を続ける場面では、視聴者も『何か起きてしまうのでは』とそわそわしたはずです。仲間さん演じる優子も心配している様子ではありましたが、2人の間に介入することなく、あくまで見守る立場であることを言葉ではなく目線や仕草だけで伝えていたのが印象的でした。 翌日、姉の良子(川口春奈)と暢子が取っ組み合い寸前になったときはさすがに止めていましたが、子供たちを第一に想う様子がひしひしと伝わってくる。仲間さん自身、2018年に双子を出産した2児の母親であることが、おかあ役にリアリティーを与えているのではないでしょうか」『VERY』5月号WEB版では、実際に仲間が自らの子供たちの兄弟ゲンカについてこう語っている。 〈ケンカはさせておきます。ダメだよとは言いますけど、結局聞かないんです(笑)。ちょっと本気になりそうだな、という時は見守ります。見られている、ということをまず分からせる。だから手に持った物などで叩きそうになったら、いつも叱られているのでこちらをチラッと見てから別の方向へ投げたりしますね。手で叩いたりとか、ちょっと蹴ったりくらいまではまだ見ています。どのくらいの力だと痛いのかということも覚えないと分からないですよね。子どもたちが2人で体感しながら、相手を思いやる気持ちを覚えていけたらいいかなと〉 まさに『ちむどんどん』での兄妹ゲンカを見守る“おかあ”そのものなのだ。子育てという修羅場を経験して「包容力」を身につけたという仲間は、このインタビューで〈育児も仕事も人に助けてもらう、という社会全体の包容力がもっと広がるといいなと思います。包容力が世界を救う、みたいな〉とも語っている。優子役のイメージそのものともいえる。「優子をめぐっては、一部で『子供たちに甘すぎる』『なぜもっと口出ししないのか』といった疑問の声も上がりますが、仲間さんの子供たちを見守るまなざしのリアリティーが、そうした声を凌駕して好評を得ています。 これまでドラマの母親像といえば、『厳しくも温かい』が定番でしたが、社会全体が厳しさを増している中、せめて母親ぐらいは子供たちにとって、ただただ温かく、すべてを受け入れる存在でもいいのではないか。その意味で仲間さんは子育て経験を経て、新しい母親像にチャレンジしているのかもしれません」(同前)
2022.05.11 16:00
NEWSポストセブン
ぱっちりした瞳をのぞかせる仲間由紀恵の姿をキャッチ
仲間由紀恵 故郷が舞台の朝ドラ撮影の合間に会いに行った「煙突掃除人」
 目深にかぶった黒いキャスケットと白いマスクの隙間から、パッチリとした瞳がのぞく。4月下旬の夜、都心にある劇場で、仲間由紀恵(42才)はミュージカルを観劇していた。白いトップスの上に黒いロングカーディガンを羽織り、ペイズリー柄のプリーツスカートといういでたちだ。 仲間は『ちむどんどん』で、黒島結菜(25才)演じるヒロインの暢子をはじめ4人の子供たちに愛情をたっぷり注ぐ、おおらかで優しい「アンマー(沖縄の方言で母親)」である優子を演じている。沖縄の本土復帰50年の節目に放送される作品とあって、沖縄出身の仲間は並々ならぬ思いを持って撮影に臨んだ。「沖縄の海や珊瑚礁の保全活動のPRをしたり、2019年に首里城が焼失したときには、再建のために多額の寄付をして、沖縄に貢献しました。昨年冬に行われた沖縄ロケの際には、実家を訪れたそうです」(NHK関係者) 仲間は2014年に田中哲司(56才)と結婚し、2018年に双子を出産。実生活でも育児に奮闘している。「仕事と育児の両立は大変なようですが、田中さんの協力もあり、充実しているようです。妊活中に田中さんの不倫が報じられ、一時は“家庭内別居”状態とも囁かれましたが、田中さんが心から謝罪して以来、気持ちを入れ替えてすっかりイクメンです。女優業に復帰した仲間さんを支えています」(芸能関係者) 冒頭の夜、仲間が観劇したのはミュージカル『メリー・ポピンズ』だった。魔法を使うメリーと、大道芸人で煙突掃除人のバートがおりなす物語は不朽の名作だ。仲間がMCを務める『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)では、4月9日の放送回で『メリー・ポピンズ』を特集していた。「その関係もあって、劇場に足を運んだのでしょう。仲間さんは朝ドラの撮影もあり多忙です。そんな妻を思いやった田中さんからの“息抜き”のプレゼントだったのかもしれません」(前出・芸能関係者) 観劇後、仲間の手にはパンフレットが大事そうに抱えられていた。隣にいる女性と楽しそうに歓談している様子からは、舞台を心から楽しめたことが伝わってきた。そんな仲間はその日、「少しふっくらした」印象。シルエットを隠すような服装だ。「仲間さんは“食事に気をつけていないと、すぐ太っちゃう”と言っていました。夫の田中さんも同じような体質らしく、夫婦でかなり気を使っているそうです」(テレビ局関係者) 歩く姿は優しい「アンマー」そのものだった。※女性セブン2022年5月12・19日号
2022.04.28 11:00
女性セブン
【動画】仲間由紀恵、朝ドラ沖縄ロケの合間に実家へ 強まる故郷愛
【動画】仲間由紀恵、朝ドラ沖縄ロケの合間に実家へ 強まる故郷愛
 NHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインの母親・優子を演じる仲間由紀恵さん。 忙しいロケの合間を縫って、撮影場所から車で2時間近くかかる沖縄の実家に駆け付けていました。 31才のとき、沖縄の歴史を描いたドラマ『テンペスト』に出演したことを機に改めて沖縄愛が強くなったという仲間さん。 芸能関係者は「その時期から、沖縄の海やサンゴ礁の保全活動のPRをしたりと、環境問題にも取り組んできました。時間を見つけては沖縄に帰り、家族と触れ合うことも増えたそうです」と明かしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.04.22 07:00
NEWSポストセブン
仲間由紀恵の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという(時事通信フォト)
『ちむどんどん』仲間由紀恵を表敬訪問した“鎌倉殿の2人”にスタジオどよめき
 4月11日にスタートしたNHKの朝ドラ『ちむどんどん』。初回から世帯平均視聴率は16.7%と前作『カムカムエヴリバディ』の初回を上回る好調な滑り出しとなった。 なかでも注目を集めるのが、ヒロイン・黒島結菜(25)の母親として約3年ぶりのドラマ出演となる仲間由紀恵(42)である。 沖縄本土復帰50周年に合わせて制作されたこのドラマは米国統治下の沖縄が舞台。沖縄出身の彼女はこのドラマに並々ならぬ熱意で臨んでいるという。「彼女は撮影入りする前に、返還前の沖縄について書かれた本を読み込み、さらに当時を知る人々に聞き込みを重ねるなど、入念な準備をしたそうです。すでにドラマで明らかになった通り、彼女の演じる母親は壮絶な戦争体験を経て、戦後を力強く生きている。沖縄出身として、その歴史を含めてしっかり伝えていきたいという覚悟を感じます」(NHK関係者) そんな仲間の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという。「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演中の小栗旬さん(39)と山本耕史さん(45)です。実は『鎌倉殿』と『ちむどんどん』の撮影スタジオは隣同士なんです。廊下で顔見知りの役者同士は挨拶を交わしますが、大物たちが行き交うなか、若手は『紹介もされていないのに挨拶していいのか。でも見ないふりもどうなのか……』とやきもきしていた。その雰囲気を変えるため、2人が旧知の仲間さんの元を訪れ、現場をリラックスさせたそうです。 小栗さんたちは撮影中のため直垂姿。やんばるの民家に突如、時空を超えて出現した鎌倉武士にスタジオはどよめいたといいます」(同前) 仲間と小栗といえば、2002年、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)で共演。仲間演じる熱血教師と不良生徒たちとの交流を描いた同作で、若手時代の小栗は金髪に学ラン姿で仲間に反発する教え子を演じた。「小栗さんはドラマ終了後も仲間さんを『先生』と慕っており、現在でも小栗さんが自宅に設置した稽古場兼トレーニングルームに仲間さんが夫婦で通うなど、家族ぐるみの交流があるそうです」(スポーツ紙芸能デスク) NHKに聞くと、「出演者同士であいさつをされる場合もあるようですが、撮影場所等、制作過程に関することはお答えしていません」(広報局)とのこと。 恩師の元を訪ねた教え子との絆に「ちむどんどん」だ。※週刊ポスト2022年4月29日号
2022.04.20 06:00
週刊ポスト
(時事通信フォト)
仲間由紀恵、朝ドラロケで故郷・沖縄へ 同郷の黒島結菜とも意気投合
 4月11日にスタートしたNHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』は、2001年の『ちゅらさん』以来、21年ぶりに沖縄がメインの舞台となる朝ドラ。ヒロインの比嘉暢子(黒島結菜)、母親役の優子(仲間由紀恵)は共に沖縄出身だ。 仲間は沖縄県浦添市出身で、15才でスカウトされて単身上京し、『トリック』(テレビ朝日系)や『ごくせん』(日本テレビ系)などのドラマで大ブレーク。その後は話題作に欠かせない国民的な女優となった。プライベートでは2014年9月に俳優の田中哲司(56才)と結婚し、2018年6月に双子を出産。妊活中に田中の不倫騒動が報じられて夫婦の危機が心配されたが、現在は関係を修復し、手を取り合って子育てに励んでいるようだ。「仲間さんには双子を芸能人の子としてではなく、普通の子として育てたい気持ちがあるようです。仕事先に子供を連れていくよりも保育園に預けて、ほかの子供たちと遊ぶ時間を大切にしています。 夫の田中さんはかなりのイクメン。離乳食を食べさせたり、おむつを替えたりして、双子の面倒をひとりでみたこともありました。いまでは、“主夫にもなれる”というほどのパパぶりだそうです」(仲間の知人) 仲間が演じる優子は、彼女にとって初めての沖縄の「アンマー(沖縄の方言で母親)」役だ。沖縄の本土復帰50年に合わせて制作されるこのドラマは、4人きょうだいの次女であるヒロインが料理人になる夢をかなえるために日々奮闘する姿を描く。タイトルの「ちむどんどん」とは「胸がドキドキ」という意味の沖縄の方言だ。「昨年の9月中旬にNHKのスタジオで撮影が始まりました。ドラマの内容的に料理のシーンが多く、常においしそうなにおいが漂う現場になっています。仲間さんは同じ沖縄出身の黒島さんをすごくかわいがっていて、撮影の合間に雑談をして盛り上がっていますね。 仲間さんの夫役の大森南朋さん(50才)や娘役の上白石萌歌さん(22才)が待ち時間に三線を練習していると、仲間さんがわざわざ楽屋から出てきて、三線を聞きながら唄を口ずさむこともあるそうです。仲間さんの撮影現場には何度かお邪魔しましたが、今回のドラマがいちばんニコニコしている印象です」(テレビ誌記者) ちなみにNHKの隣のスタジオでは、今期の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を撮影しているという。「過去に『ごくせん』など仲間さんとドラマで共演した小栗旬さん(39才)や山本耕史さん(45才)が撮影の合間に仲間さんのもとを訪れ、旧交を温めていました。仲間さんが橋渡しになっていて、大河と朝ドラの役者交流もみられます」(NHK関係者) スタジオを飛び出し、沖縄ロケが行われたのは昨年の11〜12月。撮影場所はドラマの舞台でもある本島北部のやんばる地域だった。「アメリカ統治時代の沖縄という設定で、劇中に登場するバスはアメリカから輸入して、半年かけて改造しました。アスファルトの一本道には砂利を敷き詰めるなど、時代設定に合うように細かい演出をしています。昨年8月の小笠原諸島付近にある海底火山『福徳岡ノ場』の噴火で生じたとみられる軽石がロケ先の海辺を埋め尽くすハプニングもありましたが、スタッフや地元のかたが一致団結して撤去しました」(前出・NHK関係者) 仲間は撮影の合間に自然豊かな景色を見たり、地元住民と話してリフレッシュしたという。タイトル通り、胸がドキドキする時間が続きそうだ。※女性セブン2022年4月28日号
2022.04.16 16:00
女性セブン
(時事通信フォト)
仲間由紀恵、強まる故郷への愛 沖縄で暮らす両親や祖父母との“約束”
 青い海に真っ白なビーチ、広い空、どこまでも広がるサトウキビ畑。美しい景色の宝庫である「美ら島」で育った仲間由紀恵は現在、尊敬する「沖縄の母」を初めて演じている。そのロケ先で彼女がとった行動とは──。「ひ孫が2才のとき、会いに来てくれたね。旦那さんも一緒に4人でね。旦那さんはいい男だよぉ」 そう笑顔を見せるのは、沖縄・伊良部島に住む仲間由紀恵(42才)のおばあだ。東京・羽田空港から沖縄・宮古空港までおよそ3時間。そこから3kmを超える長大な伊良部大橋を渡ると伊良部島に到着する。人口約5000人の小さな島はかつお漁が盛んだ。その島に住む父方のおばあのもとを幼い双子を連れた仲間が訪れたのは、約2年前だったという。「その前年の6月にも、由紀恵ちゃんは伊良部島を訪れたそうで、おじいとおばあはとても喜んでいました。由紀恵ちゃんは小さな頃からこの島が大好きで、おじい、おばあの家を訪れて走り回っていましたからね。わが子を連れてくることができてうれしかったでしょうね」(近隣住民) 4月11日にスタートしたNHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』で、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の母親・優子を演じる仲間。忙しいロケの合間を縫って、強行軍で駆けつけたのは、撮影場所から車で2時間近くかかる沖縄の実家だった。「その時期はドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の撮影とも重なって大変そうでしたが、忙しいスケジュールの合間を縫って実家に帰ったそうです。子供たちは東京に置いてきたので、ひとりでの帰省でした。 今回のドラマで仲間さんは4人きょうだいの母親役を演じていますが、実際に仲間さんは5人きょうだいの末っ子として育ちました。役を演じ、幼い頃の自分やきょうだいを思い出して親への感謝の気持ちが強くなったから、少しでも顔が見たくなったのでしょう。お父さんは仕事の関係で不在が続いていたようで、ほとんどお母さんひとりの力で5人の子供を育てたそうです。仲間さんはそんな母親を尊敬しています」(NHK関係者) 15才で生まれ故郷を離れた仲間は31才のとき、沖縄の歴史を描いたドラマ『テンペスト』(NHK)に主演したことをきっかけに、改めて沖縄愛が強くなったようだ。「その時期から、沖縄の海やサンゴ礁の保全活動のPRをしたりと、環境問題にも取り組んできました。時間を見つけては沖縄に帰り、家族と触れ合うことも増えたそうです。2019年10月に沖縄の首里城が焼失した際は、再建のために多額の寄付をしたといわれています。仲間さんにとって沖縄は故郷というだけでなく、彼女自身のアイデンティティーといえるのかもしれません」(芸能関係者) とりわけ思いを寄せるのが、おじいとおばあだという。冒頭のように、仲間は祖父母のもとを家族とともに訪れている。「沖縄にいる仲間さんの祖父母の世代は、みんなつらい戦争を経験しています。戦後も過酷な経験をしながら、両親を育ててくれた祖父母を仲間さんは尊敬し、大事にしています。“おばあ、台風だけど大丈夫?”“おじい、体調大丈夫?”とよく電話もしていました。 8年前の朝ドラ『花子とアン』に出演していた頃も、仲間さんは忙しい合間を縫って、体調が悪くなった母方のおじいさんのもとに帰省したほど。 ただ、そのおじいさんは仲間さんが出産する前に亡くなり、ひ孫の顔を見せられなかった。そういう心残りもあって、父方の祖父母にはどうしても子供を会わせたいとの思いが強かったそうです。それは自分のなかで“約束”にも近いものだったのでしょうね。だから出産後すぐに双子を連れて、伊良部島を訪れたのでしょう」(前出・仲間の知人) 今回の朝ドラについて、仲間は『ESSE』5月号のインタビューでこう語っている。《沖縄の復帰50年という節目に放送される作品ですし、沖縄は私のふるさと。お話をいただいたときは、とてもご縁を感じてうれしかったですね。(中略)兄妹役の子どもたちが本当にかわいくて、現場では学校のような、家庭のような、和気あいあいとした空気が流れていて…。とても幸せな時間を過ごしています》 タイトルの「ちむどんどん」とは「胸がドキドキ」という意味の沖縄の方言。仲間にとって「胸がドキドキ」する日々が続きそうだ。※女性セブン2022年4月28日号
2022.04.15 11:00
女性セブン
反町隆史
『相棒』難航する反町の後任選び 仲間由紀恵か、向井理か、「町田啓太説」も
 過去最長7年もの間、水谷豊(69才)の「4代目相棒」を務め、相棒としての歴代最多出演を果たした反町隆史(48才)が3月23日放送の『相棒Season20』(テレビ朝日系)を最後に、ドラマから卒業した。反町の卒業にドラマファンは悲しみの声を上げる一方、早くも後任者が誰になるのかが注目されている。テレビ朝日関係者が声をひそめて言う。「人選は難航しているようです。その理由は2つある。1つは水谷さんが70才を区切りに『相棒』を卒業するのではないかということ。その年齢になるのが今年7月です。 2つめはテレ朝が若者向けの番組制作にシフトしたこと。長寿番組である『科捜研の女』などが放送された『木曜ミステリー』の枠を秋までに終わらせるなど改革を進めており、『相棒』もその波には逆らえないのではないかと囁かれています」 次の相棒は水谷の「ラストバディ」になる可能性があり、2人の相性や物語との整合性、最後にふさわしい名前かどうかなどハードルが上がっているという。実際、テレビ朝日の早河洋会長は2月の会見でこう話している。「新しい相棒を探すというのは慎重かつ、丁寧にやらなければいけないと思っています。水谷さんの意見も尊重していきたい。もう少し時間をいただけたら」 その発言が憶測を呼んだのか相棒探しの報道は過熱。福士蒼汰(28才)や松坂桃李(33才)、中村倫也(35才)、田中圭(37才)、松田龍平(38才)、森田剛(43才)、稲垣吾郎(48才)ら実力者の名前が報じられた。「知名度や演技力はもちろんですが、大事なのは長期撮影のスケジュールを確保できること。『相棒』は例年10月から翌年3月まで放送されるため、撮影期間はだいたい8月から7か月間にも及びます」(番組関係者) 条件はそれだけではない。芸能関係者が言う。「結婚していることも大事かもしれません。水谷さんは反町さんと相棒を組んでから家族ぐるみのつきあいをしてきました。撮影が長期間に及ぶため、役同様にプライベートでも相棒になれるかが重要になりそうです」 そこで有力視されたのが、向井理(40才)だという。 「水谷さんの奥さんの伊藤蘭さん(67才)が向井さんと舞台『悼む人』(2012年)で共演した際、“こんな息子がいたらうれしい”と口にしていました。水谷さんは奥さんを信頼しているので、高評価なはずです。向井さんの奥さんは女優の国仲涼子さん(42才)ですから、芸能界のつきあいも上手でしょう」(前出・芸能関係者) しかし、向井には懸念点がある。「向井さんは9月末まで舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の予定が入っており、時間的に厳しいかもしれません」(前出・番組関係者)“ラストパートナー”として、初の女性相棒が誕生する可能性もあるという。「長年、相棒役を噂されている仲間由紀恵さん(42才)です。内閣情報官としてすでにドラマに出演し、現場の雰囲気もわかっています。仲間さんも結婚しており、家族ぐるみのつきあいも可能です」(前出・芸能関係者)「いやいや、私はこの人が最有力だ」と力説するのは、ある芸能リポーターだ。「町田啓太さん(31才)です。町田さんは、今年6月に公開される、水谷さんが監督を務めた映画『太陽とボレロ』に出演します。その際、水谷さんは町田さんを“若手の中でも勢いがあり、感性のすばらしさに注目していました”“センスが作品の中で光っている”と絶賛していました。町田さんなら、若返りを図りたいテレ朝の思惑とも一致するはずです」 7年前、相棒が反町だと発表されたのは撮影直前の7月だった。「キャスティング戦争」はまだ続きそうだ。※女性セブン2022年4月7・14日号
2022.03.24 19:00
女性セブン
年の差婚の芸能人25選。びっくり!実は10歳以上も離れているカップル
年の差婚の芸能人25選。びっくり!実は10歳以上も離れているカップル
最近芸能界や身近でもよく見かける年の差婚カップル。「年の差婚」の明確な定義はないのですが、10歳以上離れていると「随分年の差あるよね」と思いませんか。そこで今回は、10歳以上年が離れている「年の差婚芸能人」をリサーチ。愛があれば年の差なんて…関係ないですよね!【年の差10~12歳】年の差婚芸能人まずは年の差が10歳~12歳のご夫婦。生田斗真さん・清野菜名さん 10歳差2015年に共演したドラマがきっかけで交際がスタートした生田さんと清野さん。2020年に結婚しましたが、当時生田さんが35歳、清野さんが25歳で10歳差の年の差婚。生田さんがとても若く見えるので、10歳も離れているように見えませんね。 この投稿をInstagramで見る 清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿東山紀之さん・木村佳乃さん 10歳差舞台での共演を経て、2010年に結婚した東山さん木村さん夫婦も10歳差。東山さんのどこが好きか問われると「甘くないところ」と答えた木村さん。東山さんのストイックなところにひかれたようです。2021年で55歳になる東山さんですが、毎日トレーニングをしているので体力は全く衰えてなさそうですね!和田唱さん・上野樹里さん 10歳差トライセラトップスのボーカル和田唱さんと女優の上野樹里さんは、2016年に結婚。当時和田さんが40歳、樹里さんが30歳。和田さんはバンドマンなだけあってとても若々しく、ツーショットを見ても年の差はあまり感じませんね。某テレビ番組で樹里さんが「初めて買ったCDはトライセラトップス」と答えたことから交友関係が始まったそうです。そこから結婚に至るなんてとてもロマンチック!ちなみに姑の平野レミさんと樹里さんは仲良しだとか。 この投稿をInstagramで見る 上野樹里(@_juri_art_)がシェアした投稿有吉弘行さん・夏目三久さん 10歳差2021年電撃結婚を発表したのは、有吉弘行さんと元アナウンサーの夏目三久さん。番組で共演してから10年、数年前からお付き合いしているという噂はありましたが、有吉さん46歳、夏目さん36歳で無事ゴールイン。有吉さんは山あり谷ありの人生でしたから、夏目さんと穏やかに幸せになってほしいですね。ご報告です。 pic.twitter.com/EOogKrDBfN— 有吉弘行 (@ariyoshihiroiki) April 2, 2021 オダギリジョーさん・香椎由宇さん 11歳差映画の共演がきっかけで2007年に結婚したオダギリジョーさんと香椎由宇さん。当時オダギリさんは31歳、香椎さんはなんと20歳。若干20歳で結婚を決意した香椎さんはすごいですね。お二人の誕生日はともに2月16日で、血液型もO型。運命的な出会いを感じたとか。子育てもひと段落し、香椎さんは少しずつ仕事を再開しているようです。染谷将太さん・菊地凛子さん 11歳差俳優染谷将太さんと女優菊地凛子さんは11歳差の年の差婚カップル。2015年の結婚当時、染谷さん22歳、菊池さん33歳の姉さん女房です。最初は染谷さんの一目ぼれが始まりだったとか。一目ぼれに年齢は関係ありませんね。2016年、2019年と二人のお子さんも生まれ、染谷さんは若いパパになりました。早乙女友貴さん・島袋寛子さん 12歳差元SPEEDの島袋寛子さんと、舞台俳優の早乙女友貴さんは12歳差夫婦。島袋さんが32歳、早乙女さんが20歳のときに結婚しました。この夫婦も島袋さんの方が年上となります。男性が20歳で結婚を決めるとは、よっぽど島袋さんが魅力的な女性なのでしょう!ちなみに実の兄である早乙女太一さんは、6歳上の西山茉希さんと結婚していました。(現在は離婚)兄弟そろって年上が好きなのかな? この投稿をInstagramで見る 島袋寛子 Hiroko Shimabukuro(@hiroko.shimabukuro)がシェアした投稿山本耕史さん・堀北真希さん 12歳差交際0日婚が話題になった山本耕史さんと堀北真希さんは、12歳差の年の差婚をしています。初めて共演してから堀北さんに好意を寄せていた山本さんですが、猛アタックするも撃沈。最終的に山本さんは「交際じゃなくて結婚しよう」と指輪を渡したそう。そして山本さんの念願かなって、2015年に結婚。なんと結婚後に初デートをしたとか。出産を経て、堀北さんは2017年に芸能界を引退しています。二人のお子さんにも恵まれて今も幸せそうですね。【年の差13~19歳】年の差婚芸能人次は13歳~19歳の年の、芸能人差婚カップルをご紹介しましょう。福山雅治さん・吹石一恵さん 13歳差多くの女性ファンがいる福山雅治さんは、2015年女優の吹石一恵さんと結婚。福山さんは当時46歳で、13歳差の年の差婚でした。この結婚で福山ロスを訴える女性が多発。「福山ショック」と呼ばれるほどに。2016年には第一子が生まれ、福山さんはパパになりました。妻の吹石さんは結婚されてから仕事をセーブし、家族との時間を大切にしているようです。田中哲司さん・仲間由紀恵さん 14歳差2014年に電撃婚を発表した俳優の田中哲司さんと仲間由紀恵さん。交際している噂がなかったので、大きなニュースになりました。2018年には双子が生まれ、仲間さんは大忙し。夜中の3時に起きて自分の時間を確保しているとか。2017年には田中さんに不倫報道もありましたが、現在は子育てに奮闘するよきパパのようですね。渡部健さん・佐々木希さん 15歳差芸人の渡部健さんと女優の佐々木望さんは15歳差の年の差婚。2017年に結婚し、2018年には第一子が誕生しています。芸能界トップクラスの美女を奥さんにして、子宝にも恵まれ世間から羨望のまなざしを向けられていた渡部さんでしたが…あの不倫報道から、いまだに世間からの風当たりは激強。これからはわが子に恥じない人生を送ってほしいですね。阿部寛さん・一般人女性 15歳差ドラマ「結婚できない男」が好評だった俳優の阿部寛さんは、2008年に15歳下の一般人女性と年の差婚をしています。当時阿部さんは43歳。2011年、2012年に子どもが生まれて、46歳でパパになりました。ドラゴン桜では熱心な教師役をしている阿部さんですが、私生活でも教育に力をいれているそう。子育ての先輩である市村正親さんに、小学校受験についてアドバイスをもらったとか。小学校のPTAにも積極的に参加しているようで、とてもよいパパですね。HIROさん・上戸彩さん 16歳差元EXILEのHIROさんと女優の上戸彩さんは2012年、上戸さんの誕生日である9月14日に結婚。HIROさんは43歳、上戸さんは27歳で、年齢差16歳に驚きました。上戸さんのお母さんはシングルマザーなので、父親のような包容力のある男性にひかれたのかもしれませんね。2015年と2019年にはお子さんが誕生。いつまでも若いと思っていた上戸さんが二児のママとは、時間が経つのが早いです。西島秀俊さん・一般女性 16歳差独身俳優最後の砦といわれた西島秀俊さんは、2014年に16歳年下の一般人女性と結婚。西島さんと言えば、独身時代に語った「妻に求める7カ条」が厳しすぎる!と話題になりました。どんな内容かというと、「メールの返信がなくてもOK」「1カ月半会話がなくても我慢する」などなど。そんな西島さんと結婚した女性は「プロ彼女」と呼ばれていました。2016年、2018年と男の子が生まれ、すっかり父親になった西島さんですが、女性ファンからの人気は健在のようです。佐橋佳幸さん・松たか子さん 16歳差女優の松たか子さんは、音楽活動を通じて知り合った16歳年上のギタリスト佐橋佳幸さんと2007年に結婚。当初、松さんの父親松本白鸚さんはその年齢差から結婚に反対していたそう。しかし結婚8年目に待望の女の子が誕生して、今は孫がかわいくて仕方のないようすです。松さんは大きくなった娘さんに「ママはエルサなんでしょ?」と聞かれたこともあるとか。ママがエルサなんてお子さんはうれしいですね。濱口優さん・南明奈さん 18歳差2018年に結婚したよゐこの濱口優さんとタレントの南明奈さんは、18歳差の年の差婚。南さんのお母さんと濱口さんは2歳しか違いません。(お母さんお若いですね!)連絡先を交換しなよと勧めた恋のキューピットは、なんと出川哲朗さんだとか。濱口さんは交際を申し込んでは断られ、プロポーズしても断られ、やっと思いが通じて結婚に至ったようです。お幸せに! この投稿をInstagramで見る 濱口優????(@hamaguchi_masaru)がシェアした投稿大森南朋さん・小野ゆり子さん 18歳差個性派俳優の大森南朋さんは、女優小野ゆり子さんと2012年に結婚。当時大森さん40歳、小野さん22歳で18歳差の年の差婚。2019年に第一子が生まれ、大森さんは47歳でパパになりました。2020年に放送されたドラマ「私の家政婦ナギサさん」では家事が得意な男性を演じていましたが、私生活でも育児に奮闘しているそうですよ。JUONさん(FUZZY CONTROL)・吉田美和さん 19歳差ドリカムの吉田美和さんは、19歳年下のバンドのボーカリストJUONさんと2012年に結婚。当時吉田さん46歳、JUONさん27歳。女性が19歳も年上の年の差婚は少し珍しいですね。報道によると、JUONさんが吉田家の婿養子になったそう。JUONさんの母親は歌手のりりぃさんで、吉田さんの13歳上。同業者ということもあり、お二人は姉妹のように仲がよかったとか。2016年にりりぃさんが病気で亡くなるまで、吉田さんとJUONさんは献身的に看病していたそうです。【年の差20~29歳】年の差婚芸能人親子でもおかしくない!?一般人ではなかなかこれほどの年の差夫婦はお目にかかれませんが、芸能人の特権といえるのではないでしょうか。年の差20歳~29歳の年の差婚カップルをみていきましょう。武田真治さん・静まなみさん 22歳差筋肉体操で人気急上昇の武田真治さんは、2020年に歯科衛生士でありモデルの静まなみさんと結婚。武田さん47歳、静さん25歳で、年の差22歳!出会いは歯医者で、趣味が合う二人はすぐに仲良くなったそう。幸せすぎて、ますます筋肉に磨きがかかりそうですね。 この投稿をInstagramで見る 武田 真治(@shinji.takeda)がシェアした投稿石田純一さん・東尾理子さん 22歳差2009年にプロゴルファーの東尾理子さんと結婚した石田純一さん。その年齢差は22歳で、石田さんと東尾さんの父(東尾修さん)とは4歳しか違わないそう。理子さんの尻にひかれている印象がある石田さん、22歳差とは驚きですね。結婚後は不妊治療を公表していましたが、2012年、2015年、2017年に出産し現在は3児に恵まれています。石田さんは孫も2018年に生まれて、わが子と孫はほぼ同い年!Mr.しゃちほこさん・みはるさん 23歳差年の差婚にしてはめずらしく、女性がかなり年上のカップル。ミスチル桜井さんや和田アキ子さんの物まねで人気のしゃちほこさんと、中島みゆきさんの物まねを得意とするみはるさんは、2018年に結婚。当時しゃちほこさん25歳、みはるさん48歳で、年の差はなんと23歳。結婚の話が出た時、しゃちほこさんのご両親は「稼ぎの少ないお前にみはるさんを支えられるのか」と反対したそう。しかししゃちほこさんはバイトを辞め、一年間必死オーディションを受け続けて今のような売れっ子になったとか。下積み時代を支えたみはるさんをずっと大切にしてくださいね。城島茂さん・菊池梨沙さん 24歳差TOKIOの城島茂さんは、2019年に24歳下のタレント菊池理沙さんと結婚しました。城島さん48歳、菊池さん24歳で、年の差はダブルスコア。さらに菊池さんのお母さんは城島さんより5歳も下だとか。うーん、お母さんも複雑な心境ですよね。結婚会見で城島さんは「年の差をあまり感じたことがない。だから結婚したいと思えたのかな」と語っています。2020年2月には第一子の男の子が誕生。城島さんは49歳でパパになりました。子どもが成人するまでアイドルとして活躍してほしいですね。いしだ壱成さん・飯村貴子さん 24歳差父親の石田純一さんに続き、息子のいしだ壱成さんも年の差婚。2018年の結婚当時壱成さんは43歳、飯村さんは19歳でなんと妊娠していました。付き合い出したのが前妻との離婚成立前ということで、世間からかなりバッシングを受けていましたね。会見で壱成さんはこの結婚を「来るべくして来た婚」と名付け、「年齢に関係なく、やっと出会えたという感じがしている」と語っています。壱成さんには2度の離婚歴や、モラハラ疑惑があるので、今回は穏やかな結婚生活が送れるといいですね。【年の差30歳以上】年の差婚芸能人二人で歩いていると孫と思われることも??年齢差30歳以上の年の差婚カップルをご紹介します。山寺宏一さん・岡田ロビン翔子さん 31歳差還暦一歩手前で、28歳のタレント岡田ロビン翔子さんと結婚したのが、声優の山寺宏一さん。その年の差なんと31歳というから驚き…!親子以上の年の差です。ちなみに山寺さんは今回で3回目の結婚。1番目の奥さんとは2歳差、2番目の奥さんとは17歳差、そして今回は31歳差。どんどん年下になっています。今回は最後まで添い遂げられるといいですね。ご報告があります pic.twitter.com/dyEYGl7wij— 山寺宏一 (@yamachanoha) August 3, 2018 加藤茶さん・加藤綾菜さん 45歳差最後は加藤茶さんご夫婦で、その年の差は45歳!孫でもおかしくない年齢差です。結婚した当初は「財産目的ではないのか」と世間からバッシングされていましたが、2021年で結婚10周年を迎えました。妻の綾菜さんは介護の資格や生活習慣病予防アドバイザーの資格を取得し、現在では司法書士の資格も目指しているそうです。周りからなんと言われようと、現在でも仲の良いご夫婦ですね。 この投稿をInstagramで見る 加藤綾菜(@katoayana0412)がシェアした投稿番外編:離婚した年の差婚芸能人年の差婚をしたけれど、残念ながら離婚に至ったご夫婦もいます。最後に、離婚してしまった年の差婚芸能人を離婚理由とともにみてみましょう。市村正親さん・篠原涼子さん 24歳差2005年に結婚した二人の年齢差は24歳。市村さんは再婚でしたが、結婚会見で「彼女は神様からの贈り物」とのろけていましたね。2児の男の子を授かりましたが、2021年に電撃離婚。離婚の理由はコロナ禍による生活環境の変化といい、二人の息子さんは市村さんと生活を続けています。離婚後、篠原さんは年下芸能人の方と恋の噂がささやかれていましたが、真相やいかに??すでに70代の市村さんと女盛りの篠原さん。おしどり夫婦と言われていた夫婦でも長く結婚生活を続けていくとお互い心境の変化があるのかもしれませんね。磯野貴理子さん・一般人男性 24歳差 タレントの磯野貴理子さんは2012年に24歳下の一般人男性と結婚するも、7年後に離婚しています。離婚理由を「夫に自分の子どもが欲しくなったといわれた」と番組内で語った磯野さん。離婚時、磯野さんは55歳で簡単には子どもを望めない年齢でした。磯野さんはそれを受け止めて、円満離婚をしたそうです。結婚当時も磯野さんは48歳だったワケですから、相手の男性はすべてを承知の上で結婚したように思えましたが…。夫婦の問題は当事者じゃないと分かりませんね。高橋ジョージさん・三船美佳さん24歳差お二人が結婚したのは、高橋ジョージさんが40歳、三船美佳さんが16歳の誕生日を迎えた当日。三船さんはまだ高校生でした。(美佳さんが中学生のときから付き合っていた計算?)その後、2004年には長女が誕生するも、2015年高橋さんのモラハラを理由に、美佳さんが離婚を求める裁判を起こしています。そして2016年には離婚が成立。その後美佳さんは2019年、3歳年上の美容師と再婚。2020年には次女を出産し、16歳の長女に祝福されながら、新しい生活を始めています。 この投稿をInstagramで見る ???? Mika Mifune ???? 三船 美佳 ????(@mikamifune_official)がシェアした投稿おわりに芸能人の年の差婚カップルはたくさんいましたね。年の差婚は離婚率が高いと聞きますが、多くのご夫婦はとても幸せそう。ちなみに「結婚するなら何歳上までOK」というあるアンケートによると、11歳以上でもOKと答えたのは男性2.7%、女性5.9%とかなり少数。今は共働きが当たり前の時代。年齢が離れている夫婦よりお友だち感覚の夫婦の方が子育て、家事などもやりやすいイメージですよね。引用:パートナーエージェント※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。
2021.09.09 10:00
たまGoo!
中居、香取、高橋一生、仲間由紀恵も? 寄付で褒章を受けた芸能人
中居、香取、高橋一生、仲間由紀恵も? 寄付で褒章を受けた芸能人
 思わぬところに、2人の名前を見つけた。国の機関紙である「官報」の片隅に、小さい文字だが、ちゃんと並んでいる。元SMAPの中居正広(48才)と香取慎吾(44才)が、紺綬褒章を受け取ったのだ。紺綬褒章は、国や地方公共団体、公益団体などに私財を500万円以上寄付した人を顕彰する国の制度。受章の際は褒章(メダル)が授与され、1500万円以上の寄付をした中居の場合、賞杯として「漆塗りの木製の杯」も授与される 中居や香取と同じタイミングで紺綬褒章を受章していた芸能人がほかにもいる。その1人が高橋一生(40才)だ。現在、主演ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)が絶好調だが、高橋もコロナによって苦しい日々を過ごした。 昨年2月、主演舞台『天保十二年のシェイクスピア』が新型コロナの影響で千秋楽を前に公演中止。最後となった公演では、観客に「娯楽というものが世の中からなくなってしまったら、きっと皆さんの心は、お芝居をさせていただいているぼくらも含め、『豊かな心』がどんどん失われていってしまうと思います」と心境を語った。「それだけに『状況を何とかしなければ』という思いが強く、それが寄付につながったのかもしれません。ただ、彼が紺綬褒章を受章したと知って驚いた関係者は多い。高橋さんがチャリティーをやっているというのをこれまで聞いたことがなかった。でも、弟の学費などを支援してきた高橋さんは、経済的に困窮することの苦しさをよく知っています。コロナ禍で苦しんでいる人のために手を差し伸べたいと考えたのでしょう」(芸能関係者) さらに、今回の紺綬褒章受章者の中には「田中由紀恵」という名があった。これは、仲間由紀恵(41才)の本名で、彼女も受章したのではないかといわれている。「仲間さんは、2019年10月に焼失した沖縄・首里城の再建資金を寄付したといわれています。沖縄出身の仲間さんは、地元への愛がとても強い。首里城は仲間さんが育った浦添市の高台からも見え、その王宮は彼女にとっての原風景でもあります。 また、琉球王国を舞台とした主演ドラマ『テンペスト』(NHK BS)でもロケを行うなど、仲間さんにとって思い出深い場所なので、寄付していたとしてもおかしくないでしょう」(前出・テレビ局関係者) 今回の受章には褒章以上に輝く、芸能人たちの素顔があった。※女性セブン2021年3月4日号
2021.02.20 11:00
女性セブン
『24』で総理候補演じる仲間由紀恵「40代は一歩踏み込んで」
『24』で総理候補演じる仲間由紀恵「40代は一歩踏み込んで」
 米ドラマ『24』のリメイク『24 JAPAN』(テレビ朝日系)に出演する仲間由紀恵。“日本初の女性総理候補”が誕生するまでの24時間を描写する日本版でキーパーソンとなる総理候補・朝倉麗を演じている。 麗は政治家生命を揺るがす家族のある「秘密」を知り、親として政治家としてどうあるべきか葛藤する。「自分が家族に隠し事をするよりも家族の秘密を知らなかったショックは大きいと思います。麗はその問題にまっすぐ取り組みますが、果たして自分にできるかどうか。家族の問題を受け入れたいと思いながら、私の場合は理解し合うまで相当時間がかかってしまうかもしれません。 先日はわが子を思っての行動を彼らに素直に受け入れてもらえないシーンを撮影して、とても切なかった。嫌われてもいいと思えるほどの強い愛情が親にはあると自分も母になって痛感しています」 一方で麗の好物のアップルパイを娘が焼くシーンもあり、家族愛も描かれる。「私も家族にはなるべく旬のものを出したいとネットでレシピを検索したりしています。先日は松茸ごはんに初挑戦しました。カナダ産、中国産、国産のお値段の違いにどうしようかと迷いましたが、あまり料理に自信がないので素材に助けてもらおうと奮発して国産に(笑い)。みんなが食べてくれて『よかったぁ』って」 40代に入り、女優としても25年の節目を迎えた。「20~30代は初めての挑戦も多く悩みながら恐る恐る進んできましたが、40代はこれまでの経験を支えに一歩踏み込んでお芝居を楽しんでいきたい。強い女性への憧れというか、自分の中で何か変化を求め始めている今、麗の強さは私にとってすごく刺激的です」 40代の未来に新しい自分と出会いたいと、麗という役柄に想いを込めた。【プロフィール】仲間由紀恵(なかま・ゆきえ)/1979年10月30日生まれ、沖縄県出身。95年、女優デビュー。ドラマ『TRICK』『ごくせん』などシリーズ化された人気作で主演を務めた他、舞台、CM、『MUSIC FAIR』司会など幅広い分野で活躍する。放送中のドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系)で物語の鍵を握る日本初の女性総理候補・朝倉麗を演じる。◆撮影/藤岡雅樹 取材・文/渡部美也 ※週刊ポスト2020年10月30日号
2020.10.23 11:00
週刊ポスト
『24 JAPAN』、ジャックのあの名言は登場するか?Pに聞いた
『24 JAPAN』、ジャックのあの名言は登場するか?Pに聞いた
 大ヒット海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』が、テレビ朝日開局60周年記念ドラマ『24 JAPAN』(毎週金曜午後11時15分~※一部地域を除く)として日本で初リメイク。一世を風靡したドラマの日本版とあって、大きな反響を呼んでいる。 本家『24』の主人公、ジャック・バウアーといえば、「本当にすまないと思っている」などの“名言”がおなじみだが、日本版ではこの台詞は登場するのだろうか? また、オリジナルドラマの再現度はどれくらい意識したのか。テレビ朝日の神田エミイ亜希子プロデューサーに、話を聞いた。池内博之は目力がトニーっぽい ネットではCTU(テロ対策ユニット)のセットの再現性の高さが話題となっている。「CTUのセットについては原作を意識しています。でも話のベースにしているシーズン1は約20年前につくられたものなので、オリジナルをそのままにするとパソコンや通信機器が古くなるため、現代風に変えています。 ただ、班長の部屋が2階にあることは、『24』ファンのみなさんに刷り込まれていると思いますので、オリジナルのままにしました。2階であることは、横だけではなく縦にも空間を有効利用できますし、視線での芝居もできる。あえて原作を再現しようと思ったわけではないのですが、原作が持っている良さを取り入れた結果です」(神田さん・以下同) 原作でCTUの捜査官であるトニー・アルメイダにあたる南条巧役の池内博之(43才)が「トニーすぎる!」と評判になっている。トニーに寄せるための演技指導を行ったのだろうか。「トニーは、面白いキャラクターで、人気のある役です。どなたにお願いしようかというなかで、純粋に池内さんが合うなと考えてオファーしました。特に演技指導はしていませんし、ご本人もオリジナルに似せようと思っていないはずです。予想以上の再現度でした。あの目力が、トニーっぽいのかもしれません」新型コロナウイルスの影響で、撮影も変化 撮影現場はCTU班長・獅堂現馬を演じる唐沢寿明(57才)が座長として引っ張っている。撮影がオフになると冗談を言うなどして、キャストやスタッフを癒しているという。今でこそ順調に撮影が進んでいるが、新型コロナウイルスの影響で、クランクインして3日ほどで、撮影がストップ。その期間は2か月以上に及んだ。「ただでさえ物語上は1日の出来事を2クール(24話)分撮影する長丁場でしたが、撮影がとまったことで制作期間が延びました。出演者のかたは体形管理がシビアになりますし、髪型ひとつでも、シーンがつながる・つながらないと大変です。シーンごとの時間の管理も厳しいので、画面に時計が映ると緊張しますね(笑い)」 コロナ前とは、撮影方法も変わった。「ドラマの現場は人が多いのですが、密にならないよう人数制限をしていますし、シーンに時間をかけないようになりました。また、取っ組み合いなどは、より効率的に撮影をするように心がけています。また、人数制限、フェイスシールドなども含め、撮影開始直後は試行錯誤をしました。 1話では佐野史郎さん(65才)の口をふさぐシーンがありましたが、そのような密着するシーンも含めて、どんな場面でも何度も撮らずに済むように工夫しています。もちろんテストはしますが、本番ギリギリまでキャストのみなさんはフェイスシールドやマスクをしています」ジャック・バウアーのあの名台詞は出るのか「本当にすまないと思っている」を筆頭に、ジャック・バウアーの聞き慣れた名台詞は日本語吹き替えの言葉が多い。台詞はどの程度、日本語吹き替えを意識しているのか。「原作の英語の脚本を参考にしているため、日本語吹き替えは意識していません。台詞のこだわりとしては、変に丸くならないようにしています。耳に残る台詞にしたいという意図があって、ちょっと小説っぽい、実生活ではしないような会話にしています。 唐沢さん演じる獅堂現馬が、“ごめん”などではなく“すまない”と言っているのは、純粋に役柄に合っているから。ただ、ほかにも知られている“端末に送ってくれ”などは、キャラクター性はオリジナルと大きく変わっていないので、日本版になっても出てくるはずです。“本当にすまないと思っている”“頼む、俺を信じてくれ”など、ジャックの名言を楽しみにされているかたは、台詞を拾っていただけるとうれしいです」今後は、総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画がさらに動き出していく。「誰がなんのために、こんな事件を起こしているのか。びっくりする展開が続きますので、ハラハラ・ドキドキしてほしい。原作ドラマとの比較をして楽しんでいただいたり、“あの役はアレをするかな? 言うかな?”と予想するのもおもしろいと思います。原作を見たことがないかたは、このドラマは現代の日本が舞台で見やすいと思うので、純粋にこの作品を楽しんでいただければと思います。 今後は、獅堂現馬が銃撃戦に巻き込まれたり、朝倉麗(仲間由紀恵)が失踪してしまったりするので、その展開がどう事件につながっていくのか、注目していただければと思います」取材・文/小山内麗香
2020.10.19 16:00
NEWSポストセブン
唐沢寿明『24 JAPAN』 アメリカ版と比較するのは詮無い話
唐沢寿明『24 JAPAN』 アメリカ版と比較するのは詮無い話
 注目を集める偉大な米ドラマのリメイク版、ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所の山下柚実氏が分析した。 * * *  10月9日、鳴り物入りでスタートした『24 JAPAN』(テレビ朝日系金曜23時15分全24話)。超がつくほど人気だったオリジナルドラマ『24 -TWENTY FOUR-』の日本版リメイクを作るなんて。すごい自信とその意欲は見上げたものです。 ご存じの人も多いと思いますが、オリジナルは2001年、アメリカで放送が開始されると世界的大ヒットになりました。作品の衝撃は凄まじく、「続きが気になって仕方がない」「仕事を休んでも観る」と中毒症状を引き起こし、1シーズン24時間イッキ見する人も現れた。日本でアメリカの連続ドラマ人気に本格的に火を点けた作品とも言われました。 映像の楽しみ方にも新たなスタイルを生み出しました。物語は展開が早く、次が気になる。視聴者はうかうかとトイレにもいけない。のんびり「ながら見」する空間だった「お茶の間」はまるで映画館か劇場のように集中して視聴する空間へと変容したのでした。 独特な緊張感をまとった『24 -TWENTY FOUR-』。主人公はアメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)。凶悪なテロ事件と戦う姿を、1話1時間で進行し24エピソード24時間で1シーズン完結という斬新なスタイルを採用。画面を多分割し同時に起こっている複数の出来事を描くスプリット画面やドキュメンタリーのような生々しい映像。画面に表示されるデジタル時計の一秒一秒が、ドックン、ドックンという心臓の鼓動とも重なりあって緊張感を高める仕掛けが秀逸でした。 映画とドラマの位置取りにも変化が生まれました。20年近く前、テレビドラマは映画よりも格下という雰囲気がなくはなかった。それに対してこの作品は「ハリウッド映画と肩を並べる」と賞賛を集め、連続ドラマの地位を推し上げることにも一役買いました。 で、日本で始まったリメイク版はどうなのか?「米国初アフリカ系アメリカ人大統領が誕生するまでの24時間」は、「日本初の女性総理が誕生するまでの24時間」に置き換えられ、第1話が放送されると……。「ゴージャス感が足りない」「作りが安っぽ過ぎる」「ビルをよじ登ったり高い壁を超えたりするアクションがもの足りない」「経過していくタイム音がオリジナルと違う」「特撮ものにしかみえない」「仲間由紀恵が総理大臣候補に見えず仲間由紀恵そのもの」などなど、オリジナルとの違いを指摘する酷評が噴き出した。 コアなファンにとっては、たしかに本家と比較してダメを出したくなる気持ちもわからなくない。しかし冷静に考えると……アメリカ版と比較するのは詮無い話。仮に、「比較」を離れてみたら? オリジナルから重要な要素をいくつか採り入れた、別のドラマとして見たら? オリジナルを見ていない人にとってはどう映ったのか? あるいは日本の他のドラマと比較してみると……? 1日24時間の出来事を24話で描くスタイルとは、つまり「時間が主役」ということ。すべてが時間に引きずられて動いていく。時間に身を委ね時間に追われてさまざまなものが走っていく。余計な説明が入り込む余地はないので、日本のドラマにありがちの過剰な説明セリフがごっそりとそぎ落とされ、その分ヒリヒリするソリッドな仕上がりになった、とは言えないでしょうか? 説明が少ないと必然的に不思議さや謎が残り、今何が起こっているのかがよく把握できないからこそ興味がかき立てられる。「モノマネにはならないようにしています」と語るのは主役CTU第1支部A班・獅堂現馬を演じる唐沢寿明さん。「獅堂現馬は、ジャック・バウアーじゃないことは確かです。サザーランドさんの演技は真似できないし、彼も僕の演技は真似できない。俳優ってそういうものだから」(「リアルサウンド」2020.10.9)と、潔いほど腹をくくってこのドラマに挑んでいるようです。 唐沢さんは最近CMやNHK朝ドラ『エール』の三郎役などで道化的な演技が目立っていたけれど、このドラマにおふざけ要素が入り込む余地はない。これでもかと見せていたコント風小芝居も封印することになる。今回の演技が役者としての転換となるのか、プラスに働くのか。いずれにせよ偉大すぎるオリジナル作品があるからこそ、逆に日本でのドラマ作りに発見が生まれるのでしょう。それを楽しむ新たなドラマと言えるかもしれません。
2020.10.16 16:00
NEWSポストセブン
『24 JAPAN』
『24 JAPAN』こだわった和の演出 オープニング曲に尺八も
 2001年から放送され、世界的に大ヒットした米ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』を日本で初リメイクした、テレビ朝日開局60周年記念ドラマ『24 JAPAN』(毎週金曜午後11時15分~※一部地域を除く)が話題を集めている。『24 JAPAN』は、オリジナル版のシーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日の深夜0時から24時間を、全24話で描く。暗殺者に狙われている総理候補・朝倉麗を仲間由紀恵(40才)、暗殺計画を阻止するCTU(テロ対策ユニット)班長・獅堂現馬を唐沢寿明(57才)が演じる。 注目される『24 JAPAN』のプロデューサー・神田エミイ亜希子さんに、日本版でこだわった演出などについて聞いた。開局60周年記念作品を伝統ある枠で 一大ブームを巻き起こした『24』のリメイクならば、ゴールデンタイムに放送するのかと思いきや、意外にも23時台の枠に。「24時間をワンストーリーとしてリアルタイムで進行し、1時間ずつ放送していくのがこの作品の特性です。それをうまく出せるのがこの枠だと、編成とも相談して決めました。放送開始の時間が、ドラマ内のスタート時間に近いこともあります。 また、金曜ナイトドラマは『トリック』や『時効警察』など人気作のある伝統枠で、今回の『24 JAPAN』もこの枠の雰囲気に合っていると考えました」(神田さん・以下同)主演の唐沢寿明は、本家のお墨付き 今回、米20世紀FOX(以下、FOX)と4~5年に及ぶ交渉の末に、リメイク権を獲得した。ビッグタイトルのリメイクとなると、キャスティングもFOXと相談したという。 オリジナルでキーファー・サザーランド(53才)が演じたジャック・バウアーにあたる、日本版の主演・獅堂現馬役を演じるのは唐沢寿明だ。「FOXから、契約当初からジャック・バウアーにあたる役は日本でも実力派の役者にしてほしいと要望がありました。実はジャックはスーパーヒーローではなく、家族を思いやったり、妻と別居中に浮気をしたりもする、人間味あふれる人物です。そういう意味でも芝居の難易度が高いので、実力派の俳優さんにお願いしたかった。 演じられるのは唐沢さんしかいないと思い、こちらは自信をもって、唐沢さんならすばらしい作品になる、とFOXに伝えると“素晴らしいキャスティングですね!”という返事がありました」 オリジナルでは「黒人初の大統領候補」だったが、リメイク版では「女性初の総理大臣候補」に変更され、この役を仲間由紀恵が演じた。「日本初の女性総理になるかもしれない人、となると、誰もが“この人についていきたい”“信じたい”と感じる説得力のある女性で、今の時代に合うフレッシュさのようなものも大事な要素になると考えました。また、大河ドラマで主演を経験され、紅白歌合戦の司会もこなす、国民的女優の仲間さんなら日本初の女性総理候補の役にふさわしいと思ってオファーしました」デジタル時計の音は日本版にアレンジ セットから脚本まで、FOXと細部に渡ってやりとりをしているが、その中でさまざまな要望があるという。「シナリオをアメリカに送ると、この役はこういう芝居にしてほしい、台詞をこう変えたほうがいいのではないか、など細かい要望が届きます。たとえば、FOX側からは、仲間さん演じる朝倉麗の息子、今井悠貴さん演じる朝倉夕太について、子供ならではの純粋な熱さを持っている正義感が強い役柄ですが、あまり子供っぽくなりすぎないようにとメールが届きました。 ほかにもおもしろいと思った要望は、今の日本に置き換えたとき、日本の視聴者が分かりやすくておもしろいと思えるものにしてほしい、というもの。逆に変えてはいけないものとして、24時間の話にすること、時間軸に沿ったストーリーであることは大事にした方が面白いものになるとアドバイスがきました」 分割画面やデジタル時計の表示など、リアルタイム進行を盛り上げる独自の画面演出も踏襲している。「音にもこだわって作りました。CTU の着信音が好きな人はすごく多いのですが、全く同じにするのではなく、日本版としてカッコイイものにしたいと考えました。最終的に、音階を作曲家のかたと分析して、それに似たかたちで別の着信音を作成しました。 デジタル時計の音も、日本版として作っています。オリジナルの音やデジタル表記は、20年前なこともあり、文字のにじみや音の響き具合がやはりしっくりしなかったので、今の時代にフィットしてものを目指しました。そこで最新鋭にしつつ、懐かしいところも取り入れようと探りました」セットや音楽に和の演出を入れて日本版らしさも 実はオープニングテーマには、和楽器の音色が使用されている。「和の楽器は洋風の曲に入ると、少し不穏な感じがするんです。こすれて聞こえる尺八など、和楽器の持つおもしろさを取り入れました。随所に日本を意識して作っています。仲間さん演じる朝倉麗が滞在しているホテルのスイートルームもかなりこだわっていて、季節感が出るように秋の花を飾ったり、調度品も一流のスイートルームといって恥ずかしくないすばらしい家具を置いています。 最大のポイントは、畳のスペースを作っていること。日本のスイートルームは、海外のVIPをお迎えするときに、モダンジャパニーズのようなデザインがあると思います。日本の視聴者にお届けしようと作っていますが、海外のかたが視聴したときに、“日本版ならではだね”と感じられるような、グローバルコンテンツになるよう願って作ったデザインです」賛否あっても「話したくなる」作品に 放送後、Twitterなどで「おもしろかった!」「再現度が高い」「来週も楽しみ」など絶賛の声がある一方、「迫力に欠ける」などさまざまな声が上がっている。「1の飛行機爆破シーンは、私たちもぜひやりたいと挑みました。“そのままやってる!”とファンのかたが喜んでくださっていたり、日本のドラマではなかなかない、突拍子もない展開にびっくりする視聴者もいて、たくさんの反響をいただいています。賛否あるとは思いますが、それだけ人に話したくなるドラマになっているのであればうれしいです」取材・文/小山内麗香
2020.10.16 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン