スポーツ

蛯名正義氏 勝利騎手コメント「僕は跨がっていただけ」の真相を明かす

「僕は跨がっていただけ」の真意とは

「僕は跨がっていただけ」の真相とは

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした。蛯名氏の週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、レースに臨む騎手の心理についてお届けする。

 * * *
 騎乗依頼があって前日までに枠順が決まると、スタートはこうして、向こう正面でこうしてとシミュレーションします。これまでのレースのVTRなどを見て、パドックで馬に跨るときにどんな感じか、地下馬道ではどうか、馬場に入った時、返し馬と馬の様子をじっくり観察します。初めて乗る馬ならば、以前騎乗していたジョッキーに癖などを訊いたりすることもあります。レース当日もパドックで調教師やスタッフから状態などを聞き、本馬場に向かう途中や返し馬の時にもう一度、シミュレーションをします。

 それだけやっても、自分の思うとおりにうまく乗ることができて勝ったなんていうのは年に何回もない。下手に乗って勝った方が多いぐらいです。僕だってミスは数えきれないほどありました。負けたけどガッツポーズしたこともあります(笑)。

 勝利インタビューなどで「僕は跨っていただけです」と言っていることがよくありますが、あれは謙遜でも何でもない、本当のことです。レース中、何度もミスったけれど、馬が走りながらリカバリーして勝ってくれたなんてこともよくあります。強い馬に乗る時、騎手は馬の動きを邪魔しないようにすればいいんだと思います。

 いまは成績がよくなくても、もっと勝てるのになあって感じるジョッキーは大勢います。技術云々だけでなく、きっかけ一つです。それは誰かが教えるのではなく、自分で気づかないと一歩先へ進めない。逆に一つ殻を破れば、リーディング上位に入ってくることだってある。

 ジョッキーは一つでも順位が上がればたくさんお金が入ってくる仕事なので、そのために最大限の努力をするし、人気のない馬でも騎乗依頼があったら、今後の信頼を得るためにも、一つでも順位をあげようとあれこれ考えます。同じクラスならばチャンスはあるはずだと信じています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト