芸能

加藤登紀子「人生最初のごちそう」は満州からの帰国後に庭で作った水餃子

母と一緒に包み、七輪で調理したというペリメニ

母と一緒に包み、七輪で調理したというペリメニ

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。 日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。歌手・加藤登紀子さん(78才)に聞いた。

ハルビンからの帰国後庭で作った水餃子

 日本の敗戦が色濃くなってきた1943年の暮れ、加藤さんは満州のハルビンで生まれた。病室には軍からの正月用の特別配給で食料の山ができ、母・淑子さんは「きっとこの子は運の強い子になる」と思ったそうだ。

「終戦後、母は幼い兄と姉と私の3人を連れて、日本へ引き揚げてきました。持って帰れるものは数枚の衣類と布団、写真は1枚、食料も少しだけ。船旅で死ぬ人も多い中、なんとか無事に京都の母の実家に辿り着きました」(加藤さん・以下同)

 加藤家のごちそうは、満州の暮らしの中で母が覚えたロシア料理の水餃子、ぺリメニ。

「小学校の低学年頃に母のこねた皮に餡を包んでいた記憶があります。たくさん作ってみんなで食べるのよ」

ペリメニを手に

いまでは孫に振る舞うためにペリメニを作るという。左手にペリメニ、右手には同じくロシア料理の「テフテリ」の皿が

 餡はひき肉とみじん切りの玉ねぎを混ぜたもの、皮は小麦粉と卵をぬるま湯で練って作る。誕生日や来客のあるときは決まって作る一番楽しみな料理だった。

「京都で離れを間借りしていた頃は台所が母屋にしかなかったので、庭に七輪を出して調理をしました。母を手伝って餡を皮で包むのが私の仕事。母のペリメニは皮が厚くて本当においしいの。本来はサワークリームをつけて食べますが、当時は辛子じょうゆをつけていましたね」と懐かしそうに目を細める。

 加藤さんにはハルビンでの記憶はないと言うが、子供時代のごちそうの中に、その思い出は息づいている。

【プロフィール】
加藤登紀子/1943年中国東北部ハルビン市に生まれる。1946年、2才の頃に、引き揚げ船で帰国。1962年東京大学入学。1965年、「第2回日本アマチュアシャンソンコンクール」で優勝し、歌手デビューする。『百万本のバラ』などが大ヒットを記録し、今年で歌手活動は57年になる。

撮影/平林直己

※女性セブン2022年5月12・19日号

加藤登紀子さん

加藤登紀子さん

唯一残る、生まれて間もない頃の加藤さんの写真

唯一残る、生まれて間もない頃の加藤さんの写真(提供写真)

父が死を覚悟して朝鮮半島に出征する前に撮った家族写真

父・幸四郎さんが死を覚悟して朝鮮半島に出征する前に撮った家族写真(提供写真)

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン