芸能

大森南朋、上白石萌歌の三線の腕前にビックリ「うますぎて嫉妬するわ」

上白石萌歌

子供の頃から音楽に親しんで育ってきたという上白石萌歌

 4月11日にスタートした朝ドラ『ちむどんどん』は、沖縄が舞台の物語。そうなれば、やっぱり三線の音色は欠かせない。同作でも、一家の大黒柱・賢三(大森南朋・50才)の唄三線に合わせて、子供たちが楽しそうに踊るシーンが印象的だ。

「大森さんは、撮影のかなり前からみっちり三線を練習したそうです。俳優業と並行してバンド活動や楽曲制作を行っていて、ギター経験もあるので、かなり自信があったみたいです」(NHK関係者)

 練習の成果を見せつけた大森だったが、撮影現場では、そんな大森の笑顔が凍りつく瞬間があったという。きっかけは、4きょうだいの末娘・歌子を演じる上白石萌歌(22才)だった。

「作中で、父親の三線の影響をいちばん受けたのが歌子でした。成長した歌子が三線を弾くシーンがあるのですが、萌歌さんは、大森さん以上の腕前を披露したんです。流れるような演奏と『魅惑の音色』に、大森さんも“うますぎて嫉妬するわ(笑い)”と話していましたよ」(前出・NHK関係者)

 萌歌は2011年に『東宝「シンデレラ」オーディション』の最年少グランプリに輝き、芸能界デビュー。演技力は折り紙つきだ。一方、幼少から音楽に親しんできた。

「お母さんがピアノ教室の先生をしており、子供の頃から音楽が身近な存在だったそうです。加えて、ミュージカル教室に通っていたことで、リズム感も鍛えられた。過去に出演した作品でチューバやトランペットに挑戦したときには、普通は音を出すのさえ難しいのに、メキメキと上達したそうです」(芸能関係者)

 2017年には、萌歌は歌手として映画『ナラタージュ』の主題歌を担当し、アルバムまでリリース。音楽雑誌や音楽番組でも特集が組まれた。そういった音楽的な素地があった上に、萌歌の“負けず嫌い”が顔を出した。

「実は撮影の半年前から練習を始めて、毎日の練習を日課にするため、わざわざ“三線カレンダー”まで作って猛特訓を積んだそうです」(前出・NHK関係者)

 物語の序盤で、賢三はこの世を去る。だが、賢三が遺した三線の音色は、しっかりと受け継がれている。

※女性セブン2022年5月12・19日号

上白石萌歌に嫉妬

上白石萌歌に嫉妬

石田ゆり子姉妹のようになるか

朝ドラで注目

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン