芸能

橋幸夫、吉永小百合とのデュエット曲『いつでも夢を』秘話 初めて会ったのはレコ大

昭和の芸能界についても振り返る

大ヒット曲『いつでも夢を』について振り返る

 昭和を代表するスター・橋幸夫が、来年5月3日をもって歌手活動にピリオドを打つ──。その知らせを聞いて居ても立ってもいられなくなったのが、『週刊ポスト』で「昭和歌謡イイネ!」を連載するクレイジーケンバンドの横山剣だ。大ヒット曲『いつでも夢を』について、橋が語る。【全5回の第2回。第1回から読む

 * * *
横山:作詞の佐伯孝夫さん、作曲の吉田正さん、歌手の橋幸夫さんというゴールデントライアングルが手がけた名曲のひとつが、1962年発売の『いつでも夢を』。橋さんと吉永小百合さんとのデュエットは、国民的大ヒットを記録、レコード大賞も受賞しました。

橋:僕も小百合ちゃんも、あまりに忙しすぎたから、スケジュールが合わず、仕方なくレコーディングは別々だったんですよ。オーケストラも一緒に録音するのが当たり前だった当時においては、常識外れの試みだった。

横山:それはすごい。

橋:実は、2人が初めて会ったのは、レコード大賞の受賞会場だった日比谷公会堂でした(笑)。

横山:生中継では、ほぼぶっつけ本番でデュエットを披露したわけですね。

橋:そうそう。デュエットの場合、普通は間奏のところで互いに目を合わせるじゃない? でも、彼女は僕の顔をまったく見ないんですよ。勝ち気な子だと思ったなあ(笑)。大女優の片鱗を見ましたよ。

横山:当時の『平凡』の人気投票で男性部門は橋さんが、女性部門では吉永さんが、それぞれトップを獲得していました。

橋:年間首位の副賞として、2人に3泊4日の香港旅行がプレゼントされたことがあるんです。

横山:それは豪勢ですね。

橋:旅先では、ちょっとしたイタズラを仕掛けました。ホテルの小百合ちゃんの部屋に内線で電話をかけ、僕がインチキな中国語でペラペラとしゃべり出したら、「え、どなたですか?」と彼女が戸惑っている。しばらくして「橋ですけど」と明かしたら、「なーんだ、やめてよ!」と怒っていましたけどね(笑)。

横山:天下の大スター2人がオフでは、ずいぶんと無邪気な遊びに興じていたものですね(笑)。

橋:息抜きですからね。

(第3回へ続く)

【プロフィール】
橋幸夫(はし・ゆきお)/1943年、東京都荒川区生まれ。1960年に『潮来笠』でデビューし、日本レコード大賞新人賞を受賞。『いつでも夢を』、『霧氷』で2度の日本レコード大賞受賞。現在、“最後のコンサートツアー”で全国を回っている。

横山剣(よこやま・けん)/1960年、横浜出身。1981年にクールスRCのヴォーカル兼コンポーザーに抜擢されデビュー。1997年春、地元本牧にてクレイジーケンバンド結成。これまでに数多くのアーティストにも楽曲を提供している。

構成/下井草秀 撮影/内海裕之

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン