ライフ

『赤坂璃宮』オーナーシェフ譚彦彬さん「最初の晩餐」は白身魚の蒸し物

(撮影/市瀬真以)

譚さんの手で再現された、母の得意料理、白身魚の蒸し物。「市場に並ぶ切り身魚を選ぼうとする僕の手を母がぴしゃりと叩いて、活きのいいかさごやかれいを丸々一匹買う。そして、よく作ってくれたのがこの料理です」

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。 日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。『赤坂璃宮』オーナーシェフの譚彦彬さん(78才)に聞いた。

中華街の川でさばいた新鮮な白身魚を調理

 譚さんが幼い頃の横浜・中華街は、現在の観光地とは程遠い、閉ざされた雰囲気の街だった。住人のほとんどが中国人で、多くが料理の道に進んだ。父親はラーメン店を営んでおり、「勉強をしないとコックになるしかないぞ!」と、ヤンチャな譚少年はよく説教されたという。

 現在、中華料理の名店『赤坂璃宮』のオーナーシェフとして広東料理の真髄を伝える譚さんの「最初の晩餐」は、母親がよく作ってくれた広東の家庭料理、白身魚の蒸し物だ。

「母が中華街の市場でかさごやかれい、ハタを丸々一匹買ってきて、街を流れる川の側でさばくのをよく見ていたな。あの頃は川で生きた魚をさばいてから、家に持って帰って調理をしたものです」(譚さん・以下同)

 今回は譚さんが実際に厨房に立ち、当時の母の手料理を再現してくれた。使ったのは当時もよく食べた、かさご。

「広東料理の基本であり、重要な蒸し料理ですが、家に蒸し器がなかったから、フライパンの中に皿を重ねて底上げし、蒸し器代わりにしてましたね」

 蒸したかさごから出ただしと油を熱し、仕上げにかけると旨みが凝縮された香りが立ちのぼる。母の手料理こそ、譚さんが極める広東料理の原点なのだ。

【プロフィール】
譚彦彬/1943年横浜・中華街生まれ。新橋『中国飯店』で修業後、京王プラザホテル『南園』副料理長、ホテルエドモント『廣州』料理長を経て、1996年より『赤坂璃宮』オーナーシェフ(赤坂璃宮銀座店)。近著『広東名菜 赤坂璃宮 譚 彦彬の味』(世界文化社)。

撮影/市瀬真以

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン