国際情報

新型コロナ感染拡大が続く中国 1億6000万人がロックダウン下に

厳格なロックダウンを続ける中国

厳格なロックダウンを続ける中国

 中国では新型コロナウイルスの感染が拡大しており、上海市ではすでに全面的なロックダウン(都市封鎖)態勢がとられている。また、首都・北京でも一部地域でロックダウンに入っているなど、中国全土の20以上の都市でロックダウンが拡大し、経済成長率が下降するなどの影響が出ている。

 今後もこのような深刻な事態が続けば、秋に予定されている第20回中国共産党全国代表大会(党大会)の延期などの政治スケジュールの変更にもつながりかねないとの懸念が広がっている。一方、上海では感染者数が徐々に減りつつあるが、当面は厳重な監禁状態が続きそうだ。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 中国の政治の中心地である北京では、数百万人の住民が1カ月以上にわたって厳重な監禁状態にある上海のようになるのを避けるため、1日で約2000万人の市民のPCR検査が続けられている。

 市政府はさらに、これ以上の感染を防ぐため、5月4日から全体の10%に当たる40以上の地下鉄駅を封鎖したのに加えて、市全域の158のバス路線を閉鎖した。

 また、北京の学校はオンライン授業に切り替わっており、5月11日まで継続する方針だ。

 上海市では5月に入って感染者数が減少しているものの、4日には4982人の感染が報告。確定感染者数は58万人以上となっており、当面は全市域のロックダウンを継続せざるをない状況だ。

 中国メディア「財新」によると、中国では3月以降、これまでに上海市、吉林省長春市、河北省邯鄲市、福建省泉州市、江蘇省昆山市など多数の大都市がロックダウンに入り、影響を受けた市民は中国全土の22の都市または地区の合計1億6000万人を超えるなど、今後も深刻な状況は続きそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン