国際情報

新型コロナ感染拡大が続く中国 1億6000万人がロックダウン下に

厳格なロックダウンを続ける中国

厳格なロックダウンを続ける中国

 中国では新型コロナウイルスの感染が拡大しており、上海市ではすでに全面的なロックダウン(都市封鎖)態勢がとられている。また、首都・北京でも一部地域でロックダウンに入っているなど、中国全土の20以上の都市でロックダウンが拡大し、経済成長率が下降するなどの影響が出ている。

 今後もこのような深刻な事態が続けば、秋に予定されている第20回中国共産党全国代表大会(党大会)の延期などの政治スケジュールの変更にもつながりかねないとの懸念が広がっている。一方、上海では感染者数が徐々に減りつつあるが、当面は厳重な監禁状態が続きそうだ。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 中国の政治の中心地である北京では、数百万人の住民が1カ月以上にわたって厳重な監禁状態にある上海のようになるのを避けるため、1日で約2000万人の市民のPCR検査が続けられている。

 市政府はさらに、これ以上の感染を防ぐため、5月4日から全体の10%に当たる40以上の地下鉄駅を封鎖したのに加えて、市全域の158のバス路線を閉鎖した。

 また、北京の学校はオンライン授業に切り替わっており、5月11日まで継続する方針だ。

 上海市では5月に入って感染者数が減少しているものの、4日には4982人の感染が報告。確定感染者数は58万人以上となっており、当面は全市域のロックダウンを継続せざるをない状況だ。

 中国メディア「財新」によると、中国では3月以降、これまでに上海市、吉林省長春市、河北省邯鄲市、福建省泉州市、江蘇省昆山市など多数の大都市がロックダウンに入り、影響を受けた市民は中国全土の22の都市または地区の合計1億6000万人を超えるなど、今後も深刻な状況は続きそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン