芸能

日テレ小高茉緒アナは「ミスコン荒らし」だった 担当番組6本で“ポスト水卜麻美アナ”評も

今年に入って存在感を高めている日本テレビの小高アナ

今年に入って存在感を高めている日本テレビの小高アナ

 4月に大改編が行なわれたテレビ各局では、女子アナたちの担当番組の変更が注目を集めた。妊娠が明らかになったNHKの和久田麻由子アナ(33)が「レギュラーゼロ」となり、テレビ朝日では斎藤ちはるアナ(25)と、森山みなみアナ(23)が担当番組をチェンジ。そんな新体制にも段々と慣れてきたが、日テレである女子アナが台頭していることをご存じだろうか。今年3年目の小高茉緒アナ(23)が番組に“出まくっている”のだ。

 日テレの30代男性社員が語る。

「小高アナはまだ知名度は高くないかもしれませんが、現段階でこれだけのレギュラー番組を抱えているのはウチの若手としては異例です。“絶対的エース”の水卜麻美アナ(35)や絶賛売り出し中の岩田絵里奈アナ(26)も担当した『オードリーのNFL倶楽部』を受け持っている時点で局内では“次は小高かな”と期待する声が上がっています」

 小高アナは同番組以外にも今年から『ズームイン!!サタデー』や『バゲット』の隔週木曜レギュラー、『Oha!4 NEWS LIVE』の火曜キャスターを務め、深夜のバラエティ番組『午前0時の森』にも出演するなど、勢いが止まらない。『オードリーのNFL倶楽部』と『サッカー★アース』は競技のシーズン中だけ放送される“季節限定番組”だが、担当している番組は計6本に上る。

 局内で“ポスト水卜麻美アナ”と目される小高アナとはどんな人物なのか。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「学生時代は11年間バドミントンをやっていたというスポーツウーマンです。ショートカットで天真爛漫。どの番組でも弾けるような笑顔が魅力的です。いい意味でちょっと“おバカ”に見えるほどハイテンションなこともあり、親しみやすいという点では先輩の水卜アナに通じるところがあります。今年3月には東京マラソンに出場してしっかり完走。一緒に出場した先輩の石川みなみアナ(25)を余裕でかわして、10分以上の大差をつけて平然とゴールするあたり、肝が据わっている印象です(笑)。

 ただ、実は学生時代は女子アナの“王道”であるミスコンにも出ていました。大学新入生対象の『FRESH CAMPUS CONTEST2017』(二次選考通過)、通っていた日本大学法学部のミスコン『フェニックスコンテスト2017』ではグランプリ、ミスキャンの日本一を決める『Miss of Miss Campus Queen Contest 2018』エントリーと積極的です。当時から将来の夢はアナウンサーと語っていたので、そのための“箔付け”の意味合いがあったのかもしれません。なんにせよ、最近の日テレは“しっかり者”タイプが多かったので、久しぶりに体育会系の楽しみなアナウンサーが台頭してきたなと期待しています」

 民放各局で女子アナのフリー転身が相次ぐなか、日テレは水卜アナの入社以降、後輩女子アナが1人も退社しておらず盤石の体制を敷く。将来のエース候補である“ポスト水卜アナ”レースでは『スッキリ』で非凡な実力を発揮する岩田アナが一歩リードしているが、天真爛漫な新星・小高アナからも目が離せない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン