芸能

日テレ小高茉緒アナは「ミスコン荒らし」だった 担当番組6本で“ポスト水卜麻美アナ”評も

今年に入って存在感を高めている日本テレビの小高アナ

今年に入って存在感を高めている日本テレビの小高アナ

 4月に大改編が行なわれたテレビ各局では、女子アナたちの担当番組の変更が注目を集めた。妊娠が明らかになったNHKの和久田麻由子アナ(33)が「レギュラーゼロ」となり、テレビ朝日では斎藤ちはるアナ(25)と、森山みなみアナ(23)が担当番組をチェンジ。そんな新体制にも段々と慣れてきたが、日テレである女子アナが台頭していることをご存じだろうか。今年3年目の小高茉緒アナ(23)が番組に“出まくっている”のだ。

 日テレの30代男性社員が語る。

「小高アナはまだ知名度は高くないかもしれませんが、現段階でこれだけのレギュラー番組を抱えているのはウチの若手としては異例です。“絶対的エース”の水卜麻美アナ(35)や絶賛売り出し中の岩田絵里奈アナ(26)も担当した『オードリーのNFL倶楽部』を受け持っている時点で局内では“次は小高かな”と期待する声が上がっています」

 小高アナは同番組以外にも今年から『ズームイン!!サタデー』や『バゲット』の隔週木曜レギュラー、『Oha!4 NEWS LIVE』の火曜キャスターを務め、深夜のバラエティ番組『午前0時の森』にも出演するなど、勢いが止まらない。『オードリーのNFL倶楽部』と『サッカー★アース』は競技のシーズン中だけ放送される“季節限定番組”だが、担当している番組は計6本に上る。

 局内で“ポスト水卜麻美アナ”と目される小高アナとはどんな人物なのか。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「学生時代は11年間バドミントンをやっていたというスポーツウーマンです。ショートカットで天真爛漫。どの番組でも弾けるような笑顔が魅力的です。いい意味でちょっと“おバカ”に見えるほどハイテンションなこともあり、親しみやすいという点では先輩の水卜アナに通じるところがあります。今年3月には東京マラソンに出場してしっかり完走。一緒に出場した先輩の石川みなみアナ(25)を余裕でかわして、10分以上の大差をつけて平然とゴールするあたり、肝が据わっている印象です(笑)。

 ただ、実は学生時代は女子アナの“王道”であるミスコンにも出ていました。大学新入生対象の『FRESH CAMPUS CONTEST2017』(二次選考通過)、通っていた日本大学法学部のミスコン『フェニックスコンテスト2017』ではグランプリ、ミスキャンの日本一を決める『Miss of Miss Campus Queen Contest 2018』エントリーと積極的です。当時から将来の夢はアナウンサーと語っていたので、そのための“箔付け”の意味合いがあったのかもしれません。なんにせよ、最近の日テレは“しっかり者”タイプが多かったので、久しぶりに体育会系の楽しみなアナウンサーが台頭してきたなと期待しています」

 民放各局で女子アナのフリー転身が相次ぐなか、日テレは水卜アナの入社以降、後輩女子アナが1人も退社しておらず盤石の体制を敷く。将来のエース候補である“ポスト水卜アナ”レースでは『スッキリ』で非凡な実力を発揮する岩田アナが一歩リードしているが、天真爛漫な新星・小高アナからも目が離せない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト