スポーツ

巨人・畠世周に他球団が「トレードで欲しい」と熱視線「巨人の使い方はもったいない」

巨人では「便利屋」扱いだが(時事通信フォト)

巨人では「便利屋」扱いだが(時事通信フォト)

  投手陣のコマ不足で悩む球団は多い。下位に低迷する球団はトレードでのテコ入れに動く可能性が十分にある。そのなかで他球団から評価が高いのが、巨人・畠世周(27)だ。パ・リーグ球団の編成担当が語る。

「他球団のフロントとも話題に上がりますが、畠はいいですよ。故障が多いのはネックですが、先発ローテーションに入って2ケタ勝利できる能力は十分に秘めている。いまの巨人のように中継ぎの“便利屋”として使うのはもったいないですよ。尻上がりに調子を上げていくタイプなので先発向きだと思います。出血覚悟で主力を放出してでもトレードで獲得する価値は十分にあるでしょう」

 パ・リーグだけではない。セ・リーグの球団からも「誰を放出すれば畠を獲れるかな」という声が聞こえてくる。

 畠は当初、巨人でも「将来のエース」として期待は高かった。プロ1年目の2017年に13試合登板で6勝4敗、防御率2.99をマーク。150キロを超える直球、縦に落ちるカットボール、鋭く横滑りするスライダーは全てが一級品で、エース・菅野智之の後継者と目されていた。

 だが、プロ6年目を迎えた現在でも、1年目の6勝が自己最多だ。1軍定着できない最大の要因は故障の多さ。2018年に腰痛、2019年に右肘の遊離軟骨除去手術、2020年に右肩の肉離れと毎年のようにケガで戦線離脱。ちなみにドラフト後にも右肘の遊離軟骨除去手術を行っている。「無事之名馬」という格言があるように、故障せずに試合で投げ続けることも一流と呼ばれる選手の条件だ。

 昨季は開幕時に先発要員だったが、6月中旬から救援に配置転換。自己最多の52試合登板した。回またぎでも投げられるため首脳陣にとっては貴重な存在だ。4勝3敗1セーブ11ホールド、防御率3.07とセットアッパーで稼働した。

 昨オフの契約更改で先発を希望していたが、今季も開幕から救援で起用されている。15試合登板で1勝4ホールド、防御率3.94(数字は5月11日終了時点、以下同)。4月30日の阪神戦で3点ビハインドの7回2死満塁から救援登板し、大山悠輔に押し出し四球、糸井嘉男に2点適時打、8回に山本泰寛に2ランを被弾したが9回まで投げ切った。2回2/3で48球を投げて2安打2失点の投球内容で、翌5月1日に登録抹消された。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン