国内

4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)

はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)

 山口県阿武町で、新型コロナウイルス対策の給付金を対象だった463世帯に10万円ずつ振り込むところを、町の職員が誤って男性Aの口座に4630万円を振り込んでしまった騒動。Aは代理人弁護士を通じて謝罪と返還の意志を示していると伝えられているが、「ネットカジノで使い切った」とも説明しており、大金の行方が注目されている。

 誤送金で大金を手にした渦中のA(24才)は、これまでに2度、警察の聴取を受けたという。代理人弁護士と連絡は取っているが、住んでいた自宅からは姿を消し、雲隠れ中だ。四方を山に囲まれた、のどかな地で起きた大騒動を追った──。

 阿武町の中でも、ひときわ自然豊かな地区にある、かなりの築年数が経過した一戸建て。150坪をゆうに超える広い敷地に建つ家屋は、3世帯でも暮らせるほど大きく、朱色の瓦が目立つ。周囲は空き家ばかりで、1km圏内に人が住んでいる家は1軒もない。近くまで走るバスの路線もない“限界集落”のその家でAがひとり暮らしを始めたのは、1年半ほど前のこと。

「ほっそりとした体形でダボッとした服装を好んで着ていました。黒髪のロン毛を後ろで結んでいて、少し近づきがたい雰囲気でしたね。目鼻立ちがくっきりとしたイケメンです」(Aの知人)

 Aは、阿武町に住むことで10万円の補助金を受け取れる「空き家バンク制度」を利用して、県内の別の場所から転居した。家賃は月2万5000円と破格だ。Aは車で40分ほどの場所にあるホームセンターに勤めていたが、誤送金問題が発覚してすぐの4月中旬に退職した。

「いたって真面目で、仕事もしっかりしていました。ただ、無口で自分のことを話したがらず、何を考えているかわからない感じ」(元同僚)

 前出の知人は「友人は少ないようで、休みの日は誰かと会ったりすることもなく、時間を持て余していたようです」とつけ加えた。Aが以前住んでいたのは、阿武町から車で1時間ほど離れた山口市内の公営アパート。周囲にマンションや一戸建てが建つ住宅街の一角にある。

「玄関ドアの前にしゃがんで、よくたばこを吸っていました。作業服のような格好で朝早くから仕事に出かけていましたよ。駐車場で軽自動車のタイヤ交換をしていたこともあって、そういった仕事をしているのかと思っていました。休みの日に、同年代のお友達と4人くらいで大きな車に乗って出かけるところを見たこともあります」(近隣住民)

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン