国内

国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた

「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)

「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)

 5月10日、自民党参院議員の政治資金パーティで挨拶に立った細田博之・衆院議長の「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかないんです。しか、と言うと怒られちゃうけど。会社の社長は1億円は必ずもらうんですよ」という発言が波紋を呼んでいる。

 この発言が国民の怒りを呼んだのは、「月100万円しか」の部分だけではない。国会議員には歳費の他に、“第2の給料”と呼ばれる毎月100万円の「文書通信交通滞在費」(調査研究広報滞在費に名称変更された)をはじめ、格安議員宿舎や無料航空券、新幹線やグリーン車乗り放題のJR無料パスなど実質的な“隠れ報酬”というべき費用が国費(税金)から提供されている。そうした数々の“議員特権”に頬被りして、“歳費は高くない”と平然と言ってのける感覚に怒ったのだ。

 日本維新の会の音喜多駿・参院議員は昨年(令和3年分)の「給与所得の源泉徴収票」を本誌・週刊ポストに提供してくれた。国から支給された歳費は年額1922万5604円。この源泉徴収票から、国会議員の歳費2割カットの“嘘”が浮かび上がった。

「国会議員も国民と痛みを分かち合う」。コロナ感染拡大が始まって国民生活が逼迫した2020年4月、自民党と立憲民主党は歳費2割削減で合意。2020年5月から全国会議員の歳費が月額129万4000円から103万5200円に2割減額され、現在も継続中だ。

 昨年1年間の議員歳費は本来なら夏冬2回のボーナスを含めて約2181万円。それが2割カットで約1744万円に減ったはずだ。

 ところが、音喜多氏の源泉徴収票によると、実際は約1923万円も支給されていた。どういうことか。

 参院事務局に理由を聞くと、「歳費の8割支給(2割カット)を定めた改正法では期末手当(ボーナス)は削減の対象になっていません」と、歳費の年間支給額の内訳とともに説明した。

 それによると国会議員のボーナスは月額歳費をもとに計算される。

「国民と痛みを分かち合う」ために歳費を2割減らしたといいながら、ボーナスはカットする前の金額を使って計算してこっそり満額(夏冬合計約628万円)を受け取っていたのだ。そのため、歳費の年額では1割カットにしかならない。音喜多氏が語る。

「コロナで国民に我慢を強いている中、国会議員には夏冬ともボーナスが300万円以上支給された。国民は納得いかないでしょう。われわれ維新の会では、国民に寄り添うために、歳費2割削減に加えて、ボーナスの3割も返上しています」

 ちなみに、源泉徴収票の金額には非課税である文書通信交通滞在費(文通費)・年間1200万円は含まれていないため、それを加えた年間支給総額は3122万5604円になる計算だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン