ライフ

【書評】『生皮』性暴力やパワハラは瞬時に起きるものではない

『生皮 あるセクシャルハラスメントの光景』著・井上荒野

『生皮 あるセクシャルハラスメントの光景』著・井上荒野

【書評】『生皮 あるセクシャルハラスメントの光景』/井上荒野・著/朝日新聞出版/1980円
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

「月島さん、あれはレイプですよ」

 六十代の小説講座の講師「月島光一」は元教え子の女性芥川賞作家に、そんな言葉を突きつけられる。月島は元編集者で小説への情熱は人一倍。何人もの生徒をデビューさせ、カリスマとしてもてはやされていた。

 ところが、贔屓にしていた元教え子の女性「九重咲歩」が彼に性暴行を受けたと週刊誌に告発。前述の芥川賞作家「小荒間洋子」からも告発があり、月島は社会からおわれる形になる。

 彼は驚き、憤る。あの場には暴力も恫喝もなかった。「自然な」流れでのセックスだったと。事実、咲歩は三度もホテルに来たし、小荒間も二人で計画したその取材旅行によって小説を書き、デビューしたではないか。性行為は小説修行に欠かせなかったのだと。

 彼に同意する人はいると思う。女たちは利を得たのに、なぜ今ごろ訴えでるんだ。月島にふられた鬱憤晴らしではないのか──『生皮』にはその通りの反応をする人々が出てくる。月島を庇う女たちもいる。

 だが、性暴行やパワハラは瞬時に起きるものではない。そこに至る道程で、弱者への暴力や貶めはすでに無数に行われているのだ。月島の妻も大学在学中にデビューした作家だった。彼女が離婚したいと強く思うのは、夫の「不倫」が発覚した時ではない。自分が夫の教え子たちに小説家として紹介されなかった時だ。あるいは、月島に心酔する既婚女性は、長年夫に蔑まれ「あんた」としか呼ばれないことに深く傷ついている。

 レイプとは生皮を剥がれ、血を流しつづけること。小説は自分の皮を剥いでいく営みだが、それは他人に剥がれることとは違うのだと、小荒間は言う。

 作者は小説で読者を「啓蒙」する気はないという。小荒間の亡夫の妹や、月島を一瞬見かけただけの男子学生まで、多様な背景と考えの人物が多く登場し、安直な直線的思考にストップをかける。這うようにして読み通して本当によかった。

※週刊ポスト2022年6月3日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン