芸能

中井貴一、佐藤浩市…活躍続ける“ネオカンレキ”俳優、「中高年の星」とは違う魅力

ダンディーな色気が増す中井貴一

ダンディーな色気が増す中井貴一

 このところ、ドラマや映画で60歳前後の俳優の活躍が目立つ。彼らを「ネオカンレキ」と命名するコラムニストのペリー荻野さんが、その魅力を解説する。

 * * *
 お久しぶりです。こんにちは、中井貴一研究所、所長のペリーです。

 公開中の映画『大河への道』。町おこしのため、地元の偉人・伊能忠敬を大河ドラマの主人公にしようと奮闘する人たちの現代の物語と、忠敬を支え、日本地図を完成させた名もなき“チーム忠敬”を描く江戸時代の場面を、同じ俳優たちが演じるというユニークな構成の作品だ。

 当初、「主演・中井貴一」と聞いて、てっきり伊能忠敬役だと勘違いした私は、そっかー、伊能忠敬も隠居して、測量の旅に出たのは55歳。60歳の貴一とはまさに同年代。ついにご隠居の役を…と勘違いが暴走していたので、まったく違う役でスクリーンに現れた瞬間、所長としたことが!!と深く反省したのであった。

 とはいえ、ここで考えたのは、60歳、還暦世代の俳優たちの活躍ぶりだ。先日は、『日曜日の初耳学』に佐藤浩市(61歳)が登場。早速、壮絶な最期のシーンで注目された『鎌倉殿の13人』の上総広常についての話が出た。

 その脚本を書いた三谷幸喜(60歳)も同世代。そして、「盟友」「かけがえのないもの」という渡辺謙(62歳)、真田広之(61歳)、中井貴一、同世代俳優とのつながりを語った。中でも、86年の映画『犬死せしもの』で共演して以来の飲み友達だという真田については、「また日本でやろうぜ」と声をかけたが、「アメリカが楽しい」という気持ちを聞き、「そうか」と納得したエピソードは印象的だった。

 ここで名前が出た「同世代俳優」は、昔の還暦世代俳優とはかなりイメージが違う。昔の60歳といえば、そろそろ『水戸黄門』の主役になってもいいかという年ごろ。『渡る世間は鬼ばかり』で、泉ピン子らの父親役を演じた藤岡琢也は、ドラマスタート時、ちょうど60歳。佐藤の父、三國連太郎が『釣りバカ日誌』に初めて出演したのが、60代半ばということを思うと、“ネオカンレキ”(ペリーが勝手に命令)の佐藤、中井世代が醸し出す「まだまだ暴れて見せます感」は、すごい。それはよく言われる「中高年の星」とか「レジェンド」とはまったく違うところが新しい。

 もっとも彼らの前に“ネオカンレキ”がいなかったかといえば、そういうわけでもない。かなり以前、孫が生まれたニュースがあったばかりのある名優(故人)にインタビューしようとしたところ、「これからもラブストーリーの主役もやりたいから、家庭の話、特に祖父になった話はNG」と言われたのだった。主演作もたくさんあり、確固たる地位を築いた方が持つこの貪欲さ。色気。忘れられない。ただ、こういう例はまだ珍しかったのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン