国内

本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】

「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)

「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)

 本土復帰から50年の節目に、沖縄を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』が放送されている。一方、沖縄では、朝ドラでは描かれない“裏面史”もある。フリーライターで『サカナとヤクザ』などの著書があるフリーライターの鈴木智彦氏がリポートする。【前後編の前編】

 * * *
『ちむどんどん』の舞台となる“やんばる”は、山が重なり合う森林地帯で、ヤンバルクイナといった天然記念物や貴重な動植物の宝庫だ。主人公の一家が暮らす「山原村」は架空の集落なので特定できないが、沖縄本島北部、名護市以北と考えていい。那覇市や沖縄市からは距離があり、観光客はあまり足を運ばないだろう。レンタカーを借りても名護市を越え、国頭郡本部町の『美ら海水族館』に行くのがせいぜいで、やんばるをドライブするのは、かなりのマニアといっていい。

 暴力団を取材テーマとする私はそのマニアの一人だ。初めての沖縄取材でも那覇に宿を取らず、まっすぐやんばるに向かった。ヤクザオタクにとって、やんばるは数々の伝説のヤクザを輩出した武闘派の代名詞で、凄惨な抗争事件の現場となった聖地である。当時はまだフィルムカメラの時代で、やんばるの撮影だけで36枚撮りフィルムを10本以上消費した。

 年代や場所を特定すればするほど、架空の物語をフックに実際の歴史に切り込める。『ちむどんどん』の第1話は東京オリンピックが開催された昭和39(1964)年から始まった。両親はサトウキビを栽培する貧農で、父・比嘉賢三(大森南朋)、母・優子(仲間由紀恵)の夫婦には、主人公の暢子(黒島結菜)はじめ4人の子供がいる。サトウキビ畑の労働は過酷だったらしい。ヤクザたちも金がなくサトウキビを刈り取って製糖工場に運んでいた。

「若い者が徒党を組んでキビ倒し。なにがヤクザかぜんぜん分からん。あれだけは金がある時は絶対に行かなかったよ。とにかくきついから」(現・旭琉會・花城松一最高顧問。『沖縄ヤクザ50年戦争』より抜粋)

 ヒロインの父親はこの年に死亡するが、過酷な労働が身体を蝕んだのかもしれない。

 暢子は10歳なので昭和28年生まれ、最初の子供である長男・賢秀(竜星涼)は昭和24年生まれの団塊世代だ。戦前まで沖縄にはヤクザ組織が存在しなかった。集団化してグループを形成したのは昭和27年頃だ。ヒロインの歩みは、沖縄ヤクザの歴史そのものである。比嘉家の背景を知れば、沖縄ヤクザのすべてが分かる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン