ヤクザ一覧

【ヤクザ】に関するニュースを集めたページです。

3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
 6月7日、神戸市長田区のラーメン店店主だった六代目山口組中核組織・弘道会傘下組織組長が射殺された事件で、絆會若頭である金澤成樹容疑者をはじめ、計5人が逮捕された。 金澤容疑者は長野県宮田村での殺人未遂…
2024.06.19 07:00
週刊ポスト
夏祭り、楽しみのひとつは露店めぐり(イメージ、時事通信フォト)
お祭りの露店、現役暴力団幹部が歩いてみたら…テキヤや一般人、店主の元組員が示した意外な反応
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、暴力団幹部が案内する最近の露店事情について。 * * * 夏…
2024.06.16 16:00
NEWSポストセブン
発砲事件現場に残されたタクシー(右手前)。2024年5月30日午前、埼玉県川口市(時事通信フォト)
右翼団体元会長が明かしたヒットマンからの襲撃 銃口を向けられ若い衆が凍り付くなか元会長がとった行動は?
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、最近相次ぐ発砲事件で使用された拳銃を向けられるという体験につ…
2024.06.09 16:00
NEWSポストセブン
「キンちゃん」の愛称で若者から人気の大前さん
西成でうどん店営む元暴力団組員キンちゃん、地価高騰に外国人マネー流入で変貌する街に「行き場を失う人も出てくる」と危機感
 古くから“日雇い労働者の街”として知られる大阪は西成のあいりん地区。最近では安くて美味い飯が食べられるグルメタウンとして若者から注目されるエリアとなりつつある。 刻々と変化するこの街を見守ってきた人…
2024.06.07 07:00
NEWSポストセブン
曲がる直前や曲がりながらウィンカーを出すのは道路交通法違反(イメージ)
暴力団の現役組長が埼玉県三郷市で遭った「怖い目」 軽自動車の窓を開けた20代くらいの女性から浴びせられた罵声とは?
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は埼玉県三郷市の路上で車を走らせていたときに、暴力団組長が罵声を…
2024.06.02 16:00
NEWSポストセブン
複数作の構想があると明かす高田宏治氏
多くのヤクザ映画を手掛けた脚本家・高田宏治氏(90)インタビュー 「閉塞した邦画界を救うのは『令和版・極道の妻たち』しかない」
『まむしの兄弟』から『北陸代理戦争』、『鬼龍院花子の生涯』、そして『極道の妻たち』まで、数多の傑作ヤクザ映画で脚本家を務めた高田宏治氏(90)。4月には東映チャンネル(衛星放送)で生誕90周年記念の『名脚…
2024.05.31 07:00
週刊ポスト
JR新神戸駅に着いた指定暴力団山口組の篠田建市組長(兵庫県神戸市)
【厳戒態勢】「組長がついた餅を我先に口に」「樽酒は愛知の有名蔵元」六代目山口組機関紙でわかった「ハイブランド餅つき」の全容
司忍・六代目山口組組長( 時事通信フォト) …
2024.05.31 07:00
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
 九州の指定暴力団である道仁会(福岡県久留米市)と浪川会(福岡県大牟田市)のトップが、突然引退を発表した。2組織は2006年から約7年間にわたって一般人1人を含む14人の死者を出す熾烈な抗争を行ない、一般人を…
2024.05.30 18:00
NEWSポストセブン
アメリカ・ロサンゼルスの裁判所前で、報道陣に囲まれる米大リーグ・大谷翔平選手の元通訳、水原一平被告(EPA=時事)
《愛犬家の間で命名問題がぼっ発》仲良くしてほしくて「翔平」「一平」とつけたが、飼い主から「一平の名前どうしよう…」「イッちゃんに改名」
 ドジャースの大谷翔平選手の元通訳・水原一平被告の詐欺事件は思わぬところに影響を与えている。愛犬家の間である悩みを持つ人が増えているというのだ。警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通…
2024.05.26 16:00
NEWSポストセブン
2024年2月に府中刑務所(東京都府中市)の内部が報道陣に公開された。その日の受刑者の食事内容の一部(AFP=時事)
「刑務所でもタバコが吸える」は本当か?暴力団幹部がやっていた驚きの手口「農場での作業中、トイレに行きたいと手を挙げて…」
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、近ごろ話題になっている「刑務所タバコ」について。 * * *…
2024.05.19 16:00
NEWSポストセブン
警視庁大崎署を出る関根誠端容疑者を乗せた車両(時事通信フォト)
《那須夫婦焼損事件》「実行犯は暴力団とかかわりない」と暴力団関係者が事件直後に判断した根拠「暴力団らしからぬやり口」とは?
 栃木県那須町の河川敷で燃やされた夫婦の遺体が見つかった事件は、首謀者とみられる男が逮捕され、新たな展開を見せている。当初、一部では暴力団関係者の関与を指摘する声が出ていたが、今のところそうした事実…
2024.05.10 16:00
NEWSポストセブン
「特定抗争指定暴力団」に指定する標章を、山口組総本部に貼る兵庫県警の捜査員。2020年1月(時事通信フォト)
《山口組新報にみる最新ヤクザ事情》「川柳」にみる取り締まり強化への嘆き 政治をネタに「政治家の 使用者責任 何処へと」
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、山口組の機関紙『山口組新報』に掲載されている「川柳」に込めら…
2024.05.05 16:00
NEWSポストセブン
野村総裁の自宅に家宅捜索に入る捜査員(写真/共同通信社)
《獄中手記を入手》工藤會元幹部が記した“足を洗った理由” 「受けた恩義と与えた不義理の狭間で私の心は揺れた」
 市民を殺傷した4つの事件をめぐって、現在団体トップの裁判渦中にある指定暴力団・工藤會。「週刊ポスト」は同會の元幹部である伊藤明雄・受刑者(50)の獄中手記を入手した。彼が工藤會に入った経緯や過去の凶悪…
2024.05.01 06:59
週刊ポスト
地元・北九州市では市民による暴力団追放運動も(写真は2017年/共同通信社)
元工藤會幹部が記した「看護師刺傷事件」の真相 “脱毛施術中”の一言が総裁の逆鱗に触れたか
 北九州に本拠を置く指定暴力団・工藤會。市民を殺傷した4つの事件をめぐって団体トップの裁判が進むなか、「週刊ポスト」は同會の元幹部である伊藤明雄・受刑者(50)の手記を入手した。そこには、彼が一流大学か…
2024.05.01 06:58
週刊ポスト
米大リーグ、ドジャースの大谷翔平(Sipa USA/時事通信フォト)
大谷翔平に関して暴力団組長が最も驚いたのは、記録や賭博騒動ではなく「人生でやった一番悪いことは?」に悩んだこと「俺なら“人生でやった一番いいこと”に悩む」
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、MLBドジャースの大谷翔平選手に、組長が「こんな人間がいるのか」…
2024.04.28 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン