スポーツ

遊撃の定位置剥奪の中日・京田陽太 他球団編成が「トレード獲得は厳しい」と指摘する理由

京田陽太への評価は…(時事通信フォト)

京田陽太への評価は…(時事通信フォト)

 正遊撃手を剥奪され、ファームに降格した中日・京田陽太。2軍に落ちた後に下半身の張りを訴えて5月上旬からは別メニュー調整となり、実戦復帰を目指しているが、今後の道筋については様々な声が飛び交っている。

 立浪和義監督のカミナリが落ちたのは5月4日のDeNA戦だった。0-0の4回に京田が先頭打者・大和の打球をファンブルして内野安打で出塁を許すと、直後に先制2ランを被弾。5回の打席で途中交代させられると、試合中に2軍降格を命じられて名古屋に強制送還された。スポーツ紙デスクが語る。

「立浪監督が非情かというとそうは言い切れない。京田が打撃不振の時も報道陣の前でかばっていましたから。ただ持ち味の守備で精彩を欠き、自信がなさそうにプレーしている姿に我慢ができなかったのだと思います。遊撃の定位置で長年起用されてきましたが、京田を脅かす存在がいなかったので試合に出られたとも言える。とはいえ、京田は戻ってきてもらわなければ困る選手です。遊撃は高橋周平、三ツ俣大樹が守っていますが、守備力を含めて総合的に考えたら京田がベストです。もう一度はい上がってきてほしいですね」

 1年目から遊撃で試合に出続けていた京田は主力としての地位を築いていた。ただ、首脳陣の期待に応えられているかというと、物足りない部分もある。2017年に2割6分4厘、4本塁打、23盗塁で新人王を獲得したが、この成績がキャリアハイだ。ボール球に手を出す場面が目立ち、出塁率は毎年3割前後と高くない。5年目の昨シーズンは5月下旬に入団以来初のファーム降格を経験するなど2割5分7厘、3本塁打に終わった。105安打、6盗塁はいずれも自己ワーストだった。スポーツ紙記者はこう指摘する。

「アマチュア時代から打撃が課題ではありました。堅実な遊撃の守備に定評がありましたが、近年は脚力が少し落ちたのか守備範囲が狭くなりミスも増えるようになった。考え込むタイプなので打撃の不調を引きずっているように感じます」

 京田も殻を破りたい気持ちは強い。昨年の秋季キャンプから打撃フォームの改造に着手。バットのグリップをベルト付近の低い位置から一気に頭上に上げてバットを振り下ろす形で打っていたが、しっくりこないのか今年の3月以降はフォームがコロコロ変わっていた。今季も1割5分7厘、2本塁打、7打点と調子が上がらない。打席で自信のなさそうな表情を浮かべ、明らかに迷いが見てとれた。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン