スポーツ

2軍降格危機の中日・根尾昂は本格的に投手転向すべき? 「野手より伸びしろがある」の声

根尾は左翼と投手の2刀流(時事通信フォト)

二刀流への期待の声も高いが……(時事通信フォト)

 投手でデビューを飾り、「二刀流」と話題になった中日・根尾昂。だが、本職の野手では厳しい状況に置かれている。ショートのレギュラーだった京田陽太が攻守に精彩を欠いてファーム降格したことに伴い、根尾は外野から遊撃に再コンバートされたが、出場機会が少ない。

 5月10日に1軍昇格したが、遊撃としては2試合の途中出場のみ(以下、数字は6月7日試合前時点)。打撃で結果を残せず、ベンチスタートの日々が続いている。遊撃は高橋周平が8年ぶりに守ったほか、守備に安定感がある三ツ俣大樹が先発出場している。6月4日のソフトバンク戦では、同じく遊撃のレギュラーを狙う溝脇隼人が代打で値千金の逆転2点適時三塁打を放ち、ヒーローに。根尾は打率が2割を切る状況で、二刀流の活躍どころか2軍降格の危機を迎えている。スポーツ紙デスクは、根尾の置かれた現状をこう語る。

「遊撃でスタメン出場するのはまだ厳しいと首脳陣は判断しているのでしょう。外野の守備は俊足と強肩を生かして十分に1軍レベルですが、打てないとレギュラーに定着できない。二刀流で話題になっていますが、現実的な起用法として野手で活躍しなければ成り立ちません。根尾も今年で4年目。打撃で試行錯誤を続けてもがき苦しんでいる。

 思い切って投手に転向するのも選択肢の一つだと思います。野手がダメだからという消極的な理由でなく、投手としての伸びしろの方が大きいように感じる。3年のブランクがあって直球が150キロをマークする投球ができるわけですから。投手と野手だと表情が別人のように違うんですよね。打席だと自信がなさそうに見えるけど、マウンド上ではキリッとした表情でオーラがある。本格的に投手に専念して練習を積んだ時に、どれだけ伸びるのか楽しみな部分があります」

 プロ4年目の今季に投手デビューを飾った根尾は、大量得点差で勝負がついた2試合に登板している。5月21日の広島戦は1回1安打無失点の好投。5月29日の交流戦・オリックス戦では大阪桐蔭時代を含めて自己最速タイの150キロを計測。1回1安打無失点ときっちり抑えた。マウンド上では落ち着き払った表情で、走者を出しても動じない。たたずまい、投球フォーム、球質は「良い球を投げる野手」ではなく、正真正銘の投手と見間違うほどだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン