根尾昂一覧

【根尾昂】に関するニュースを集めたページです。

中日・根尾の一軍帯同に疑問の声 投手転向の“成功例”遠山、萩原は二軍で鍛え直した
中日・根尾の一軍帯同に疑問の声 投手転向の“成功例”遠山、萩原は二軍で鍛え直した
 中日・立浪和義監督が、どのようなビジョンを持っているのか問われている。6月21日、中日の根尾昂(22)が外野手から投手へ登録変更された。根尾は19日の巨人戦で、4点リードされた9回表二死から登板。4番の岡本…
2022.06.22 16:00
NEWSポストセブン
投手転向が吉と出るのか……(時事通信フォト)
中日・根尾昂の投手転向 権藤博氏は「転向には賛成」だが起用法には異議アリ
 中日の立浪和義監督が4年目の根尾昂(22)を外野手から投手へ転向させる判断を下した。 プロ入り後に「投手→野手」の転向で成功したケースは少なくない。早稲田実業の王貞治(元巨人)、法政二の柴田勲(同)、…
2022.06.20 11:00
週刊ポスト
投手転向が吉と出るのか……(時事通信フォト)
伸び悩む根尾昂、高橋周平、堂上直倫……中日はなぜ「有望な若手野手」が育たないのか
 中日・根尾昂がリーグ戦再開の6月17日から投手登録に変更となったことが、大きな反響を呼んでいる。ドラフトで4球団が競合した甲子園の星がプロの壁に苦しんでいるが、中日にはほかにも高校時代に名を馳せたもの…
2022.06.18 11:00
NEWSポストセブン
中日・根尾昂にも期待高まる 阪神・遠山奬志の“投手再転向”はなぜ成功したか
中日・根尾昂にも期待高まる 阪神・遠山奬志の“投手再転向”はなぜ成功したか
 中日・根尾昂の投手転向が話題を呼んでいる。根尾は大阪桐蔭高校で2年の春から4季連続甲子園に出場し、3年の春には優勝投手になった。2018年のドラフト1位で中日に入団した後は野手一本で臨んできたが、レギュラ…
2022.06.16 16:00
NEWSポストセブン
シーズンとは打って変わってオフは主役な立浪中日(時事通信フォト)
中日・根尾は一軍敗戦処理で起用の方針 「立浪監督の覚悟が見えない」と疑問の声も
 中日の立浪和義監督が根尾昂を投手登録に変更する考えを明かし、反響を呼んでいる。4年目の根尾は開幕当初は外野で起用されていたが、シーズン途中で遊撃手のレギュラーだった京田陽太が攻守に精彩を欠き二軍に降…
2022.06.16 07:00
NEWSポストセブン
投手としても起用される根尾も議論を呼ぶ
2軍降格危機の中日・根尾昂は本格的に投手転向すべき? 「野手より伸びしろがある」の声
 投手でデビューを飾り、「二刀流」と話題になった中日・根尾昂。だが、本職の野手では厳しい状況に置かれている。ショートのレギュラーだった京田陽太が攻守に精彩を欠いてファーム降格したことに伴い、根尾は外…
2022.06.07 07:00
NEWSポストセブン
前列左から2番目が海老根優大選手(「U-15 アジアチャレンジマッチ2019第1戦、日本 vs 松山市代表」の試合後)
中学通算26本 15歳の最強スラッガー・海老根優大の実力
 来春の選抜甲子園から「球数制限」が導入され、全国の強豪校はこれまで以上に分厚い選手層でトーナメントを勝ち上がっていく必要が出てきた。有力な中学生球児を巡るスカウト合戦もどんどん熾烈になっている。そ…
2019.12.15 07:00
NEWSポストセブン
大阪桐蔭「新・最強世代」へ 2年前を彷彿させるスター軍団
大阪桐蔭「新・最強世代」へ 2年前を彷彿させるスター軍団
 高校野球が大きな転換点を迎えている。来春の選抜から「球数制限」が導入される予定で、ひとりの大エースに頼るチーム作りではなく、分厚い戦力層を築くことが求められるようになっている。各校が対応を急ぐなか…
2019.11.03 16:00
NEWSポストセブン
ソフトバンクの甲斐野央は1年目から大活躍(時事通信フォト)
中日OB・川上憲伸が抱く根尾昴への期待と甲斐野への賞賛
 元中日で、1998年セ・リーグ新人王となった川上憲伸氏(44)が、プロ野球シーズン開幕前の『週刊ポスト』3月15日号で予想した2019年新人王はセ・リーグが根尾昂(中日)、パ・リーグは甲斐野央(ソフトバンク)だ…
2019.10.02 07:00
週刊ポスト
藤原恭大もプロの壁に阻まれた(時事通信フォト)
立浪和義氏 藤原、上茶谷、根尾の苦戦に「慣れ」の必要を語る
 元中日で1988年セ・リーグ新人王の立浪和義氏(50)に、プロ野球シーズン開幕前の『週刊ポスト』3月15日号で2019年シーズンの新人王を予想してもらっていた。そのときの予想では、セ・リーグが上茶谷大河(横浜)…
2019.10.01 07:00
週刊ポスト
大阪桐蔭に破れて1年 履正社が完成させた歴代最強打線
大阪桐蔭に破れて1年 履正社が完成させた歴代最強打線
 近年、甲子園での全国大会に劣らぬ注目を集め続けているのが、北大阪大会における大阪桐蔭と履正社の対戦だろう。今年は、大阪桐蔭が準々決勝で敗れて直接対決はかなわなかったが、履正社が3年ぶりに夏の甲子園大…
2019.08.08 16:00
週刊ポスト
夏の甲子園 注目の「難読球児」にアナウンサーも困惑?
夏の甲子園 注目の「難読球児」にアナウンサーも困惑?
 いよいよ開幕を迎えた夏の甲子園。令和最初の大会ではどんなスターが生まれるのか──高校野球ファンの興味は高まるばかりだが、各代表高の「メンバー表」を見ると「あれ……?」と戸惑いを覚えるかもしれない。球児…
2019.08.06 07:00
NEWSポストセブン
初登板で初勝利を上げた(時事通信フォト)
吉田輝星 清宮の部屋でテレビを見たりオフは柿木と散髪
 プロ野球交流戦、6月12日の広島戦で、プロ初登板で初勝利を飾った日本ハムの吉田輝星(18)。吉田の生活拠点は千葉・鎌ケ谷市のファーム施設にある「勇翔寮」だ。「吉田は、これまでにダルビッシュ(有、32)や大…
2019.06.27 07:00
週刊ポスト
NPBアワーズでは「NPB
80 周年ベストナイン」に選ばれた(時事通信フォト)
根尾昂の守備に太鼓判を押した名手・高木守道氏の根拠
 難しいゴロも淡々と捌き、代名詞ともいえる華麗なバックトス・グラブトスで数々の併殺を完成させてきた元中日ドラゴンズの高木守道氏(77)。ベストナインを7回、ゴールデングラブ賞を3回受賞した名二塁手は、新…
2019.04.25 16:00
週刊ポスト
かつては“伝書鳩”のようだったと自らを評する金村氏
金村義明氏 中日のカラーが明るく変わった理由を語る
 現役引退後から20年、毎年、全球団のキャンプ巡りを続けている野球評論家の金村義明氏(55)。成績も選手も話題も地味にまとまっており、全国ニュースになりづらい球団の情報や、変化にも詳しい。そんな金村氏が…
2019.03.30 07:00
週刊ポスト

トピックス

一門はどうなるのか(左から香川、團子、猿翁、猿之助、段四郎。2011年撮影/共同通信社)
「市川猿之助」の名跡はどうなる? 市川團子が引き継ぐのが既定路線、襲名までは市川團十郎が後見人か
週刊ポスト
天海祐希(写真左/時事通信フォト)と市川猿之助(写真右)
《番宣キャンセル》天海祐希、滲み出る怒り “猿之助騒動”で映画『緊急取調室』ギリギリの公開判断迫られ「せっかくの絆が…!」瀬戸際の18日間
NEWSポストセブン
市議会で議長をつとめていた父・正道氏と青木容疑者
【長野立てこもり】“議長の父の後援会長”だった第一通報者の告白「政憲は、俺の目の前でブスッて…『殺したいから殺しただけだ』って」「父親は事件を聞いて崩れ落ちた」
NEWSポストセブン
悪評が広がり続けている日本維新の会の梅村みずほ参議院議員(時事通信フォト)
「ハンスト発言」騒動の維新・梅村みずほ議員 3年前に有権者に送っていた謝罪メールの「おかしな日本語」
週刊ポスト
市川猿之助は罪に問われる可能性は?
市川猿之助は罪に問われるのか “心中で生き残ったケース”は情状酌量により起訴されない場合も
週刊ポスト
エンゼルス・ネビン監督は大谷翔平とどんな会話をするのか?(提供:LosAngelesAngels)
【独占レポート】エンゼルス・ネビン監督が明かす大谷翔平の凄み「彼がこなすルーティーンより厳しくできる選手はいない」
週刊ポスト
ラッパー・呂布カルマ
グラドル好きの最強ラッパー呂布カルマ、風吹ケイをプロデュース グラビア撮影直後に語り合った「ぎゅうぎゅうの迫力」
NEWSポストセブン
紀子さま(時事通信フォト)
上皇ご夫妻とあわやニアミス! 紀子さま「隠密行動」の京都路でなぜか「見られなかったもの」
NEWSポストセブン
どうなる山川穂高
【強制性交容疑】山川穂高、書類送検で対応に追われるテレビ局 オフの「WBC特番」源田壮亮が代役か
週刊ポスト
帰宅ラッシュの駅に悲鳴が(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【喫茶店で発砲、血の海に】町田・六代目山口組系組員射殺事件、事件直後の凄惨映像が出回る
NEWSポストセブン
花田虎上の元妻・花田美恵子さん(本人のインスタグラムより)
【激変の今】若乃花の元妻「元花田美恵子さん」激ヤセ、身長も縮み「顔が違う」インスタに驚きの声
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 野球まつり!大谷取材&江夏vs江川対談ほか
「週刊ポスト」本日発売! 野球まつり!大谷取材&江夏vs江川対談ほか
NEWSポストセブン