芸能

桑田佳祐、佐野元春、世良公則、Char、野口五郎 還暦過ぎた同級生5人が集結

野口五郎の公式Twitterより

野口五郎の公式Twitterより

 先月リリースされた1曲がいま話題を呼んでいる──その曲とはサザンオールスターズの桑田佳祐が作詞・作曲したチャリティーソング『時代遅れのRock’n’Roll Band』。同級生の、佐野元春、世良公則、Char、野口五郎を集結させる桑田のプランが実現して生まれた曲だ。そして6月6日、ミュージックビデオが公開されると公開わずか1週間で約245万回再生を記録した。還暦を過ぎても元気な男たちの魂が確実に日本中に届いている。

桑田佳祐

桑田佳祐

・桑田佳祐(66才)
 1978年に『勝手にシンドバッド』でメジャーデビュー。昨年はソロとして全国10か所20公演に及ぶアリーナツアーを完走し、2年ぶりの有観客ライブを盛り上げた。

・佐野元春(66才)
 1980年に『アンジェリーナ』でデビュー。今年3月芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。7月にはニューアルバム『今、何処(WHERE ARE YOU NOW)』をリリース予定。

世良公則

世良公則

・世良公則(66才)
 NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』での熱唱が話題の世良は今年がデビュー45周年。桑田はラジオ番組で「戦友でありライバル」と世良について語っている。

・Char(67才)
 1976年に『NAVY BLUE』でソロデビュー後、『逆光線』『闘牛士』などのヒット曲をリリース。同時期にデビューした、世良公則&ツイスト、原田真二とともに“ロック御三家”と呼ばれた。

野口五郎

野口五郎

・野口五郎(66才)
 故・西城秀樹さん、郷ひろみとともに“新御三家”として活躍。桑田とは共演歴はないが、桑田が野口を尊敬しているという人選で選ばれた。

撮影/女性セブン写真部

※女性セブン2022年6月30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン