スポーツ

夜遊び処分の元大関・朝乃山がついに復帰 幕下力士たちから“勘弁して”の悲鳴

昨年5月以来の本場所の土俵へ(時事通信フォト)

昨年5月以来の本場所の土俵へ(時事通信フォト)

 緊急事態宣言中のキャバクラ通いでキツいお灸を据えられた元大関・朝乃山が、7月10日に初日を迎える名古屋場所でいよいよ土俵に戻ってくる。

 問題の夜遊びは昨年5月場所中に発覚し、出場停止6場所と報酬減額の処分を受けた朝乃山。東の正大関だった番付は、先場所は西幕下42枚目まで落ち、名古屋場所の番付発表では三段目となる見込みだ。6月11日には稽古風景が公開されたが、幕下以下がつける黒のまわし姿だった。

「部屋の雑用もこなしているという。さすがに付け人やちゃんこ番は免除されているようです。ただ、朝乃山にしてみれば、3場所我慢すれば関取に返り咲けるという気持ちでしょう。三段目で優勝、幕下で2場所連続優勝すれば、十両に戻れる。十両も2場所で通過すれば、来年5月場所で再入幕できる計算です」(担当記者)

 ケガによる休場で大関から序二段まで番付を落とした照ノ富士や、朝乃山と同じガイドライン違反による出場停止で幕下まで落ちた阿炎、竜電が復帰後は周りを寄せつけずに関取、幕内に復帰したことを考えても、幕内上位を経験した力士と幕下クラスでは勝負にならないことは明らかだ。

「同じ高砂部屋の関取には十両の朝乃若がいるが、かつての朝乃山の付け人。稽古の公開日には朝乃山が9勝3敗と圧倒していた。少なくとも十両までは無敗で返り咲くのではないか」(協会関係者)

 朝乃山は四つ相撲なので、力量差のある相手を突き押しでケガさせる相撲になる心配はあまりないが、幕下力士らにとって“迷惑な話”なのは間違いなさそうだ。

「阿炎が幕下まで落ちた時には周りが気の毒でした。幕下の優勝賞金は50万円で、給金がない幕下力士にとっては喉から手が出るほど欲しい。しかし阿炎は2場所続けて幕下優勝して50万円を独占し、十両でも優勝して200万円を手にした。今回の朝乃山はこれに加えて、三段目の優勝賞金30万円もあるだろうから、合計330万円。周りの力士からすれば、朝乃山を倒して注目されたいという気持ちより、“早く幕内に戻ってくれ”という感情が強くて当然です」(ベテラン記者)

 とはいえ勝ち続けるしか名誉回復の道はない。茨の道はまだ続く。

※週刊ポスト2022年7月1日号

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン