芸能

高田文夫氏 ふっきれたような氷川きよしステージを見て「またいつの日か歌えばいい」

目を見張った氷川きよしの明治座公演

目を見張った氷川きよしの明治座公演

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、氷川きよしの明治座公演について綴る。

 * * *
 氷川きよしの1か月公演(明治座)が熱い。3万円の高価な「プレミアムきよシート」から売れていくという現象で7月4日まで。その後大阪新歌舞伎座、福岡博多座、愛知は御園座で9月中旬まで。そして紅白歌合戦へラストスパートとなる。

 一部の芝居は氷川たっての希望で18世紀のフランスにタイムスリップして七変化。中にはジャンヌ・ダルクやマリー・アントワネット風の豪華なドレスなど身にまとい、さすがの私もびっくり目を見張る。

 二部はスカッとコンサート。『箱根八里の半次郎』のデビューから応援していたので勝手知ったる互いの性格。小さな差し入れにフランスが舞台ときいていたので「ボンジュールなのか」など下らないメモを入れとくと、何とびっくり一部と二部のあいだの休憩時間に私の留守電に「ボン、ボジュール、ありがとうございます。直接会いたいっすねえ。コロナか」と延々コメントが入っている。

 二部のコンサートが始まるといつもの司会者とはずむトーク。氷川曰く「近頃は、女性のタレントさんとかも仲良くて。やっぱりズケズケとハッキリ物を言う人が好きですネ。毎日いろんなお客様がきてくれて、昨日は真矢ミキさん、今日昼の部は倖田來未さんが来てくれまして、今日この夜は残念ながら……高田文夫さんです」だと。そこから延々私を舞台からいじるのだ。「ラジオなんかでもズバズバきついこともハッキリ言うでしょ。だけど根はいい人なんですよ。客席にいます? マイクまわしましょうか。(嫌だとアクションすると)あんな顔して結構シャイなんですよ」

 いやあ何かにふっきれたのかのびのびトークが大傑作。「大みそかまで歌い切って来年からはどうするんですか」とMCにふられ「もう23年間も突っ走ってきたんだからいいでしょ。来年からは楽隠居です」には笑った。

 またいつの日か歌いたくなったら歌えばいい。我々の100倍以上人を楽しませてきたんだから。声がききたくなったらビデオだってCDだってある。私の部屋の中は“氷川名人会”の有様である。やだねったら、やだね……である。

 新橋演舞場では三宅裕司ひきいる吉例「熱海五郎一座」が8回目公演『任侠サーカス~キズナたちの挽歌~』。ここではゲスト出演のA.B.C-Z塚田僚一がバク転やら殺陣やら大活躍(6月26日まで)。漫才のロケット団の定例集会なるライブ、松村邦洋がゲストということもあって亀戸のホールへ。お客の中には30名が間違って亀有に行ってしまったとか。駅前の派出所できいたが、両さんもいないので分からなかったと。

イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2022年7月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン