国際情報

「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート

プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)

プーチン大統領の情報は厳重管理(写真/イタルタス通信=共同通信社)

 ロシアによるウクライナ侵攻が長引くなか、プーチン大統領が「パーキンソン病や重度のがんを患っている」といった、健康不安説が欧米メディアを中心に駆け巡っている。

 最高指導者の健康不安は、政権基盤の弱体化や軍の士気低下に直結するため、プーチン氏としては、自身の健康情報は何としても死守したい「国家的最重要機密事項」のはずだ。

 そんななか、プーチン氏のボディガードたちのある「仕事」が注目されている。英インディペンデント紙は、6月11日付で「プーチンのボディガードは、外遊先で大統領の排泄物を集めてロシアに持ち帰る」という記事を配信。大統領の最側近たちの重要な仕事として、プーチン氏の排泄物を小さな包みに集め、ブリーフケースにしまう任務があるという。そして、外国の諜報機関やスパイから“国家機密”を守っていると伝えている。

 現代ロシア政治に詳しい中村逸郎・筑波学院大学教授に聞いた。

「この噂は随分前からありました。2016年12月に来日し、プーチン氏が山口県長門市を訪問した時にも同様の話が囁かれ、宿泊先の旅館では排泄物はおろか髪の毛一本も残さなかったと言われます。2019年に大阪で開催されたG20でも各国の首脳がワインで乾杯するなか、プーチン氏だけは持参した飲み物を飲んでいた。もしかすると、コップに唾液を付着させないようにしていたのかもしれません」

 要人の排泄物などから健康情報を盗み出すのは、洋の東西を問わず行なわれてきた。前出の英紙によると、1946年にスターリンは毛沢東の排泄物収集を命じ、一方、冷戦時代には英国の諜報機関が東ドイツでソ連の要人が使用したトイレットペーパーを収集していたという。

 それでは、「大統領の排泄物番」という特命を帯びるのは、一体どういう男たちなのか。

「超エリートです。プーチン氏の警備にあたるのは、ロシア連邦警護庁に所属する約40名の精鋭ですが、特に“排泄物担当は出世コース”だと言えます。プーチン氏の排泄物から読み取れる情報はロシア国家の存亡に関わる。つまり、大統領専用の“おまる”を携えて外遊先などで警護する彼らは“一番の秘密を知る男たち”ということです。

 排泄物担当だったのかはわかりませんが、大統領の元ボディガードであるアレクサンダー・クレンコフ氏が、5月に『ロシア非常事態相』という重要ポストに任命されました。非常事態相は、現在プーチン氏の右腕であるショイグ国防相が前任で就いていたポストです。そのことからも彼らの重用が窺えます」(同前)

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン