芸能

高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由

高橋真麻

車から降りてきた高橋真麻

 一瞬の突風が、細い美脚ラインを露わにした。6月下旬の都内のオフィス街で、車から降りてきたフリーアナウンサー高橋真麻(40才)。ライトイエローのロングスカートは、吹きつける風によって、ぴったりと体のラインを浮き立たされた。40才で一児の母になっても、美しいスタイルをキープしているところは、さすがのひと言だが、女性が憧れる美ボディを保つ秘訣はどこにあるのか――。

 毎日何本も投稿する公式ブログでも、6月22日には全身ショットを掲載して、「最近よく『痩せた?』『頬が痩せた』と言われるのですが、すこぶる健康です」と告白。27日にも、購入したお気に入りのFENDIのロングブーツを履いた細い両脚画像を公開したことで、コメント欄には「めちゃくちゃスタイルいい!」「おみ足も綺麗!」と、絶賛の声が多く届いた。

 昔から食べることが趣味でストレス解消法と公言してきただけに、4年前の独身時代には8kg太ったこともあった。真麻は、かつて『8760 by postseven』のインタビューで、その当時、女性週刊誌に“どすこい写真”が掲載され、事務所に「妊娠ですか」と問い合わせが来たと語った。そこから無理のない範囲で自制していったと、ダイエットの経緯を明かしている。

 20代のフジテレビの局アナ時代には、SNSのバッシングに傷ついて、37kgまで激ヤセしたこともあったという真麻。もともと体重の増減が激しいタイプだそうだが、最近も、件の公式ブログには、煮卵だけで8個もある「数人分のおでん」や「2人前の中華定食」など、自分1人で大食いした食事の写真を頻繁に公開。「2人前、美味しく頂きました」、「私ったら、なんて健康なんでしょう!!(笑)」との自虐コメントも添えているが、ファンからは「食べても太らないのが羨ましい」「この量で、このスタイルでいられるのは、すごく不思議」とのコメントが届いている。

 あるテレビ局関係者は「局アナ時代から、バラエティー番組で大食いキャラとして名を馳せて、そんなに痩せているイメージはありませんでしたが、実際にお会いすると非常にスレンダーなんです。彼女は美意識が高く、陰で努力を怠らない性格。実は数年前からピラティスやインナーマッスルトレーニングを続けていて、その努力の賜物で今の美スタイルがキープされているのです」と話す。

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン