芸能

ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」

メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)

メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)

 コメディアンとしてデビューし、ブラザー・コーン(Bro.KORN)との音楽デュオ、バブルガム・ブラザーズとしては1990年にリリースした『WON’T BE LONG』が大ヒット。タレントや俳優としても活躍し多様な顔をもつブラザートム(Bro.TOM)さん(66)は、2年前、不倫騒動や事務所独立などで渦中の人となった。その後はどうしているのか。本人に話を聞いた。

 * * *
 今の仕事はミュージカルが多いですね。この3月から6月まで『メリー・ポピンズ』をやって、大阪で終わった翌日から『BE MORE CHILL』というHey! Say! JUMPの薮宏太クンが主演のミュージカルの稽古に入りました。でも、稽古はまったく楽しくない(笑い)! 出演者は僕以外みんな若いから、もう、えらいことになってますよ。こんなに動けなくなってるとは思いませんでした。今のダンスは昔のと全然違うので筋肉痛になっていますよ。

 それに話し相手もいません(笑い)。そもそも、コロナだから無駄話はできないんですけど、スベろうと思ってちょっとボケてみたことに、気を遣って笑ってくれたりするんですよ。

 マジメな話をすると、『BE MORE CHILL』は米国でトニー賞を受賞した作品。マリファナなんて言葉が出てくる尖った作品だから、日本人にハッピーに伝えられるかな、と演出家(スティーヴン・ブラケット)と話したりも。面白い作品ではあるので、どう受け止められるか楽しみですね。

 コンサートもやってますよ。でも、若いときのように1人では武道館や東京ドームなど大きなハコではお客さんが集められない。かといって、コロナでお酒飲みながら楽しむような所では難しいでしょ。コロナがだいぶ落ち着いたといっても、お客さんが生で音楽を楽しまないことに慣れちゃって、屋外フェスはともかく、屋内の小さいハコだと厳しい。せっかく来てくれたお客さんも、騒がないんですよ。この現象は、次の世代になるまで続くんじゃないですかね。

 ライブはソロです。バブルガム・ブラザーズは一時活動を休止して、14年前にまた再開したんですけど……別れた夫婦がもう一度一緒に暮らしてみても難しいように、思ったよりしこりが残ってるんですよね(笑い)。コーンは昔の曲をまたやりたいと思っているようですけど、僕は気が乗らない。僕は表現したいものがどんどん変わるので、今、興味があることをやりたい。具体的にいうと、432Hz(ヘルツ)の音楽が面白い。一般的な音楽は440Hzで成り立っているんですけど、432Hzは癒やしの周波数といわれ、すごく面白いんですよ。僕はピアノの調律師をやってたことがあるくらいだから、音が好きで、音にこだわりがあるんです。

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン