芸能

「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから

TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)

報道番組でもバラエティ番組でも評価の高いTBS・安住紳一郎アナウンサー(時事通信フォト)

 大物芸能人や“くせもの女優”にも物おじせずに毒舌を吐きながらも、高いプロ意識で司会進行をしていく安住紳一郎アナウンサー(48)。彼を見守ってきた先輩アナや恩師、大物共演者らがその魅力を語る──。【全3回の第3回。第1回から読む

 * * *
 局アナでありながら、バラエティ番組でタレントのような役割も担ってきた安住アナ。元TBSアナウンサーの吉川美代子氏は「自分の立ち位置」への戸惑いもあったのではないかと推し量る。

「安住くんは超売れっ子になって、休日もないくらい仕事があり、アナウンス部にはほとんど顔を出さなかった。アナウンス部会にも出席できず、社員でありながら会社や部の動きから孤立してしまったような形でした。そんな立ち位置に、きっと悩んだと思います。でも、彼は仕事でしっかりと結果を出しました。不在がちの安住くんの勤務管理をしていたデスクとの関係をどう保てばいいのかなど、激務のなかで悩みは尽きなかったと思います」

 タレント役としてではなく、報道番組の司会者としての評価も高い。

『情報7days』で、今年4月から安住アナとコンビを組んでいる脚本家・三谷幸喜氏は、自らの連載コラム(6月2日朝日新聞夕刊)でこう評している。

〈安住さんは番組内で決して声高に主張したりはしない。採り上げる事件や事故や災害について、自分の意見を押し付けることもない。あくまでも進行に徹する。それでいながら、番組は完全に「安住紳一郎ショー」となっている。ここが彼の凄いところだ〉

 共演する齋藤孝氏は『THE TIME,』の司会になったことで、教え子の安住アナが「一皮むけた」と感じているという。

「学生時代は“いいプレーヤー”でしたが、今はチームの経営を考えることができる人物になったと思います。おそらくそれは『THE TIME,』の経験からきているのでしょう。他の仕事もあるのでキツイでしょうが、“TBS、テレビ界を自分が背負って立つ”という自覚というか、マネジメントする責任のようなものを強く意識するようになってきているように感じます」

『ぴったんこ☆カンカン』で60回以上共演した泉ピン子は『THE TIME,』に転じた安住アナにこうエールを送る。

「私にいつも『朝の番組をやりたい』と話してくれていましたが、ようやく念願の“朝の顔”になりましたね。ぜひ、安住アナの切り口でニュースを伝えてほしいです。そしていずれは久米宏さんのような番組、夜のニュースをやってほしいと思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン